オーガナイズ

必要な研修と、AI時代のこと

先日、能力開発とキャリア形成についての講座に参加しました。コロナ禍において見直される研修の在り方。特に印象に残ったことは、「集合研修でやるべきものと」と、「オンラインセミナーやEラーニングで学ぶもの」との区別と、「社外の講師に実施してもらうもの」と「社内で講師を育成してやるべきもの」の区別です。

これはどうしても集まってやるべきことであるという内容。コストをかけてでも、これはどうしても外部講師で

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです。
1

ローカルの現場に絶対必要な「オーガナイザー」ってどんな仕事ですか?@clubhouse

「オーガナイザー」について書いた記事が、ブリヂストンとnoteが開催した「#挑戦している君へ」の寄稿コンテストを受賞しました。

多くの反響ありがとうございます

それをきっかけに、この1週間で600ほどいいねをいただきました。びっくりー。

今この社会にあって、誰かがなんとかしないといけない「あるあるの困り事」を捉えたのでしょう。私ではなくても、書かれなくてはいけない記事だったのだと思います。そ

もっとみる

悩ましい

はい、どうも!

自分で言うのもなんですが、もうすぐ誕生日なんです

で、本来だったら2/7に緊急事態宣言終わって、例年通りパーティーかな?とか淡い期待を抱いてたのですが

蓋を開けてみれば延長です

こんな感じで祝ってもらっててさ

致死量飲まされるからマジでキツいし、誕生日はクラブ行くのも憂鬱さもちょっとあったりして笑

でも、大好きな人たちに囲まれてお祝いしてもらうって凄く幸せな事

今年は

もっとみる
ありがとうございます!また楽しめる事を書いていきますね!
1

#2 新米オーガナイザーの苦難 Caption

ここから聴ける。

Spotifyの人はここから聴ける。

オーガナイズを始めたキッカケ

2人がオーガナイズを始めたキッカケをダラダラと話していますがNINOは箱との関係を深めていく中で自然とそういう流れになった。kyoheyheyの場合は特殊でそうせざるを得ない理由があったからという感じですね。詳しくはラジオを聞いてね。DJ始めた時期はNINOの方が2,3年早くてその頃kyoheyheyはバン

もっとみる
最高です!
1

最近なぜか二度手間ばかり

夏休みも残りわずか10日あまり。やっとここまで漕ぎ着けた。

休みボケなのか何なのかはわからないが、とにかく最近何をやってもなぜか二度手間になってしまう。

原因のひとつは自分の忘れ物にあるのだが、それだけではなく友人から受け取ることになっていたものを取りに行ったら半分足りなかったり、オーバーオールを買いに行ったらハンガーのサイズ表示と服のサイズが違っていたり、IKEAにドライブがてら足を運んだら

もっとみる
ありがとうございます!
7

FDWSまとめ②イベントまで何をしたの?心がけていたことは?

ご覧いただき有難うございます!

自粛期間から自炊をする習慣は増えたものの、何よりも【献立を考える時間】が億劫で、毎晩焼きそばになっています。誰か代わりに献立考えてください😭

さて、

5月末にFUN!! DANCE WORKSHOPというチャリティダンスWSイベントを企画しました。

このイベントについて振り返ろうと思います。

オンラインイベントを考えている人や、やりたいことがあるけど動き

もっとみる

必殺 マーカー重ね置き

こんにちは。

M.Y. trainingです。

トレーニング前にオーガナイズを完成させているコーチも多いと思います。複雑なトレーニングをする時や、何個もグリッドを作る時にグラウンドが足りなくなる時ありますよね。 実際に、どう頑張ってもW-upとTR1で使えるグラウンドを全面使ってしまうことがよくあります。
そんな時には、

マーカーの下に次のトレーニングのマーカーを隠しておく

これでスムーズ

もっとみる

【翻訳】コレクティブをつくるには

訳者より:アナキストの組織方法は前回の記事で紹介したアフィニティ・グループだけではありません。アフィニティ・グループは比較的短期的目標のもとに集まるある種の親密さを共有するグループで、正しく実践すればとても大きな力となるはずです。しかし当たり前ですが、課題ごとに集まっては散るだけでは大きなことは成し遂げられません。今日紹介するコレクティブは、もっと長期的・恒常的なプロジェクトに取り組むための集団を

もっとみる
ありがとうございます。Solidarity Foever!
8

For Antifascist and Horizontal Community

Speech for May Day for Freedom and Lives
By Nami Nanami(Kouitten)
Twitter @co_ittenn

I was given the opportunity to speak as a member of the anarcha-feminist group Kouitten (“One Red Spot”) at “May D

もっとみる

【ビラ】ファシズムは絆されイズムだ――内なるファシズム問題

同じく5月9日自由と生存のメーデーにて配ったビラです。

***

「コロナウイルスに右も左もない、偏見を持たないでファシストや右翼の意見を聞いてみよう」とか「立場は違うけど、この課題については共闘できるから一緒にやろう」とか考えちゃう人はいませんか? 「相互に批判することで高めあっていけるのでは…」とか。いやそもそもそこまで考えてなくて、なんとなく右翼はイヤダと思いつつ、自称右翼が何となくその場

もっとみる