見出し画像

苦難を乗り越えて…見つけた自分らしさと絵の世界。

はじめまして!

アリスです。


クラウドファンディングに挑戦しています🍀
https://polca.jp/projects/pXOuoLdbZxF#polca


そこで伝えきれない想いが
まだまだたくさんあったので
noteをはじめました❗


是非読んでください。



【描くことは自分を見つけること、そして自分の内面と外の世界の関係に確かな形を与えること。】
by 先生


自分らしさって何だろう。
私はなかなか、自分を見つける事が出来なかった…。



先輩の作品(油絵)⏬



先輩の写術的な作品を観て、私もこんなリアルな絵が描きたい❗❗❗って思った。
だから、はじめは上手な人の描き方を真似しようということばかり考えて、意識していた。


でも、作品を制作していく中で
なかなか思うように筆を動かすことが出来なかった…。

先生にも、何度も。
アリスらしくない。
と言われた…。


私が1つの作品制作に半年以上の時間をかけている中で、どんどん周りが絵を完成させていった。


そして7~8ヶ月かけてやっと1枚の絵を完成させた時、すでに3枚の絵を完成させていた子もいた。


その時、完成した絵は自分の中では納得いくものではなかった。


自分を表現するのが得意な子はどんどん筆が動き、あっという間に自分の世界観を画面上に繰り広げてゆく。


絵は描き込めば描き込むほど、魅力を増していた。



周りのみんなと比べて
“私は絵を観るのは好きだけど
描くことには向いてないんじゃないか”…
と何度も思った。
“センスないのかな?”って相当悩んだりもした。


同じスタートラインに立って
始めたはずなのにみんなとの差があまりにも大きく広がりすぎてしまって、それが作品として形に現れていて…。
正直、この時は自分の絵と向き合う事が辛かった。

でも、私だけが辛いんじゃないと思う。
みんな必死に、自分の絵と向き合って、
自分と戦っている…。って気づいた



今までの自分を見つめ直して…


ある時からペインティングナイフという描画材を使って絵描くようになったり、たくさんの色を使った鮮やかな表現をするなようになった。

憧れと現実は違って、自分には自分に合った表現のしかたをするのが良い。

人の真似をしようとする意識はもう、私の中から完全になくなって、自分らしい描き方を見つけた。


辛い時期を乗り越えて…。

作品制作をしていく過程で
個性の大切さや自分の世界観を表現する楽しさ…やりがいを感じ、新たな自分をやっと発見出来た。


ーこうして私の世界観は生まれ、新たな道を切り開いていった。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました❗

良かったら感想のコメントもお待ちしてます🙇

フォローとかスキとかシェアとかしてくれたら嬉しいです🍀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

\(^o^)/
13
96年生まれ。