スクリーンショット_2019-10-09_23

新しい時代へ、嵐の「愛」の歌は響き続ける

ジャニーズ初となる、YouTubeチャンネル開設&サブスク解禁。

この日が、いつか来るだろうとは思っていた。しかし、まさかこのタイミングで、しかも、その快挙を嵐が成し遂げてくれるとは思ってもいなかった。


”A・RA・SHI”

《今日もテレビで言っちゃってる/悲惨な時代だって言っちゃってる/ボクらはいつも探してる/でっかい愛とか希望探してる》


”Love so sweet”

《思い出ずっと ずっと忘れない空 ふたりが離れていっても/こんな好きな人に 出逢う季節二度とない/光ってもっと最高のLady きっとそっと想い届く/信じることがすべて Love so sweet》


”Happiness”

《走り出せ  走り出せ  明日を迎えに行こう/君だけの音を聞かせてよ  全部感じてるよ/止めないで  止めないで  今を動かす気持ち/どんなに小さなつぼみでも  一つだけのHappiness》


”truth”

《たとえどんな世界を描いても  明日は見えなくて/それはまるで百合のように  汚れを知らない/願いは透明なままで》


”Monster”

《僕の記憶が全て消えても  生まれ変わったら  また君を探す/見かけじゃなくて  心を抱いて/満月の夜  君を見つけた  Monster》


J-POPの歴史を美しく彩りながら、昨日よりも今日を、今日よりも明日を、もっと輝かしい1日にするために、僕たちを力強く導き続けてきた光のポップ・ソングたち。

こんなにもでっかい「愛」を、約20年にわたって歌い続けてきたグループは、広い世界を見渡しても、長い歴史を振り返っても、きっと嵐だけだ。

5人が、まっすぐに「愛」を歌ってくれたからこそ、そして、その正しさと可能性を、この時代において力強く示してくれたからこそ、僕たちは、音楽を通して「愛」の力を信じられるようになった。

今の日本の音楽シーンに、たくさんの「愛」の歌が溢れているのは、きっと嵐の5人のおかげだと思う。

考えれば考えるほど、彼らが平成の時代に残してくれた功績の大きさに、涙を堪え切れなくなる。

そして、この感動は、新しい時代へと続いていく。

嵐の英断に、最大限の愛と敬意を、ここに示したい。



【関連記事】




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。 これからも引き続き、「音楽」と「映画」を「言葉」にして綴っていきます。共感してくださった方は、フォロー/サポートをして頂けたら嬉しいです。 もしサポートを頂けた場合は、新しく「言葉」を綴ることで、全力でご期待に応えていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23
編集者/ライター/音楽/映画/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業 ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年より、渋谷のITメガベンチャー企業にてメディア戦略を担当/音楽や映画のコラム記事を毎日アップしていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。