乱筆・乱文にて失礼

39
ノート

「Yellow Magic Children #1」 先行配信スタート

僕が3月にバンマスをつとめたYMOトリビュートイベントのライブ盤「Yellow Magic Children #1」の先行配信が始まりました。

坂本龍一さんが3歳の坂本美雨さんに向けて書いたとされる曲を美雨さん自らが歌った「ONGAKU (feat.坂本美雨)」そしてFire Crackerの2曲。CDは12/25発売です。

初回限定版はYMOの「増殖」と同じ25センチのダンボール特殊仕様

もっとみる
これからもよろしくです!
31

「Yellow Magic Children #1」12/25 発売

2019年3月14日、YMOに影響を受けたミュージシャンによるライブ「Yellow Magic Chilren 〜40年後のYMOの遺伝子」が東京・新宿文化センターで開かれた。

YMCバンド(バンマス・高野寛、高田漣、ゴンドウトモヒコ、白根賢一、沖山優司、網守将平)の演奏に加え、HANA、坂本美雨、細野悠太、野宮真貴+カジヒデキ、DAOKO+片寄明人、宮沢和史という世代もジャンルも多岐にわた

もっとみる
これからもよろしくです!
34
これからもよろしくです!
35

2019年10月・台風19号

*お亡くなりになった方に、心からお悔やみ申し上げます。
被害に遭われた方々にも、お見舞い申し上げます。

超巨大台風、19号が明日10月12日(土)日本に迫る。週末に出演予定だったイベントはキャンセルになった。11日(金)昼過ぎに電車の運休が発表され、高速も通行止めの可能性とのこと。

ブルーシートが残る千葉や大阪(台風21号からもう1年経つのに、今も新幹線からブルーシートが見える)、作業中の福島

もっとみる
ありがとう!メッセージは毎回変わるので、他でも試してみてくださいね。
75

30周年の締めくくり・5年ぶりのオリジナルフルアルバム発売・ツアーとバンドワンマン

■ デビュー30周年の締めくくりに5年ぶりのオリジナルフルアルバムが発売されました。CDのみ、デモ音源・ライブ音源など7曲のボーナストラックあり。

「City Folklore」(シティ・フォークロア)/ 高野寛
SBST-009 2019.10.9. release. ¥3,000 (本体価格)+tax

*プロデュース:冨田恵一(冨田ラボ)
*ジャケットアートワーク:百世 momoyo(忌野

もっとみる
th@nks !
72

高野寛:プロフィール

自己紹介します。

高野寛:ミュージシャン
1964年12月14日生まれ 射手座・B型
1988年 アルバム「hullo hulloa」でデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
代表曲は、「虹の都へ」「ベステンダンク」(トッド・ラングレンプロデュース)など。

デビュー時は当時まだ珍しかった宅録系SSWとしてキャリアをスタート、
21世紀以降はアコースティックギターとライブを軸に歌い続ける。

デビュ

もっとみる
ツイッターとインスタは、@takano_hiroshiです。
38

「noteではじめる新しいアウトプットの教室」インタビューの補足です。

今日、8/26に発売された「noteではじめる新しいアウトプットの教室」に高野寛のインタビューが掲載されています。音楽、テキスト、写真、動画など様々な形でnoteにコンテンツをアウトプットし続けて5年が経った今、率直に思うところを語っています。

ちょうどフォロワー10000人超えしてすぐのタイミングでのインタビューのリリース、嬉しかったです。ところが本全体を読んでみると、他のクリエイターの方々の

もっとみる
ツイッターとインスタは、@takano_hiroshiです。
47

最近の模写

小学生の頃は漫画の模写に余念がなかったのですが、同級生の山田くんの圧倒的な画力にはどうやっても敵わないと悟り、漫画家になるという夢は小6の時に捨てました。細野晴臣さんも同級生の西岸良平さんの漫画を見て漫画家になることを諦めたそうです。山田くんは今何をしてるのかな... 

西岸良平とYMO細野晴臣……一見何ら関係のない2人のように思えますが、かつて彼らには、共に過ごした青春時代がありました。西岸良

もっとみる
ありがとうございます!
37

この声は小さすぎて 君の元までは届かない たとえそれを知っていても 叫ばずにいられない (選挙の話)

選挙の季節ですね。

投票率の低さ、特に若い世代の無関心が話題になっていますが、僕自身も二十代の頃は選挙に行った記憶がないので、偉そうな顔はできません。

最初に記憶に残っている選挙は僕が30歳の頃、1995年4月の都知事選です。青島幸男さんに投票、見事当選しました。正直、知事選びをそれほど深く考えたわけではありませんでした。青島さんは子供の頃からテレビで時々見かけていたし、「スーダラ節」の作詞

もっとみる
コメントも、楽しみに読んでいます!
193

フィッシュマンズと清志郎さんと、音楽の遺伝子

先週、野音で忌野清志郎さんの没後10周年のトリビュートイベントに参加して、昨日は渋谷・円山町界隈のCINRAのサーキットイベント「CROSSING CARNIVAL'19」に出た。フィッシュマンズ・佐藤くんの没後20周年へのトリビュートがイベント全体のテーマにもなっていて、かなり盛り上がっていた。もう20年なんて。数えるとたしかにそうだけど、実感は沸かない。

僕は蓮沼執太フィルにゲスト参加。蓮沼

もっとみる
☆☆☆☆☆
52