高野寛のnote

note歴9年目のミュージシャン。写真撮るのも大好きです(愛機:SIGMA fp / fpL) https://linktr.ee/takanohiroshi

高野寛のnote

note歴9年目のミュージシャン。写真撮るのも大好きです(愛機:SIGMA fp / fpL) https://linktr.ee/takanohiroshi

    マガジン

    • ギターデザインブック

      ギターとギター改造の偏愛録。

    • CAMERA TALK

      写真とカメラのはなし。

    • 乱筆・乱文にて失礼

      エッセイ・ブログ的なものです (基本無料)

    ストア

    • 商品の画像

      Bandcamp sampler (CD-R)

      2020年〜2022年にbandcampで配信リリースされた音源から10曲をセレクト、
新たにリマスター・コンパイルされたアルバム(全46分)レーベル面には直筆サインとタイトル入り。*CD-Rとなります。アナログシングルではございません。*完全受注生産です。1月20日以降、順次発送となります。受注多数の場合、2週間程度お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。--Bandcamp sampler1. STAY, STAY, STAY (new mix)
2. サナギの世界 (new mix)
3. Isolation (new mix)  
4. 僕ら、バラバラ (new mix)  
5. 連なるシーン(instrumental)  
6. シュール・ガス   
7. 世界は悲しすぎる (2022 ver.)
8. 相変わらずさ (2022 ver.)
9. 魔法のことば  
10. 20221026(instrumental) 全作詞・作曲:高野 寛
      ¥2,500
      H.TAKANO ONLINE SHOP
    • 商品の画像

      「City Folklore」(シティ・フォークロア)(2019) ​ *未配信デモ音源7曲収録

      *デビュー30周年記念オリジナルフルアルバム。サウンドプロデューサーに冨田恵一(冨田ラボ)が全面的に参加、ポップマエストロ同士の初のコラボレーションによって生み出された新しい歌の世界。ベステンダンクの2019年バージョンと、ハース・マルティネスの名曲「Altogther alone」のカヴァーを含む2019年型のNEO CITY POPアルバム。​アルバムアートワークは忌野清志郎の長女・百世 (momoyo) による消しゴムハンコ作品。​CD限定のボーナストラックには、7曲のデモ音源・ライブ音源も収録。プロデュースされた音源とのビフォー・アフターも楽しめる。1. 魔法のメロディ2. もう、いいかい3. Wanna be4. Altogether Alone5. ピエールとマリの光6. はれるや7. Tokyo Sky Blue8. 停留所まで9. ベステンダンク(2019 ver.)​Bonus Tracks(CD限定収録)10. 魔法のメロディ (Demo 2018)11. もう、いいかい (Live 2019)12. Wanna be (Demo 2019)13. ピエールとマリの光 (Demo 2016)14. はれるや (Demo 2014)15. TOKYO SKY BLUE (Demo 2016)16. 停留所まで (Demo 1999)
      ¥2,970
      H.TAKANO ONLINE SHOP
    • 商品の画像

      Bandcamp sampler (CD-R)

      2020年〜2022年にbandcampで配信リリースされた音源から10曲をセレクト、
新たにリマスター・コンパイルされたアルバム(全46分)レーベル面には直筆サインとタイトル入り。*CD-Rとなります。アナログシングルではございません。*完全受注生産です。1月20日以降、順次発送となります。受注多数の場合、2週間程度お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。--Bandcamp sampler1. STAY, STAY, STAY (new mix)
2. サナギの世界 (new mix)
3. Isolation (new mix)  
4. 僕ら、バラバラ (new mix)  
5. 連なるシーン(instrumental)  
6. シュール・ガス   
7. 世界は悲しすぎる (2022 ver.)
8. 相変わらずさ (2022 ver.)
9. 魔法のことば  
10. 20221026(instrumental) 全作詞・作曲:高野 寛
      ¥2,500
      H.TAKANO ONLINE SHOP
    • 商品の画像

      「City Folklore」(シティ・フォークロア)(2019) ​ *未配信デモ音源7曲収録

      *デビュー30周年記念オリジナルフルアルバム。サウンドプロデューサーに冨田恵一(冨田ラボ)が全面的に参加、ポップマエストロ同士の初のコラボレーションによって生み出された新しい歌の世界。ベステンダンクの2019年バージョンと、ハース・マルティネスの名曲「Altogther alone」のカヴァーを含む2019年型のNEO CITY POPアルバム。​アルバムアートワークは忌野清志郎の長女・百世 (momoyo) による消しゴムハンコ作品。​CD限定のボーナストラックには、7曲のデモ音源・ライブ音源も収録。プロデュースされた音源とのビフォー・アフターも楽しめる。1. 魔法のメロディ2. もう、いいかい3. Wanna be4. Altogether Alone5. ピエールとマリの光6. はれるや7. Tokyo Sky Blue8. 停留所まで9. ベステンダンク(2019 ver.)​Bonus Tracks(CD限定収録)10. 魔法のメロディ (Demo 2018)11. もう、いいかい (Live 2019)12. Wanna be (Demo 2019)13. ピエールとマリの光 (Demo 2016)14. はれるや (Demo 2014)15. TOKYO SKY BLUE (Demo 2016)16. 停留所まで (Demo 1999)
      ¥2,970
      H.TAKANO ONLINE SHOP
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    「高野寛のnote」の歩き方

    まずは自己紹介を。 高野寛:ミュージシャン 1964年12月14日生まれ 射手座・B型 1988年 アルバム「hullo hulloa」でデビュー(高橋幸宏プロデュース)。 当時まだ珍しかった宅録系SSWとしてキャリアをスタート。 90年代はJ-POPのフィールドを中心に、2000年以降はソロでのアコースティックギターとライブ活動、バンドやコラボ作品の制作を両輪として、歌い、奏でています。 2020年のコロナ禍以降は、新しい配信ライブの形を模索するプロジェクト「新生音楽(

      • Hologram Microcosm 日本語マニュアル・無料配布します & 作例

        先日手に入れたHologram Microcosmというエフェクター。 試奏動画を観てどうしても手に入れたくなり、運良くギタリストの永井聖一君に譲ってもらえたので、いろいろ試しているところ。 正規に日本に輸入されておらず、マニュアルは英文しかない。必要なところだけ読みながら使っていたが、多機能かつワークフローがかなり独特なので、マニュアル読み込まないと無理という結論に達し、一念発起して英文pdfをDeepLで和訳したものを作った。欲しい人どのくらいいるかわからないけど、無料

        • +6

          薔薇、ばら、バラ (*SIGMA fpL+90mm f2.8)

          • 通算500サポート、感謝です。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ギターデザインブック
            高野寛のnote
          • CAMERA TALK
            高野寛のnote
          • 乱筆・乱文にて失礼
            高野寛のnote
          • bandcampのススメ
            高野寛のnote
          • ずっと、音だけを追いかけてきた
            高野寛のnote
            ¥3,000
          • 「新生音楽」(シンライブ)の記録(2020.3月〜)
            高野寛のnote

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            俺のギターが火を吹くぜ

            ギターソロのツイートが若干バズって改めて気付かされたけど、俺がギターが好きだってことは一部にしか知られてないみたいだ (今回一人称「俺」で)。 シンプルに、ギターソロが気に入ってる曲を貼ってみる(順不同)。アドリブは今でもあまり得意じゃないので、ソロも構築して流れの中で少し遊ぶのが好み。 --------------------------------------------------- *sans ampにマーシャル・ガバナーぶち込んで。ギターはP-Projectの

            ギターソロを聴きたいね

            先週、こんなツイートをした。 5月下旬で「♡」は7000強。バズったというほどではない。 僕としてはノージさんのツイートに応える気持ちで軽くつぶやいただけだったが、これがギター好きミュージシャンたちの間で拡散して、5/6はずっと「ギターソロ」がトレンドワードになっていた。「スキップ」を「小走りに飛び跳ねる」方のスキップと勘違いした方も多かったらしく、それも拡散した一つの理由だったよう。 2014年から京都精華大学ポピュラーカルチャー学部(以下「ポ学部」)というところで学生

            2022.4.12(火)この窓の向こう側に

            好奇心から、いろんなSNSやコミュニティに参加してきた。 ちなみに、現在のフォロワー数はこんな感じ。(リンクはってあります) こうしてリストアップしてみると、noteは自分にとって2番目にフォロワーの多いメディアだったと改めて気づく。この繋がりは、大事にしよう。 それにしてもいろいろやりすぎではあるかもしれない(苦笑)それぞれのコミュニティの雰囲気を知っておきたいのと、それぞれに合わせて内容を変えたらどんな反応が返ってくるのか、社会実験的側面もある。 ちなみに、SNS系

            NFT社会科見学・序章

            ふと思い立って、NFTの世界に参加してみました。 ここまでが結構大変だった... まだわからないことだらけですが、まずは開店のお知らせ。 始めようと思った動機など、連載します。 https://opensea.io/HAAS_aka_Takano_Hiroshi

            2作品・配信リリース!

            今月も、bandcamp fridayのタイミングに合わせて新作をリリース。 今回は特典のデジタルブックレットがないので、ここで詳細を書きます。 ①Nathalie Wise 18年ぶりの新シングルナタリーワイズはBIKKE、斉藤哲也、高野寛によるバンド。2001年に結成、3枚のアルバムを発表した後、活動休止。2021年4月に無観客配信ライブで「再奏」、サブスク解禁やライブ、bandcampでのライブアルバムリリースを経た後、今回18年ぶりの新曲を解禁。 1曲目はBIKK

            高野寛のbandcamp・まとめ

            アメリカの独立系配信サイト・bandcampを利用し始めて4年ほど経ちます。自分にはとても使いやすく、気がつけば全32アイテム、200曲以上の他では聴けない音源を配信しています。膨大になってきたので、まとめです。大きく3つのジャンルに大別できます。 ①ライブ音源 過去のライブの未発表音源。ソロ、ナタリー・ワイズ(BIKKE/斉藤哲也/高野寛によるバンド)、セッションのライブ。 ↓最新リリースは2019年の30周年記念ライブより。 ②宅録音源 最新の録り下ろし〜学生時代の

            遠くて近いウクライナ

            2022年2月24日(木)、ロシアがウクライナへの全面侵攻を始めた。世界のパンデミックがまだ収束していないこの時期に、武力行使を実行してしまう国があるという事実には、心底驚いた。そしてウクライナのことを全く知らない不勉強を恥じて、少し調べた。 複雑な地政学的条件もあって、東西の大国に翻弄され続けてきたその歴史が見えてきた。1976年以来、キエフと京都が姉妹都市の関係にあることも知った。 ---- 実は以前、ポーランドとウクライナの国境まで行ったことがある。2005年に宮沢

            Nice Painting ! 2021について

            bandcampから新しいアルバム「Nice Painting ! 2021」をリリースした。 「Nice Painting !」は2000年頃からシリーズ化していた未発表デモ音源のコンピで、bandcampには以前会場限定販売CDで販売したvol.1, vol.2、そして大学時代の作品をまとめたvol.0がリリースされている。 元々noteを始めたキッカケの一つに、日本語環境で音楽がすぐ配信販売できる機能を使ってみたいという動機があった。2018年頃、この機能を使って新

            2021年7〜10月 bandcamp まとめ

            前回bandcampの記事を書いてから5ヶ月が過ぎました。その間に4枚のアルバムとシングル1曲リリースしたので、まとめて紹介します。アルバムは全部名義が違っていて、4作中3作がライブ盤。ライブが思うようにできない今だからこそ、自分でもライブ音源を聴きたい気分なのです。 *そもそもbandcampって何?という方はこちら↓ を 7/5リリース: birds go modern ( B​.​G​.​M​.​) / HAAS a.k.a. Hiroshi Takano 6月に

            play ▶ (再生)

            サウンド&レコーディングマガジン(以下サンレコ)・40周年記念号の巻頭特集のために、カセットMTRだけを使ってこの夏新曲を録った。 太古(誇張ではなくて、録音史の40年前は大昔)の機材での作業は制約だらけだったけど、大学時代の感覚が蘇ってきて楽しかった。音源は無料公開されているので聴いてみてください。作業の詳細は特集紙面を。 カセットMTRは、カセットテープのA面2トラックとB面2トラックを同時に使うことで4つのパートを録音できる、1970〜80年代の機材。この夏、机の真

            2021.5.7(金)「歌とギター/LIVE 2018」リリース

            毎月続けている配信リリース。今月は2018年のツアーから岡山・蔭凉寺のライブ音源をアルバムにまとめました。とても良い録音が残っていて、自分でも聴いていて臨場感に唸るほどでした。 まずは聴きながらどうぞ。 「歌とギター / LIVE 2018」 2021.5.7.release. 1.(それは)music 2. 珍般人 3. ハルノヒ 4. Candle of Hope 5. 180° 6. 夜の海を走って月を見た 7. とおくはなれて 8. Dog Year, Go