第158回受賞作『百年泥』(石井遊佳/新潮社)
見出し画像

第158回受賞作『百年泥』(石井遊佳/新潮社)

画像1

第158回受賞作『百年泥』(石井遊佳/新潮社)を…番組ラテ欄っぽく紹介!

【80文字】
印チェンナイに百年に一度の大洪水▼道に溢れた川底の泥の中には「人々の百年の記憶」が▼いるはずない「記憶の中の人」や「思い出の品」が続々と▼マジックリアリズム小説

【200文字】
▼日本語教師としてインド・チェンナイに渡った私▼街に百年に一度の大洪水が▼道に溢れた川底の泥には「人々の百年の記憶」が入り混じっていた▼泥の中から「いるはずない記憶の中の恋人」を見つけ再会する人々や「あるはずのない思い出の品」を掘り出す人々▼私も思い出の品を次々見つけ人生を追懐していく▼人魚だった私の母▼「万博のコイン」が繋いだインド人の若者の哀しくも温かい少年時代の出来事▼マジックリアリズム小説

<以下、出版社ページより抜粋>
●著者:石井遊佳(イシイユウカ)
1963(昭和38)年、大阪府枚方市生れ。東京大学大学院博士後期課程(インド哲学仏教学)満期退学。ネパール、インドで日本語教師を務める傍ら小説を執筆。2017(平成29)年、「百年泥」で新潮新人賞、翌2018年、同作で芥川賞受賞。2020(令和2)年9月、『象牛』刊行。2020年7月現在は日本で執筆に専念。

出版社ページ https://www.shinchosha.co.jp/book/351531/

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
芥川賞全て読む放送作家📺

サポートは本の購入費に充てさせて頂きます!

ありがとうございます!
深夜バラエティ・ラジオ等を担当する20代構成作家。小説が好きで学生時代は月20冊ほど読んでいました。ふと思い立ち歴代『芥川賞』受賞作をすべて読むことに。放送作家らしく?番組ラテ欄(EPG)の文字数で、作品を紹介しています。(週1更新/ネタバレなし)