国際化が目指す世の中とはこんなものだったのか

遅ればせながら島国ニッポンも国際化し、それとともに文化の衝突も増えたといわれる。

昔なら、へぇ外国にはこんな文化もあるのかと純粋に驚いていたのに、今はすぐに、そんな文化おかしい、受け入れないと拒絶したりする。
その結果、衝突が起きるのだ。

さらにそれをハラスメント呼ばわりする向きもあって、よけいに事態を複雑にしている。
たとえば麺をズズーッと音を立てて啜る日本の伝統的な食べ方をヌーハラ、ヌード

もっとみる
スキありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!
23

世界史は逆(現代)から教えるべき

私は高校3年の1学期、それまでにないほど試験勉強を頑張った。なぜかというと、奈良大学(国公立じゃないですよ、当時偏差値48、今偏差値35の私立)地理学科の「一般推薦」を狙っていたのですが、一般推薦の選抜基準は、調査書50%、試験50%でした。調査書は最低「平均3.5」。これには焦りました。私の成績って3を切るかな?くらいでしたから。調査書は「1年、2年、および3年の1学期」が対象。そこで3年1学期

もっとみる
うわぁい!ありがとう!
14

「民主主義指数」 日本は何位?

木曜日は政治の話。政治の話なのに「エコノミスト」という雑誌の話から始まります。

創刊が1843年という歴史あるイギリスの経済新聞(週刊)の『エコノミスト(The Economist)』。2012年で印刷版は157万部発行。オフィシャルウエブサイトはこちら。

この雑誌の調査部門であるEconomist Intelligence Unit(エコノミスト・インテリジェンス・ユニット)が、民主主義指数

もっとみる
ありがとうございます!フォローしていただけると嬉しいです!
7

【感想】NHK-BS1スペシャル コロナ危機 未来の選択「エマニュエル・トッド~グローバリゼーションを超えて」

世界の知性と語るコロナ後の世界、第四回のゲストは歴史人口学者のエマニュエル・トッド氏。トッド氏は人口統計分析を用い、世界の変化を読み解いてきた実績を持っている。

ソ連が崩壊する直前には、乳児の死亡率が上がっていることから、もっとも弱い立場の国民を保護できないほど国力が落ちていることを見抜き、ソ連崩壊を予言した。また、近年では、米国において白人労働者の死亡率が上がっていることから、トランプ大統領の

もっとみる

UBIの転換点:パンデミックは誰から仕事を奪うのか?【NGG Research #8】

COVID-19のパンデミックにより、未曾有の危機を迎えた世界経済。伝統的な景気刺激策や福祉政策では、今回の危機から立ち直るためには不十分であるという見方が強く、世界各国でユニバーサルベーシックインカム(UBI)の導入について注目が集まっている。第8回目の「blkswn NGG Research」では、いま脚光を浴びるUBIをご紹介。その全貌を紐解く。

Photo by Dimitri Hout

もっとみる

日本よ、「鎖国」するな。グローバル化は止まらない|丹羽宇一郎

識者たちは言う。「コロナでグローバリゼーションは敗北した」と。だが本当にそうだろうか? グローバリズムの進展は世界史のの必然だ。コロナでも決して止まらない。ビジネスパーソンたちよ、この現実に刮目せよ。/文・丹羽宇一郎(日中友好協会会長・元中国大使)

丹羽氏

生き残るため世界に飛び出せ

一段落したかに見えた新型コロナウイルスの感染が再び世界各地で盛り返しつつあります。北京に住む友人からは6月半

もっとみる
ありがとうございます!
8

中村哲『天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い』を読んでみた。

アフガニスタンで医療施設の拡充と共に灌漑事業に尽力し、数多くの難民を救った中村さんの本を読んだ。

中村さんは現地で医療にあたる中で、病気ではなく旱魃により命を落とす人々を数多く目にし、「今は命を救うのは医療ではなく水だ」と決意し、そこから医療と並行して現地で旱魃から人々を救うための灌漑事業をゼロから立ち上げ、リードして来た人だ。

残念ながら、中村さんは昨年12月に現地で何者かに射殺された。73

もっとみる

【読書】隣りの国を、きちんと理解できるのでしょうか?

「隣国を変な国と思っているときは、だいたいそう思っている自国のほうがおかしいことが多い」
自分を正しましょう、という
誠に美しい精神の言葉ですね。
まるで「論語」など古代古典の
文章みたいです。

この文章、どう思いますか?
今の感覚からしたら、
はい、そうですね?とは
なりにくいですね…。

昨今の中国や韓国、北朝鮮、ロシア、
それから海を隔てた隣国のアメリカ…
とても変?というか、
隣人として

もっとみる
嬉しいです!
24

エリン・メイヤーの『異文化理解力』を読んでみた。

あなたに異文化理解力はありますか?

この本の帯には「海外で働く人から圧倒的支持!!」と書かれてあるが、これはかなりミスリーディングだ。海外で働く人から指示されているのは間違いないだろうが、国内でももはや日本人以外と働くことは珍しいことでは無くなってきている。

東京都に限っていうと、都の生産年齢人口は約900万人。一方で外国人労働者数は50万人。働く人の約5.5%が外国人という現状だ。事業所数ベ

もっとみる
Merci beaucoup
13

グローバリゼーション、自由貿易と国内労働機会の維持について

昨今のポピュリズム政治の寵児かつ問題児ドナルド・トランプ米大統領が嫌いなので、彼の発言のどこに論理があるのか、保護主義と自由貿易って何なの、という疑問からとりあえず以下の本を読んでみました。

参考にした本

・The Other Half of Macroeconomics and the Fate of Globalization by Richard C. Koo
・Straight Tal

もっとみる