今までの人生を振り返りながらの自己紹介〜高校生活編①〜

東京から沖縄の高校に入学して、最初に驚いたこと。それは言葉でした。

沖縄にも方言があることは知っていましたが、ある程度年配の方達が話すものだと勝手に思っていました。なので、若者がこうも話すものかとカルチャーショックを受けたものです。

言葉も特殊で、意味が全くわからない単語ばかりでした。例えば…

ネコ→マヤー

疲れる→ニーリル

休む→ユクル

男→イキガ、女→イナグ

といった具合です。こ

もっとみる
ありがとうございます(^_^)
1

好きな言葉

こんばんは。
岡田翔伍です。

僕が高校生のときに、部活の先輩から教えてもらった言葉で、今でも記憶に残っていることがあります。

それは、

天才は有限、努力は無限

という言葉です。

この言葉は、早稲田大学競走部やエスビー食品陸上部の監督を務めた中村清さんの言葉です。

足が遅くて運動神経が皆無と言っていいほど運動ができない子供でした。
友達には運動神経が抜群の人ももちろんいたので、とても羨ま

もっとみる

健康で文化的な最低限度の生活

カートコバーンが言った”ギターは死んだ木”ってやつなんでそんな発想になるんだ?自分にとってギターって何って聞かれたら”生活”としか答えれません。ブルドーザーです

今日は生活について書きます。いつも通りストレス発散です、何も考えてません。

今菓子パン食いながら動画見てこれからどうやって生きていこうな~っと思ってます。このパン美味しくないです、生クリームとココアクリームが死ぬほど入っていてパンの部

もっとみる

成績が著しく悪い女子高生の話

成績が悪い。

いや、待って待ってマジで違うから。ちゃんと聞いてマジで。

話を戻すと、成績が悪い。
もっと言うと、化学と数学の成績が悪い。

(ご愛読ありがとうございました!青虫先生の次回作に御期待下さい!)

話終わってねえんだよ。

何回も言うが、理系の成績が悪いのだ。
今回は割愛するが、生物の点数も大概酷かったもん。まだマシなのは、文系は勉強しなくてもどうにかなるところだろうか。英語が1番

もっとみる
ヤッタ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!
1

酔いどれ雑記 72 26年前の電話

阪神淡路大震災から26年の月日が経ちました。当時私は大学一年でしたが、それにまつわる苦い思い出があります。

確か震災の当日か翌日の午後、電話がかかってきました。前年私は某プログラムの神奈川県代表でアメリカ東海岸に行ったのですが、同じ班に神戸の子がいたのです。電話はその阪神淡路大震災の激震地で多数の犠牲者が出た区に住む子からでした。

「さっき電話くれたんだってね?私の家は大丈夫だよ。ありがとう」

もっとみる
Muito obrigada!
4

高校生活、思ってた200倍ぐらいつまんない女子高生の話

冴えない女子高校生として生きている。

プリクラは撮る。インスタもやってる。撮ったプリクラはインスタに載っける。「山崎賢人しか勝たん」とか言ってる。山崎賢人さんは別にそこまで好きな訳では無い(ごめん)。

それでも、私はやはり冴えないのである。

眼鏡は掛けているけれど丸くてデカい可愛いやつだし、髪の毛は別にボサボサじゃない。

それでも何故か、私は冴えないのである。

毎日手帳に日記付けてるけど

もっとみる
ヤッタ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!
3

初めてステージに立った日のこと

中学2年生まで、全く音楽に興味のなかった僕は、高校3年の春、ギターを抱えて体育館のステージに立っていました。正確に言うと、座っていました。
清木場俊介さんの『唄い人』、ACIDMANの『季節の灯』を歌ったのを覚えています。もう1曲何か歌った記憶があるのですが、もう覚えていません。

2009年5月、文化祭、体育館。
それが、僕にとって初めてのステージでした。

19歳のときにライブハウスなどでライ

もっとみる
ありがとうございます!
4

活字

私は小さい頃から活字が苦手だった
新聞なんてもってのほか、
今となってはなぜ社説を読めと言われたかわからないが、
社説は大事、そんな認識しかない。

だけど今。
私は自ら進んで活字を手に取る機会が増えた。

きっかけは些細なことで、必要にかられたからである。
大学は真面目にいきてきたからか、
指定校推薦を頂けた。だが、その結果論文と向き合わなくてはいけなくなった。

活字が本当に嫌いだった、それま

もっとみる
想いがとどいたー!
5

ILLNESS

目がめっちゃ痛い、寒い、鼻痛い、最悪、ブルドーザーです。最近の学校についてです。

最近の学校は、楽です。楽しくはないけど行けてはいます、進歩!このまま抜け殻の状態で三年間すごすのか、それとも転学するのかめっちゃ迷ってます。このまま三年間過ごしてたら病気になりそうだけど、親云々どうしよう~って感じでどのルートが正しいのかわかんないです。

帰りの車で祖母と話したんですが、”正しい”って今めっちゃわ

もっとみる

世界が変わった僕の経験〜2〜

皆さんこんばんは。まだ1話をみてないない方は1話から見直していただけると幸いです。では、始めます。

僕は学校の廊下のポスターに「イタリア留学」という張り紙が書かれているのをたまたま見つけた。この時に僕はビビッときた。自分は勉強ができる方ではなく、テストもクラス半分以下のいわゆる普通高校生だった。そんなテストも、授業もほぼ平均点、スポーツもなにもかもが凡人の僕にはなんの取り柄もなかった。そんなとき

もっとみる
ありがとうございます!🙇‍♂️🐻
2