camyu

今年も書きたいこと書きます。feat.Kappa papaya✨

camyu

今年も書きたいこと書きます。feat.Kappa papaya✨

    マガジン

    • エッセイ的なやつ。

      エッセイとかひとりごとのような記事をまとめました。

    • 小説まとめ

      僕の書いた小説の類いをまとめました。

    • 音楽とか映画とか。

      音楽・映画などに関する記事をまとめました。

    • マリリンと僕

      小説『マリリンと僕』をまとめました。

    • 真野さんと吉田くん

      真野さんと吉田くんシリーズをまとめました

      • エッセイ的なやつ。

      • 小説まとめ

      • 音楽とか映画とか。

      • マリリンと僕

      • 真野さんと吉田くん

    最近の記事

    • 固定された記事

    3分間のintroduction 【短編小説】

    港区浜松町に競うように建ち並ぶ高層ビル。その内の1つのオフィスに勤務する新入社員畑中健太には、密かな朝の楽しみがあった。 高層階へ行くエレベーターを待つ間と、エレベーターが42階に着くまでのたったの3分間だけ、同期入社の宮川優華と話が出来る。 同じフロアで仕事をしてはいるが、優華は経理部で、健太は人財管理部。目に入るのに話すことは出来ない、近いようで遠い、そんな微妙な距離感だ。 優華は飛び抜けて美人と言うまでのルックスでは無いが、天真爛漫でよく笑い、誰に対しても分け隔て

      • ロゴどーん!!が苦手な話。

        気にしぃである。そして気ぃ遣いぃである。 かと言って、決して気が利くわけではない。 繊細さんとかでは全くない。 ただただ気にしぃで、気ぃ遣いぃなのだ。 例えば、人を待たせるのが苦手だし、列の後ろに人がいるのも苦手。普通に並ぶのとかは大義名分があるからまだ良いけど、車で自分が右折する為に後続車が待ってる状況なんて、めちゃくちゃ焦る。だから運転はもうしない。 客観的に考えたら仕方がないことだし、お互い様でしかないのだけど、「迷惑かけてるかな」とか「イライラしてるかな」とか考え

        • これもネット社会の弊害だと思うけど… 何か事件があるとすぐ「顔晒せ」ってなる思想、めっちゃ怖い。犯罪は法律で処罰するもので、社会的制裁は大衆の感情への迎合。 無論犯罪の質(性犯罪とか凶悪犯罪とか)によっては顔がわかるようにすべきだけど、安易なリンチ思想もかなり危険だよ。

          • ペットショップの安売りセールって なんか切ないよね…。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • エッセイ的なやつ。
            camyu
          • 小説まとめ
            camyu
          • 音楽とか映画とか。
            camyu
          • マリリンと僕
            camyu
          • 真野さんと吉田くん
            camyu

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            フィクションとノンフィクションの間を生きる。

            自分が見たわけでも体験したわけでもないのに、赤の他人が発信した情報を、何のフィルターにもかけずに鵜呑みにするのって、めっちゃ怖いことだよな、と感じます。 特にネットメディアのソース不明な情報の垂れ流しと、それを読んでコメントする人たち。最悪知りもしない相手を傷つけるとか、もう怖くて仕方がない。 でも、そう考えると歴史の教科書とか全部そうなんだよな、と思う。 勿論信頼に足る専門家の方々の研究の結晶だから、フィクションとの境目も不透明な糞ライターの記事や陰謀論とは、意味合い

            白熊杯 川柳も参加♪

            滑り込みコンプリート♪ いざ参らん! また一本増えた白髪に皺寄せる若づくりをしていても、体は勝手に老化を進めてしまう。少しずつ増える白髪に、眉間に皺を寄せ、「あっ、皺も気をつけなきゃ」となっている44歳♂です。 この漢字どう書いたっけ五里霧中漢字は得意な方ですが、どうしても思い出せなかったり書いてみて不安になることがあります。五里霧中も「霧中ってこうだっけ?」になりがちなので、五里霧中の意味とかけた、川柳というよりネタです(笑)オーマイガッ!! Googleの地図見て既

            隊長職変死の椅子 ♯毎週ショートショートnote裏お題

            「バーバ、この汚ない椅子なーに?」 3歳の孫、ロンが祖母メイに言った。 「昔ね、この国の王様が使っていた椅子なのよ。お祖父様の大事な形見なの」 メイは微笑みながら言ったが、形見の意味がわからないロンはポカンと口を開けていた。 今から40年前、東の山岳地帯に位置する王国ドグルと、メイ達の住む南の海辺の王国マグリは、3年におよぶ戦争を繰り広げていた。 劣勢のマグリは起死回生の策として、ドグル最強の戦士エドを罠にかけた。 エドがマグリの王室に辿り着いた時、その椅子に座っていた

            大体約束の時間より到着が早過ぎてしまうのです。 今日は40分前に着いた…(´Д` )

            大増殖天使のキス ♯毎週ショートショートnote

            「ねぇ、ちょっと天使多過ぎじゃない?」 天界の女王が大天使フザケルに言った。 居城の下には、約3000人もの天使が集まっている。 「はい。王女の目覚めの為には天使のキスが必要だと呼び掛けたら、この有様で」 「そもそも天使ってこんなにいないわよね」 「はい。在籍数は300名弱です」 「…。じゃあなんでこんなに増殖してるの?あの辺で天使コスプレ撮影会やってる女とか、あっちなんてドンキかネットで買ったヤツでしょ。ハロウィンじゃないのよ」 「申し訳ございません」 「冗談じゃないわ

            藤井風くんのサイババ信奉をきっかけに、宗教について考えた。

            先日こんな記事を目にした。 アーティストの藤井風くんが、サイババを信奉していて、それを隠しながら活動の中でステルス布教をしているのだと。で、それを問題視したファン(?)の方が、サイトを設立したのだそう。 ※ そのサイト、noteでした。宣伝する気は無いのでリンクは載せませんが。 サイト自体は藤井風くんの信仰自体を否定しているわけではありませんし、その方にはその方の考えがあっての行動なので、私もそれを否定しません。 以下はただ、私自身が改めて宗教について考え、その上で風君

            マリリンと僕34 〜目覚めの時間〜

            『恋する教室』 第5話あらすじ 月野と三原のLINEを見てしまった絵莉は、月野を問い詰める。月野は相談されただけだと言うが、三原の言葉から感じる月野への好意は絵莉を疑心暗鬼にさせた。口論はやがて別れ話に発展。露も知らない三原は、月野へ想いを募らせる。 「いや、マジ困惑しかないんだが」 桜井が言った。マリリンが出演する(と言っても僕はエキストラ程度のつもりだったのだ)ことにより、脚本の直しをプロデューサーから依頼されたのだ。 「元の話にどう組みこみゃ良いんだかわからないよ」

            失楽園ぼっち ♯毎週ショートショートnote裏お題

            「ねぇ、アタシのアップルパイ食べたでしょ」 サタンの如き形相で、妻が俺を睨んでいる。 「洋介だろ。俺は知らないよ」 鋭い眼光に気圧され、息子のせいにして俺はシラを切った。 「またくだらない嘘ついて。せめて素直に謝ったら」 「…。」 謝っても無駄なのはわかっている。 「あれ、友達が誕生日のお祝いにくれた、ラグノオのやつなのよ」 「メーカーなんて知るかよ。腹減ったから食べただけ」 「ふざけんじゃないわよ!仕事もクビになって、ギャンブルで貯金も溶かして」 「好きでクビになったんじゃ

            話はゆっくり署で聞くから…

            ★朝のメガネ川柳★ メガネかけメガネを探すボケメガネ …メガネかけてるのにメガネを探してしまうアレ。メガネ族なら一度はやってますよね? あ、やってない?? 今日も一日がんばりましょう٩( ᐛ )و

            失恋墓地 ♯毎週ショートショートnote

            ある日のこと、暇に任せてネットサーフィンをしていると、『失恋墓地』なるサイトを見つけた。 興味本意でHPを除いてみると、そこには失恋をした時の立ち直り方や、心を癒すオススメの曲や映画、小説、名言などが掲載されていた。 それ以外に、自身の失恋経験を共有出来る掲示板があった。 幾つか斜め読みで見てみると、甘酸っぱいもの、自業自得なもの、(事実なら)すぐ警察に相談すべきなものなど、多様な失恋の話が感情的、もしくは物語風に描かれていた。 その内の一つを読み終えた後、私は怒りに

            白熊杯 短歌三つ

            短歌も参加します♪ 一つめ。 風に揺れる成人の日の振袖 慣れぬ足取り大人への一歩 二つめ。 悪趣味と言う子に返す言葉なし 画面の向こうのナマハゲの姿 三つめ。 寒空の下洗濯物干して テーブルの上のコーヒー冷めゆく 以上です。 リズム悪めでお送りしました(笑) いつもありがとうございます✨