マガジンのカバー画像

ずっと、音だけを追いかけてきた

45
デビューから30年の航跡を振り返る入魂の自伝的エッセイ。各章は¥200の価格ですが、マガジンをご購入頂くと30年分の全エピソード(全42話・¥8400相当)を¥3000でご購読い… もっと読む
動画、未発表写真など貴重な資料も引用しながら、今まで語ることの少なかった出来事や心情も、時に赤裸々… もっと詳しく
¥3,000
運営しているクリエイター

記事一覧

「ずっと、音だけを追いかけてきた」 鋭意加筆修正中

*書籍化を目指して、少しずつ進めています。 記事の中で使われた古い写真をどうぞ。 (写真…

夢を食べることとつくること(1986①)

*7/28 加筆・訂正しました まえがき2018年10月に、デビュー30周年を迎えることになった。流…

200

TENTレーベルオーディション・高橋幸宏さん、ムーンライダーズとの出会い (19…

*2019.8.7. 大幅加筆・修正しました。 *このエッセイは来年春まで毎週連載を続ける予定で…

200

THE BEATNIKSツアーに参加・ギタリストとしての葛藤、焦燥の日々を超えて…

*19.12.5. リハーサルの短い動画を追加しました。 *このページ単体で¥200でも読めますが、…

200

ソロデビュー・歌を探して (1988)

*2020.1.25. しばらく全文無料公開の設定にします。 *このエッセイはページ単体で¥200でも…

200

トッド・ラングレンとの出会い / 時間に追われて(1989①)

*8/28、大幅加筆修正と写真追加しました。 *このエッセイはページ単体で¥200でも読めます…

200

「虹の都へ」 トッド・ラングレンとの最低で最高な録音の日々(1989②)

*このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追いかけてきた」を購入していただくとデビューから30年に渡る42話の連載全てを読むことが出来るので、おすすめです。 初めてのアメリカは、トランジットのトラブルなどもあって遠かった。たどり着いたニューヨークシティから北へ車で2時間半、トッド・ラングレンのプライベートスタジオがあるウッドストックへ。空港からストレッチ・リムジンに乗って(アメリカではタクシー代わりに普通に使うものだと聞いた)

スキ
63
有料
200

「虹の都へ」発売・喧騒の中へ(1990①)

*9/8 加筆訂正しました。 *このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガ…

200

「ベステン ダンク」と叫びながら(1990②)

*19/9/12 後半を大幅加筆修正しました。 *このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが…

200

湾岸戦争をアメリカから見つめて・AWAKENING / 目覚め(1991)

*9/17 大幅加筆修正しました。 *このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、マガジ…

200

清志郎さんと冬物語と共作の日々(1992)

*このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追い…

200

ここはどこか・渋谷系とJ-POPの狭間で(1993)

*このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追い…

200

テイ・トウワ君・坂本龍一さんとのレコーディング : TOKYO-N.Y.(199…

*このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追い…

200

坂本龍一ワールドツアーへの参加 - 再び、ギタリストとして(1994②)

*2/8 ヨーロッパツアー時の写真2枚追加しました。 *6/30 動画を追加しました。 *19.11.18 加筆修正しました。 *このエッセイはページ単体で¥200で購入できますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追いかけてきた」を購入していただくと連載の全ての記事(全42話・¥8400相当)を読むことができるのでおすすめです。。 なおこの項は、以前「土曜ソリトンSide-B あれから20年」無料マガジンで公開した文に大幅加筆・訂正し、写真を加えたものです。 ちょ

スキ
72
有料
200