イザナキ

日本のお母さん、イザナミノミコト(伊邪那美命)を解説します。

イザナミノミコト(伊邪那美命)(以後イザナミ)は日本という国(島々)を生み、太陽・月・火・土・金・水等々ありとあらゆる神々を生み出した母神様です。

イザナギノミコト(伊邪那美命)と共に、日本という国を生み、私たちの生活に欠かせない様々なものを生み出す神様なのですが、死後の世界の神様でもあるとされています。

イザナミの神話の中の輝かしい物語から悲しい物語まで、それらの伝承のある地も含めて解説をし

もっとみる
スキをしてくれてありがとうございます。最高にうれしいです。
10

”The power of words” 「わたしにとってそんな悪口は、タダの言葉だ!」

誹謗中傷への罰則が制度化されそうで、それはいい事だと思う。

半面で「ヘイトだ、人権蹂躙だ」と声高に叫ぶヘイトスピーカーの自演が、かまびすしい事になりそうで嫌な気もするが、匿名者の粘着度や言い逃げが抑制されることは、いい事に決まっている。

しかし、かねてから明確な処罰が決まっている物理的な暴力も、厳罰化されているからといって根絶されはしないように、言葉による暴力も消えることは決してないだろう。

もっとみる
ありがとうございます。誇りに思います。
7

古事記~上つ巻~



こんばんわ。
守護神鑑定師の龍月(きみつき)です。

以前古事記のタイトルで書きましたが、今回は続編です。

上つ巻の内容を簡単にまとめてみました。
《古事記》の編纂を最初に企図したのは[天武天皇]だとされています。
しかし、存命中に完成せず、三代後の[元明天皇]の時に、改めて完成させるように勅命が下されて、712年にようやく完成しました。
このときに尽力したのが、[稗田阿礼]と[太安万侶]で

もっとみる
ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ
4

古事記入門



【古事記入門】

《日本神話で最初の神様》
日本神話で一番初めに登場する神様の名前って知ってますか?
天照大神(アマテラスオオミカミ)?
伊邪那美(イザナミ)?
須佐之男(スサノオ)?
大国主神(オオクニヌシ)?
違いますよ。
正解は…
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
なんです。
聞いたことないですか?
聞いたことない人も多いかもしれません。
天之御中主神(アメノミナカヌシ)って何もし

もっとみる