アイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」⑨(¶94~¶120)

私が翻訳したアイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」(Cath Maige Tuired) をここに掲載していきます。

【前回】

前回は、ダグザが女神モーリーガンと交わったり、フォモーレ族を偵察に行って粥を食わされたり、フォモーレ族の王の娘と交わったりしました。

今回は、戦を前にしてトゥアサ・デー・ダナンが最後の会議をする場面です。

¶94
フォモーレ族は進軍し、軍勢の10分の1が

もっとみる
ありがとうございます!
5

アイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」⑧(¶84~¶93)

私が翻訳したアイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」(Cath Maige Tuired) をここに掲載していきます。

【前回】

前回は、ルグが神族トゥアサ・デー・ダナンの王となり、そしてトゥアサ・デー・ダナンはフォモーレ族との戦いに向けて作戦会議を行いました。

今回は、ダグザが女神モーリーガンと交わったり、フォモーレ族を偵察に行って粥を食わされたり、フォモーレ族の王の娘と交わったり

もっとみる
ありがとうございます!
5

アイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」⑦(¶70~¶83)

私が翻訳したアイルランドの異教的伝承「マグ・トゥレドの戦い」(Cath Maige Tuired) をここに掲載していきます。

【前回】

前回は、ついにこの話の主人公とも言えるルグ神が登場し、万芸に通じた「サウィルダーナッハ」としての特徴を示しました。

今回はルグがさらなる能力を示して王となり、そして神族トゥアサ・デー・ダナンが作戦会議を行います。

¶70
それから彼はそのことをヌァザに語

もっとみる
ありがとうございます!
4

マシュマロお返事3

前回のマシュマロ返信に対し、もう一つご質問をいただきました。

まず、ご質問は「ミューテーション」についてです。"Emain Macha" における "Macha" の "M" の音が変化するのは、ミューテーションによるもので、これは "Emain" の影響です。

ミューテーションは前の単語が次の単語の語頭の音に与える影響ですので、Mornaの語形変化は関係ありません。Goll → Mac →

もっとみる
ありがとうございます!
3

ケルト神話における王の盤遊戯フィドヘル

彼は繰り返して言った 、「王に聞くがいい」と。「これらの技芸の全てを一人で持つ者が、王のもとにいるどうかを。そしてもしいるのなら、私はタラの王宮に入ることはない」
それから門番はヌァザ王の館へ行き、王に全てを語った。「王宮の門のところに来ている戦士」と彼は言った、「その名前はサウィルダーナッハといいます。そしてあなた様の人びとの役に立つ全ての技、それら全てを彼一人が持っており、ゆえに彼は全ての技芸

もっとみる
ありがとうございます!
8

マシュマロお返事2

マシュマロで再びご質問をいただきましたのでお答えいたします。今回も発音と表記に関するご質問です。

アイルランド語の "m" の音に関するご質問です。かなり細かく調べていらっしゃるようですね。私の記事も調べていただいたようで、恐縮です。

まず、『ケルト文化事典』(木村正俊・松村賢一)と表記が異なっている所は、『ケルト文化事典』の表記の方が正しいと思います。

アイルランド語の発音規則は難しくて、

もっとみる
ありがとうございます!
3

マシュマロでご質問をいただきました

マシュマロでご質問をいただきました。初マシュマロです!ありがとうございます!

今回マシュマロではご質問をいただきましたので、公開する形になってしまいますが、お許しください。差支えあるようでしたら、マシュマロやこのノートへのコメントなどでご連絡ください。すぐ対応いたします。(あと、実は「仕事依頼」のタブにメールアドレスも載ってます。ひっそりと。)また、お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

もっとみる
ありがとうございます!
3

独断と偏見で選ぶ「アイルランド旅行におすすめ!? ケルト神話スポット」

今回は、アイルランド旅行2回の経験溢れる筆者が、アイルランド旅行におすすめのケルト神話スポットを独断と偏見でテキトーに選出する。

中の人の特性上、ちょっとポリティカルかつ下品な臭いがするがそこはご容赦いただきたい。なお、行ったことのない場所は★マークを付けている。

ダブリン周辺

①ダブリン中央郵便局(GPO) 

しょっぱなから政治絡みで申し訳ないが宗教上の理由で紹介。我らがクー・フリンの像

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!
6

もうすぐ夏休み🏝

毎日暑いけど、元気してる?もうすぐ夏休みだ〜🏝夏休みをモチベに仕事頑張るぞー✊夏休みはライブ🎸に行く予定だよー。楽しみたのしみ♪

3日目にしてキラキラしたことが何一つかけなくてなってきた。辛。
昨日家に帰ったあと、レコード聴こうとしたら新品なのに1曲目の冒頭から音飛びして泣きそうになったよ。慌てて購入した店舗連絡したら即在庫調べてくれて交換してくれるとのことでした。対応してくれた店員さんすご

もっとみる

アイルランド神話の装身具

ケルト人が極めて装飾好きであり、高い関心を払っていたことは、大陸側でも島嶼側でも同様で、彼らの美術はその非常に高いレベルのために有名です。今回は、そのなかでもアイルランド神話の中の装身具に注目してみました。ケルト人の美術については、『図説 ケルトの歴史―文化・美術・神話をよむ』(松村一男・鶴岡真弓)や『ケルトの美術と文明』(ロイド&ジェニファー・ラング著、鶴岡真弓訳)をご参照なさるとよいでしょう。

もっとみる
ありがとうございます!
29