マガジンのカバー画像

夏ピリカグランプリ応募作品(全138作品)

136
夏ピリカグランプリ応募作品マガジンです。 (募集締め切りましたので、作品順序をマガジン収録順へと変更いたしました)
運営しているクリエイター

記事一覧

鏡の私は電子チワワを拾う

 鏡の中の私が犬を拾ってきた。  デジタルデータでも捨て犬になることがあるらしい。  窓のように大きな鏡の中で鏡の私はチワワを抱っこしている。 「データが初期化されて帰る家がないみたいなの」  と鏡の私は言う。  現実の私は怪訝な顔をした。 「変なデータとかじゃないの?」 「ウイルスチェックは異常なしだった」  鏡の私は私と全く同じ怪訝な顔をしていた。  同じ服を着てメイクも表情も同じ。だって鏡だから。  だけど身体の動きだけは現実の私から切り離されて、鏡の中の私は彼

スキ
62

【ショートショート】コンパクト

「お姉ちゃんだけ、ずるいよ」 コンパクトを覗きこむ私に、妹が文句を言う。 マスカラって、ムズい。 結子につられて買っちゃったけど、これ失敗。 「だってママがくれたんだもん。JCはメイクするのに必要なの」 中学生になって三ヶ月。 結子も真希も急に男子の目を気にし始めて、休み時間は鏡ばっか見てる。 私も小っちゃい鏡が欲しいと言ったら、ママがくれたコンパクト。 古臭くてごめんとママは言ってたけど、この昭和感、よき。 レトロでエモいって言われる私のお気に入り。 それにこのコ

スキ
173

【SS】鏡の国の亜里沙(840文字)

物心がついたときから、私は鏡の国の住人だった。 私は亜里沙の写し鏡。 現実世界の亜里沙が笑えばそれに合わせて笑い、怒っていれば顔を顰めてみせた。彼女の姿を映すこと。これが私の生まれた意味だ。 幼い時から彼女を見守ってきたからか、私は彼女が愛おしくて仕方がない。笑顔が可愛い亜里沙。彼女が笑えば私も嬉しい。 でも、中学校に入った頃から亜里沙はあまり笑わなくなった。朝学校に行く前に、亜里沙は鏡の前でため息をつく。私も慌ててため息をつく。 「綺麗になりたいな......」

スキ
118

SS 侍と鏡 #夏ピリカ応募用

次男の長左エ門は、姉から鏡を貰う。嫁入り道具は新しく買うので不要と言われた。男がこのような鏡を持っていても仕方が無いのだが大好きな姉からの贈り物だから粗末には出来ない。自室の道具入れにしまう事にする。「では長左エ門、家をよろしくね」病弱な姉は美しいがどこか影のある人で他家に嫁ぐのは無理のように感じる。「姉上も元気で」手を握りながら別れを告げる。嫁げばもう二度と会うことは無いと思うと泣きそうになる、軟弱な自分が愚かに感じる。この家は長男が居るので自分は何をするわけでもない、ただ

スキ
59

【掌編】若輩アリス、新橋にて。

「飲みに行きましょう」と国見さんに誘われ、新橋に来ている。 対面の二人席。店内は僕ら同様、仕事帰りのサラリーマンで賑わっていた。 「では」 お通しと共に運ばれたビールジョッキを掲げ、国見さんが乾杯を促す。慌てて自分の分を持ち上げ、お疲れさまです、とそれを合わせた。 国見さんは、この春の異動先にいた古株だ。若輩者の僕なので、総括課長として部を切り盛りする彼から、何かにつけフォローを受けている。が、こうして飲みに誘われたのは、初めてのことだ。 「どうですか、最近は」

スキ
50

【かがみの私】

【かがみの私】カガガ丸|幸せみぃちゅけた 2022年6月22日22:43 エッセイですみません。 でもテーマ「かがみ」ということでどうしても書きたいがあふれてしまいました。 私の旧姓は「加賀」なんですが、下の名前が「み〇〇」なんです。それで大学生の時のあだ名が「かがみん」だったんです。ちょうどそんな名前のキャラクターが登場するアニメが流行った頃で友人がふざけて呼んでそれが広まった形です。 前置きが長くなっちゃいましたね。 みんなは「かがみん」って呼ぶんですけど、ちょ

スキ
57

短編小説 | 水鏡

 かつて、水にうつった自分の姿を見て、惚れてしまったナルシスという人物がいたという。 「おお、なんて美しいのだ。わたしはあなたのことを愛してしまいました」 そして、そのまま、水の中に入っていって死んでしまったという。 「それって神話だろ。そんな奴は実際にはいないだろう」 「いや、それがそうでもないらしいんだよ。とある統計によれば、少なくても今までに158人が、ナルシスと同じ死に方をしたらしいぜ。ぼくの知っている秘密の蓮池で」 「とある統計ってどこの統計だよ?だいたい、その蓮

スキ
206

星とハンス|#夏ピリカグランプリ

ハンスはときどき、夜中に家を抜けて草原に行き、寝っ転がって星をながめるのが好きだった。 両親はハンスが幼い頃に亡くなっていた。祖父母に育てられたが、その祖父母も亡くなって数年経つ。だから、夜中に家を出て、草原で夜明かししても誰にも怒られない。「今日は冷えるな。」と、自分で自分の体のことを注意するくらいだ。 「今夜も星がきれいだ。」 昼間、大工の親方に「お前は何でそんなに不器用なんだ。」と叱られたり、「彼女はまだかい?」とパン屋のおばさんに聞かれたり、ムシャクシャしたこと

スキ
92

鏡のその後の話。【夏ピリカ】

あるお城にそれはそれは立派な映し鏡がありました。女王の死後、シンデレラが城に住むことになっても、鏡はそのまま城で暮らしていました。 それから数十年後、今度はシンデレラではなく別の女性を世界で一番美しいと言ったため、鏡は国外追放されることに。 旅に出た鏡は、とある山間にある小さな村にたどり着きました。ここでは、鏡なんて高価なものは誰一人使っていません。すっかり薄汚れた鏡は馬車から放り投げられました。 村に住んでいる娘・エレーナが水を汲みに川へ向かうと、途中で布に覆われた荷

スキ
118

映し鏡【ショートショート】#夏ピリカ応募作品

「…なんだ?」 乗っていたエレベーターが突然停止した。 「クソッ、ふざけんな!」 非常ボタンを押しても何も反応が無い。 その日、海老原正男は派遣アルバイトで、ビル警備の夜間勤務中だった。 警備と言っても23時には全ての階の従業員が退勤し、仕事と言えば清掃業者の受け入れくらいだ。後は寝てたって怒られやしない。 それなのに、今夜に限ってこの仕打ちだ。薄暗い個室に一人。生憎なことに携帯の電波も届かない。外と繋がりは今、ゼロだ。 「なんなんだ、くそったれ!」 腹が立って後ろ

スキ
139

【ショートショート】パスタを巻く

 君は、パスタを巻きながら友達の恋愛話について熱心に語っている— 夜中までドライブに付き合っておいて脈がないなんてことはあり得ない、恋愛感情が全くないならいいとこ日付の変わる前には切り上げて帰るはずだよ、でも逆にトモダチとしてしか見ていないからこそ遅くまで付き合えるってこともあるよね、ふたりにはシアワセになってほしいけど今のままじゃリョータがあんまり可哀そうだよ、あっちなみにリョータって彼のあだ名ね、本名はユウスケっていうらしいよ、なんでそんなあだ名になったんだろうね、本名

スキ
63

鏡と花

 カネは一向に貯まる気配を見せない。親に一部負担してもらっているとはいえ、東京の家賃はワンルームでも決して安いものではない。その点、時間を貯めるのは実に簡単だ。何もせず放っておくだけで勝手に貯まってくれるのだから。9年も付き合っていれば、マンネリという言葉がちぐはぐに感じられるくらい彼女は俺にとって当たり前の存在になっている。そのままの距離感を心地よく感じる俺とは対照的に、彼女は10年の節目を跨いでしまう前に二人の関係に決定的な変化を持たせたいらしかった。それでも、カネは一向

スキ
33

ルームミラー(ショートショート)

田植えが終わって間もない田んぼ、夏樹の街を映し出す。路肩の雑草は好き勝手に伸びている。夏樹は片側一車線の県道を真っ直ぐ進む。助手席では妻が手鏡片手に化粧を直している。ルームミラー越しには双子の娘が談笑している姿が見える。何気ない光景だが、幸せが充填されていく。 夏樹の実家に行く時、娘たちは普段よりも楽しそうだ。大好きなお爺ちゃんが大好物のお寿司を用意してくれている事を知っているからだ。大好きが詰められた方向に向かっているのだから、自然と声色も表情も明るくなる。 二人が座っ

スキ
93

【夏ピリカ】Forget Me Not

「ねぇ、カガミって知ってる?」 チドリの突然の問いかけに、ヒバリは知らないと答える。 「ミラーのことを、昔はカガミって言っていたらしいよ。」 「ああ、古語か。でも俺は耳にしたこともない。チドリは物知りだな。」 「シュウのことに関係するかもしれないから少し調べたの。」 絶句したヒバリの顔をチドリは可笑しそうに眺める。 シュウはヒバリの友人で、チドリの恋人だった男だ。ある日突然姿を消してしまった。元々不思議なところのある男だったから、そのうちひょっこり戻ってくるのではないかと、ヒ

スキ
95