7連敗論

ボーントゥビー西武ファンの私でございますが

ここ数年は気分の良い人生歩ませていただきました

気分良い人生いただきつつの10月にソフトバンクは金持ってるだけと騒ぐだけの人生でしたが

今年は追い詰められています

各球団ファンに対して上から見ていた2年間を経て

野球の話題すら避けております

西武ファンを公言しているのは私とオードリー春日だけなので

こんな時でもファンでいようと思います

もっとみる

カープ・佐々岡監督は戦っている

今季より広島を指揮する佐々岡真司監督。
ここまでの采配で見て取れるのは、近年のNPBでは珍しく先発投手に長いイニングや球数を課す傾向にあること。

特に開幕当初はストッパーとして期待された新外国人のスコットや過去2年間で安定した投球を見せていたフランスアが本来の投球ができず、終盤の勝ちパターンを整備することができないなかで、綱渡りな継投が続いていたことも影響していたのかもしれない。

時代とともに

もっとみる

嬉しい。今井投手と岡田捕手のバッテリーが見れたことが本当にただただ嬉しい。今井投手がのびのび投げていたように思えたし、気分よく降板出来たんじゃないかなと思う。

また宜しければ見てやって下さいまし

苦しいからこそ厳しくいこう

今埼玉西武ライオンズは苦しい戦いを強いられている。2年連続のディフェンディングチャンピオンが低空飛行状態だ。この状態がいいとは誰も思っていないだろう。しかし中には負け試合の中にも誰か若手がハツラツプレーをしたらそれをポジティブ要素として発信する人もいる。それ自体は素晴らしい事だ。が、ライオンズというチームは最早優勝争いをしてなんぼのチームだ。その昔ヤクルトスワローズがアットホームなファミリー経営で

もっとみる
ありがとうございます😃励みになります🎵
1

サイン入りグッズプレゼントキャンペーン開始のお知らせ

【一般社団法人日本未来スポーツ振興協会】
URL: https://jf-sports.or.jp

【関連記事】
〇西武・平井 登板試合数のグラブを寄贈へ「気迫の投球を魅せます!」(スポニチ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-00000139-spnannex-base
〇西武平井、1登板につきグラブ1点の寄付を発表(日刊スポーツ)
htt

もっとみる

コロナ禍のシーズン。苦境にも動じない背中に、僕は励まされる。

記者は取材対象に育てられるところがある。
その意味で「どういう担当を任されるか」というあたりに、記者の人生は左右されるところはある。

その点、僕はとても恵まれていたと思う。
あのオシムさんを、ジェフ時代から代表監督時代に至るまで取材させてもらったのは、人生の財産だ。

浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ監督を取材できたのも、貴重な経験だった。
特に2015、16年と、素晴らしいサッカーを実現して

もっとみる
ありがとうございます!
151

勝ち負けよりも問題

最早試合の勝ち負け以前の問題だ。昨日の北海道日本ハムファイターズとの試合で第一打席で軸足の右足を捻った山川穂高選手の事だ。
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/sp/item/n/634177/
 昨年平井投手がCS前に肉離れをおこしていたのが発覚しそれでも登板したのは記憶に新しい。しかも彼はCSの5戦目の先発まで予定されていた。果たして今年の彼は去年までの平井プロ

もっとみる
ありがとうございます😃励みになります🎵
1

淡白な中日打線における大島洋平の献身

セ・リーグのチーム打撃成績において打率、得点などの主要な指標で順位と比例して最下位を行く中日。
そのなかにおいて今年で35歳を迎えるベテランの大島にフォーカスする。

近年の中日の打撃陣はファーストストライクから積極的に打ちいく形が目立つ。
チームの方針も含まれているのかもしれないが、その多くは球種やコースを絞ったものではなく、速球のタイミングに合わせて変化球にも対応していく故・野村克也氏の打者の

もっとみる

コアフォーよ、奮起せよ!

ライオンズが苦しんでいる。

8月9日の試合を終えた時点で18勝23敗1分け。辻監督が就任した2017年以来、ワーストとなる借金5。

「投打のバランスを欠いている」

一言で表すならこうなるだろう。しかしその中でも「山賊打線」と恐れられた強力打線が眠ったままとなっていることが大きい。

そしてその中心にいるのが、山川穂高、源田壮亮、外崎修汰、森友哉の4人。

5月25日に掲載されたこの記事の中で

もっとみる

ついになのかやっとなのか5割に戻す。ここからが問題なのだファイターズ。明日からが本当の勝負なのだファイターズ!

ファイータズ2020 8/7 42試合目 札幌ドーム F×L 3対2

トップの写真は、リンクしたスポーツ報知の記事から拝借しました。

昨年から全く勝てない、開幕戦も負けた西武ライオンズ、ザック・ニール投手を打ち込んだのは、このところ大活躍の近藤健介。全3打点。他はなし。これっきりでファイターズが逃げ切るのか? ってやっぱそんなに山賊は甘くないんだな。

8回裏、例によって満塁のチャンスを逃した

もっとみる
ありがとうございます😊
6