ショートショート

7

おとーた!っぽい!

「おとーた!っぽい!っぽい!」

顔を真っ赤にさせた息子が唾を飛ばさんばかりに叫んでる。息子が指さす先には赤いゴミ箱が置いてあった。息子が寝る時も抱きしめて離さない、赤い車と同じ絵が描いてある。

俺は困惑して妻を見た。妻も息子が何を言いたいのか分からないようだ。天井に視線を向けてあれかな、これかなと考えている。その目の動きは振り子時計の振り子のように右に左にさまよう。

朝はとても忙しい。その朝

もっとみる
嬉しいですv
7

石橋を叩いても渡れないならどうしようか

石橋の前で一人の男が鉄の金づちを持ち、とんとんとんとん叩いている。かれこれ2時間ほどだろうか。石橋のはるか下には川があるが、流れが早く落ちれば泳ぐことも大変そうだ。それよりも近くの岩に頭をぶつけて一瞬でお陀仏かもしれない。

丈夫そうな石橋ができたのは30年ほど近く前。劣化しているとまでは言わないが、ヒビが所々に見えてどうにも不安で仕方がない。向かい側に行くにはこの石橋を渡るしか方法はなく、渡りた

もっとみる
スキありがとうございます^^
23

【ショートショート】近くて遠い

いつもひとり。いつまでひとり?恋人つくらないの?

「気が向いたらね」

いつなら気が向くの?

「一生向かないかもね」

じゃあ気が向くまでそばにいて良い?

「あなた酔狂ね」

呆れたような顔で振り向いて面倒くさそうに笑った。

そうかもね

「勝手にしたら」

しばらく黙っていたらうつむいて、しくしく泣きだした。去年の今日、兄貴は死んだ。兄貴の命日。兄貴の恋人。俺の憧れの人。背をなでてやれな

もっとみる
感謝感激♪
18

#幸せをテーマに書いてみよう~休日の休息~

「どーぞ」

「ありがとう」

「どーぞ」

「ありがとう」

四階建てアパートの二階、ベランダのある八畳間にはお昼を過ぎたあたりから陽があたるようになる。折り畳み式のちゃぶ台を置き、食事をしたり、ちょっとした作業をすることもあった。今はよちよち歩きの娘、千里と一緒に過ごしている。妻の浩美は久しぶりに友達とお茶をするのだと出かけてしまっていた。

中西健也は区役所の職員として日々働いている。つかの

もっとみる

『 #同じテーマで小説を書こう ~人守る声~ 』

ひゅーひゅーという声がする。いや、声ではなくて音だろう。何十年も前から建っている、古い家屋だから隙間風が吹くのは仕方なかった。暴風雨の中、明かりもない山道をさ迷い歩くよりはましだった。昼間は歩いていれば暑いぐらいの気候だったが、日が落ちるにつれて気温がどんどん下がった。

秋の日はつるべ落としと言うが、茜色の空が浮かび上がった後は凍えそうな冷たい空気に身を震わせた。山奥の秋は多くの実りと豊かさを渡

もっとみる

少し先の未来

「いらっしゃいませ。ご来店ありがとうございます」

大通りから離れた場所に洒落た一軒のブティックがある。町は大きく変わったようには思えないものの、小さな変化が積み重なり、公共交通機関はAIが安全に取り仕切っていた。

普段は家から一歩も出ずに買い物をしていた美恵子は、店舗まで足を運べばもらえるというスカーフを目当てにやって来た。

「本当はいつも通り、家で買い物したかったんだけど」

「大変申し訳

もっとみる
Thank you!
26

ピクルスはいらないよ

「先輩の初めてのデートってどうだったんですか?」

肩までのふわっふわの明るい茶髪を揺らして笑う。眼鏡の奥の黒い瞳が好奇心いっぱいに光っていた。

「私の?初めての?」

そうでーっすとイタズラを企むような顔する後輩に、呆れてため息をついた。5階建てのマンションの一室、日当たりの良い角部屋に住めたことは幸運だった。2階だけど上の階に住む人も下の階に住む人も、隣の人も穏やかな性格だ。小さな子どもを抱

もっとみる
あなたに幸福が訪れますように
20