ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】

性教育×元養護教諭×2児の母 ★お茶の間で性の話ができる関係づくりのサポート ★親子・夫婦、一歩踏み込む応援 ★面白がってワクワク生きる 失敗はネタ ▽LINE公式はホームページを見てからでも^^▽ https://www.sato-yukie.com

ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】

性教育×元養護教諭×2児の母 ★お茶の間で性の話ができる関係づくりのサポート ★親子・夫婦、一歩踏み込む応援 ★面白がってワクワク生きる 失敗はネタ ▽LINE公式はホームページを見てからでも^^▽ https://www.sato-yukie.com

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介

    お茶の間で語れる   性教育ナビゲーター          さとうゆきえ 1980年宮城県生まれ。女子栄養大学栄養学部卒。 大学時代から性教育に関心を持ち始め、卒業研究では「学校における性的マイノリティ理解と性教育の課題」について論文にまとめる。12年間、養護教諭をはじめ補助教員、特別支援学級支援、教育相談など、学校関係の勤務を通じて、子どもや職員の心身の健康のサポートを経験。   2020年、家庭での性教育の実践を通して、なんでも話せるオープンな家族関係を築くには、性教育が

    スキ
    11
      • 「愛」について真剣に考える

        【愛】 ・あったかい ・好き→自分を喜ばせる ・嫌い→自分を守る ・もらえる、あげられる ・目でわかる ・肌で感じる ・耳で聞こえる ・ハートに届く ・相手への好き ・応援 ・信頼 ・願い ・期待 ・嬉しい ・じんわり ・外から与えられると思っている ・誰かに出したら、返ってくるものだとおもっている ・自分に向けられると戸惑う ・欲しいのに受け取れない ・受け取ったら認めたらどうなる? ・受け取ること…受け取ること! ・あたたかい気持ちが満ちること ・自分が自分に向けるより

        スキ
        1
        • 小3娘のひとり旅

          小3娘がひとりで旅に出ました。 数日前のことなんですけどね。 二女が、私の実家の宮城県へひとりで新幹線に乗って行きました。 旅っていったら大げさかもしれないね。 けど、私にとってはとても大きな出来事だったんです。 始まりは6月のある日。 毎年8月の二女の誕生日は実家のある宮城で過ごしていたのだけど、今年はお姉ちゃんの予定で帰省できないとわかったこと。 「おねえちゃんの用事ばっかりでつまんない!!」 わかるーーーー笑 わたしもーーー笑 とハートでつぶやいてスルーしよう

          スキ
          23
          • 「この子たちは、みんな分かってる」

            オンラインで性のおはなしWSを開催しました☆ タイトルは参加者さまのことばです 夏休み真っ盛り中に開催 性のおはなしオンラインWS 今回は参加者さまのお子さんの年齢が 5歳から28歳と広く そして 子どもに関わるお仕事をされている皆さまとの会でした これまで息子さんの幼少期から、体のケアや性のことを段階に合わせて伝えている愛、これからに向けての願い。 これから成長に合わせてどのように関わると、大切なことだと伝わるかなぁという、お子さんの健全な成長を願う愛。 これ

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 性のこと
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】
          • 子どもからの気づき・こそだて
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】
          • 学校・先生・保育・教育
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】
          • 気づきは「癒し」
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】
          • 🍵ご相談いただきました🍵
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】
          • パートナーシップ・夫婦
            ゆきえってぃ【お茶の間🍵性教育】

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            性のお話 養護教諭のみなさまと2

            「構えなくていいんだ、気持ちが軽くなりました^^」 養護教諭のみなさまとの性のおはなしWSを開催しました。 学校での性教育で性交については取り扱わないことになっているのは、国が決めている基準があるからなんですよね。いわゆる「歯止め規定」と言われていますが、やっぱり性交を飛ばして、避妊や性感染症の予防、性暴力の話にはつながらなくて。 そこのジレンマもありつつも、学校で子どもたちをみながら感じていることのシェア。とても濃い時間でした。 性の認識をさらけだすって、けっこう勇

            スキ
            2

            性のお話 養護教諭のみなさまと

            「構えなくていいんだぁ。  気持ちが軽くなりました☺️」 養護教諭のみなさまとの 性のおはなしWSを開催しました。 学校での性教育で 性交については取り扱わないことに なっているのは、 国が決めている基準が あるからなんですよね。 いわゆる「歯止め規定」と 言われていますが ⁡ ⁡ やっぱり性交を飛ばして、 避妊や性感染症の予防、 性暴力の話にはつながらなくて。 そこのジレンマもありつつも、 学校で子どもたちをみながら 感じていることのシェア。 とても濃い時間でした。

            スキ
            1

            「ママ、みだらなこういってなにー?」

            朝のテレビニュース。 「○○容疑者は相手が16歳と知りながら、み だらな行為を・・・・」 むすめーー!!よくぞきいてくれたーーーー!!! ゆきえ 「同意もなくセッ クスすること。   やめてとか、イヤだとか言ってもやめないんだよ。   ただね、こわくてこわくて断れないこともあるかもしれない。   命を守るのが一番大事だから。怖くて断れないようなときは   帰ってきて話すんだよ。」 こんなこと、無い方がいいに決まっている。 だから話す。 ニュースになるくらいのこ

            スキ
            4

            いのちの終わりを子どもと話す

            夫方のおじさんが亡くなった。 うちでは、いのちの始まりを話すことはよくあるけれど、 終わりの話はなかなか話題にならない。 ゆきえ  「○○おじさんが亡くなって、どんな気持ち? 」 8歳二女 「もう会えないのは悲しい。」 12歳長女 「良く生きたね。お疲れ様!って言いたい」 そこからいろんな話をした。 いのちが終わるって? ・・いなくなる。 ・・もう会えなくなる。 ・・さわれない。 ・・声を聴けない。 ・・さみしくて悲しくて泣く。 ・・パパとママがもし… ・・いやだ

            スキ
            5

            「男の人には生理がないことが分かりました」

            9歳の女の子の感想です^^ 思春期の性おやこWSを開催しました。 女の子に生理があることは知っていたようですが、男の子の体の変化や射精については初めて知ったそうです。 学校での性教育は保健の時間で学びます。これから学ぶ段階だったので、初耳だった。 今日のWSでは、おうちだと、女の子に生理があることを伝えている方は多いようですが、射精の話や、何のために生理が来るのか、ということは話題になりにくい、という反応でした。 あなたのお宅はどうでしょうか。 子どもに対して「そ

            スキ
            1

            ジェンダーレス〇〇

            【子どもと話すジェンダーのこと】   ジェンダーレス水着   制服の選択制       "選択制にしました" "どれでもどうぞ" が当たり前になる過程に     「配慮しました感」強めに感じる      わたしのために配慮してくれたのね、て 感じると、自分だったら居心地がわるい。     わたしは、 人との違いっておもしろいと思っている。 だから子どもと話すときはこうなる。       ↓↓↓↓     好みってそれぞれだし、 それを笑ったり、バカにするのってヘンだとおも

            スキ
            3

            怒りの「なんで!?」の通訳

            お風呂でつかえるチョーク。 しばらく使ってない様子。ポイ。 10日くらい経ってからよ。 8歳 「ママ!!チョークどこ??」 ゆきえ 「捨てた」 8歳 「なんで!?なんで捨てたの!?今から使おうと思っていたのに!!!!」 ゆきえ 「しばらく使ってなかったし、ほこりかぶってたから、捨てちゃった。ごめんね。」 8歳 「もう!!!なんで勝手に捨てるの!!一回聞いてからにしてよ!!!」 もうぷりっぷりのぷんすかぷん。 治まらぬ怒り。 せっかくだから観察してみた。 怒り

            スキ
            4

            「お母さんの保健室になりたい。」

            「おかあさんの保健室になりたい。」 学校で勤務しながら、子どもたちをみていて。 母親になってからの、私たち親子を過ごして。 いくつになっても、親を気にする自分を感じて。 「おかあさん」が子どもに及ぼす影響の大きさを強く感じていました。 特に、自分が母親になったことでより強く感じるようになりました。 まわりの期待に応えるいい子で育ってきた大人にとっての子育ては、正解のない子育てを楽しむなんて、難しい。 何かや誰にすがりたくて、育児書を読み、子育て講演に参加し、子育

            スキ
            5

            「みんな仲良く」の呪縛だったのかー!

            友達100人できるかな と同じかもしれない。 仲良くなりたい、と思う人と仲良くなるのと、 みんな仲良くの前提で、仲良くなろうとする違い。 仲良くなりたい、という自発的な思い 仲良くするものだ、という決まり いい子って、「みんな仲良く」前提なんだな。 自分の好みや好き嫌いを感じたり出したり受け入れられたりする機会がほぼなかったかか、あっても「そのくらい我慢しなさい」とか「そんなことで」って、ガマンを強いられたり、気持ちを軽くみられてきたのだろうな。 ずっといい子のままだ

            スキ
            5

            子ども向け絵本には無かった😳

            子どもの絵本の棚を見ていたら、 からだのしくみ的な本がいくつか。 わたしが好きで買ったもの 学習教材のもの 幼稚園のときに配られたもの 体の名称や仕組みを 絵と優しいことばで分かりやすい😊 が!!!! 生殖器のなまえって、載ってないんです。 頭、うで、胸、おなか、おしり、足。 目、鼻、口、へそ、ゆび、つめ。 今でこそ、 大事なところ抜かしてるぞーいぃ!て 思うのだけど この本を手にした当初は そんな疑問も浮かばないほど 性教育のアンテナもたってなかったし 疑問に

            スキ
            4

            娘たちはスマホがほしい。

            うちは、6年生と3年生の娘がいます。 2人ともスマホが欲しい。 理由は「みんなもってるから」 みんなって誰だよ笑 って話なんだけど、それは置いといて。 うちには家電話もあるし、タブレットでLINEもできる。 公衆電話の使い方も分かっているし、 吃音の娘はヘルプを出しやすいように、 親の連絡先のメモとかノートとかも持っているし、 困ったらその辺の人に聞けばいい。 世界は優しいし、優しい人を見分ける鼻のよさもあるからこそ、 世界はやさしい体験ができるよー!と思っている。

            スキ
            7

            性のおはなし

            『子どものために』 その入り口から自分の愛に気づけるよ。 子どもを守ろう 正しい知識を教えよう わたしもはじめはそんなだったと思う。 忘れてくるんだけど。 かつてはこどもに、 不安からの干渉をしがちだった。 いつからか、ただおうちで性のはなしができることが楽しくなってたなぁ。 守るなんておこがましくって 自分で決める・選ぶを経験していけばよくて 幸せは誰かから与えられるもんじゃない   自分がほぐれていく感じやそれに伴って 親子や夫婦、親との関係までもが、 ラクにな

            スキ
            4