サイドスロー

リリース位置は左右打席別成績に影響を与えるのか。

「サイドスロー・アンダースローの投手は球の出どころが見づらく同じ利き腕の打者有利」「右投げのアンダースローの投手は左打者を苦手とする」
投法によって左右打者の有利・不利が異なるとはよく言われるところだ。
実際にリリース位置によって左右打者で有利・不利が異なるかを検証した。

上記の表は各リリース位置の右対左のxwOBAから各リリース位置の右対右のxwOBAを引き2017-2020 MLBの平均的な

もっとみる

左投手と、サイド(気味)投手のフォームについて

過去イチで長いタイトルにしてしまったところで、いきなり申し訳なさを感じています。前回はオーバースローの右投手という、一番オーソドックスな投手のフォームの観察点についてまとめました。ただ、さすがにそれだけでは不十分なので、今回は左投手と、サイドスローおよびそれに近いアームアングルの投手のフォームについて考えてみようと思います。それではー、れっつらごー。

●左投手のフォームについて

かつては日本人

もっとみる
わーーーーい
2

サイドスローのピッチングフォームを元プロ野球選手が科学的に解説

ヒロです。

サイドスローを教えられる指導者がおらず困っている選手とサイドスローの指導の仕方がわからない指導者からの両方から多くの相談を受けているのでサイドスローのピッチングフォームについて解説しました。

大学時代サイドスローに挑戦し失敗した経験、トレーナーとしての知識、プロになってからのサイドスローの成功経験をすべて詰め込みました。

「良くなるかも」ではなく「確実に」球速が上がる事だけを考え

もっとみる

ピッチングメカニズム Vol.11 各投法の回転軸

これまでのピッチングメカニズム第1段〜10段で
ピッチング動作のエネルギー変換や回転軸の話しなどを行なってきました。
しかし、それはオーバースローを中心とした解説であり
サイドスローやアンダースロー等ではこれまでの理論の応用が必要となります。

第11段の今回は各投法の回転軸と称し
オーバースロー・スリークウォーター・サイドスロー・アンダースローの投法について解説していきたいと思います。

ピッチ

もっとみる

ピッチィングで大事なのは下半身の安定

ピッチィングにおいて私自身が大事にしてたのは下半身の安定です。下が安定してないと上半身はバラバラになってしまいます。
そこでおすすめのトレーニングはランジスクワットです。片足15回の計4セット毎日していました。そのおかげで下半身が安定しました。ランジでスクワットするため投球動作に似た形を取れるのでかなりおすすめです。

サイドスローへの挑戦

※この記事は全て無料で読めます

先日、ありがたいことにNumber webに記事が掲載されました。

2月に千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプに関わるアルバイトをさせてもらったんですが、そのときに記者の永田さんに気にかけていただき、取材に至りました。

まだ読まれていない方はぜひご一読ください!
https://number.bunshun.jp/articles/-/838904

---

もっとみる

【ボクシニ 〜20年のキセキ〜】27

月日は流れ
30歳4月

スポーツトレーナーの資格を取得

それまでなかなかやりたいことが見つからなかったが、ようやく自分がしたい仕事を見つけた
それとほぼ同時期に新しい野球チームに所属することとなる
東京の1部リーグで活躍するチームへ入団したが、そのチームは僕より上手い選手がたくさんいる

「負けてたまるかっ!」

どんなに差があっても気持ちだけは負けない
練習も全力でアピールする 

そんなあ

もっとみる