土曜ソリトンSide-B : あれから20年

13
ノート

「夢の中で会えるでしょう」 キングトーンズに捧ぐ

キングトーンズのリーダー、内田正人さんの訃報を知る。

子供の頃、テレビでよく聞いていた名曲「グッドナイト・ベイビー」(1968)。このデビュー・シングルは大ヒットし、オリコン2位を記録。
米ビルボード・R&B部門でも 48位に。

僕が触れた、最初の和製R&Bでもあった。

1993年ごろ、キングトーンズへの曲提供の依頼を頂いた。
その頃、シュガー・ベイブの「DOWN TOWN」が元々はキングト

もっとみる

夢の中で会えるでしょう:追悼・キングトーンズ内田正人

「夢の中で会えるでしょう」は元々、キングトーンズのために書き下ろした作品でした。
「土曜ソリトンSide-B」でのこの共演は、宝物です。
ありがとうございました。安らかに。。。

☆☆☆☆☆
30

土曜ソリトンSide-B / あれから20+5年

マガジン「土曜ソリトン Side-B あれから20年」が未完のまま放置されて、はや5年。最近このマガジンをフォローしてくれた方もいるので、その間の出来事〜現在までをまとめておきます。

東京・吉祥寺のイベントスペース「キチム」の原田奈々さんから「ソリトンみたいなイメージでトークイベントやりませんか?」と提案されたのが2015年、ソリトン20周年を振り返り始めた時でした。

それは面白そう!
と20

もっとみる
これからもよろしくです!
34

土曜ソリトンSide-B : あれから20年 ①

その1:プロローグ

「ソリトンSide-B、観てました」 いままで何度この言葉を聞いただろう。

『土曜ソリトンSide-B』は1995年4月から一年間、NHK教育テレビ(弦・Eテレ)で放送されたバラエティ。僕は緒川たまきさんと2人で司会を務め、毎週エンディングで弾き語りをした。「1年間だけだったんですか? もっと長かったと思ってました」と、これも数えきれないくらい何度も聞いたことば。

もっとみる

土曜ソリトンSide-B : あれから20年 ②

その2:激しい時

 ソリトンSide-Bの始まる直前の1995年1月〜3月、とにかく激しかった時代。番組の思い出を語る前に、あの頃のことを思い出してみる。記憶がかすれてしまう前に。

1月17日 - 午前5時46分「兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)」発生。

 1995年1月17日火曜日午前11時過ぎ、僕は寝坊してあわてて身支度をして、外苑東通りを西麻布方面に向かって走っていた。事務所でT

もっとみる

土曜ソリトンSide-B : あれから20年③

その3:All over, Starting over

 1995年1月。僕は月〜金でドラマの撮影をしながら、土・日でレコーディングをしていた。準主役、初めての演技、しかも運動が苦手な自分が、時にバイクに乗ったり(もちろん二輪免許はないので、バイクを降りるだけの演技をしたらあまりのぎこちなさにスタッフから苦笑が漏れて、それ以降は却下された)スポーツカーを駆る(急ブレーキで停めるシーンなどはスタン

もっとみる
☆(ハイタッチした気分)
55

土曜ソリトンSide-B : あれから20年④

その4:相変わらずさ

 1995年3月。阪神・淡路大震災から2ヶ月後、日本を揺るがす大事件がまた起きた。

3月20日 - オウム真理教によって地下鉄サリン事件発生。13人が死亡、5,510人が重軽傷。

 僕が契約していた東芝EMIは当時港区・溜池にあって、通勤中に被害にあった社員の方もいた。オウム本部のビルもよく通る道沿いにあったので、報道陣が何ヶ月もビルの周りを取り囲んでいたのを今でも思い

もっとみる
☆(ハイタッチした気分)
40

土曜ソリトンSide-B : あれから20年⑤

その5:ETVYOUYMO

 「土曜ソリトンside-B」の放送は毎週土曜、午後10時からの45分だった。
そういえば「虹の都へ」のヒットのきっかけになった「ねるとん紅鯨団」(番組中のCMで繰り返し曲が流れた)も土曜の夜の番組だった。

 NHKアーカイブスの解説ページによれば、土曜の夜の教育テレビ(現・Eテレ)は、ず〜っと「若者向け番組」の時間帯なのだそうだ。
http://www.nhk.o

もっとみる
th@nks !
40

土曜ソリトンSide-B : あれから20年⑥

その6:僕と教授とテイ君のこと - part1

 その日、「土曜ソリトンSide-B」の収録現場は、それまでとは違う緊張感と興奮に包まれていた。坂本龍一さんがゲストでやってくるのだ。

 坂本さんの出演した回のサイドBはそれまででもっとも高い視聴率を記録した。番組中、カラオケでは水原弘の「黒い花びら」を歌うというレアなエピソードが坂本さん自らの口から語られると、翌日の某全国紙朝刊の「天声人語

もっとみる
☆☆☆☆☆
32

土曜ソリトンSide-B : あれから20年⑦

その7:僕と教授とテイ君のこと - part2

 「土曜ソリトンSide-B」開始から遡ること一年前の1994年。この年、高野寛の活動はそれまでのポップシンガーとしての枠から大きく逸脱してきた。

 まず、坂本龍一さんのソロアルバム「Sweet Revenge」へのヴォーカルとギターでのゲスト参加。そしてテイ・トウワ君の「Future Listening !」のギタリストとしての参加。この2つの

もっとみる
ありがとう!メッセージは毎回変わるので、他でも試してみてくださいね。
29