社会保険労務士法人TENcolorsスタッフ

東京都中央区新川にある社会保険労務士法人TEN colorsで働くスタッフ達の日常no…

社会保険労務士法人TENcolorsスタッフ

東京都中央区新川にある社会保険労務士法人TEN colorsで働くスタッフ達の日常noteです。

最近の記事

TEN colorsの中の人 スタッフB

古くは「スティング」でポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが魅せたように、また、個人的はそのロバート・レッドフォードにそっくりだと思っているブラッド・ピットが、ジョージ・クルーニーと組んで「オーシャンズ11」で大金を巻き上げたように、昔から「コンゲーム」を描いたジャンルの映画が好きだ。騙し騙され、身内でさえも欺いて、いや、欺かれたフリをして、ターゲットを追い詰め、目的を果たす。痛快の一言につきるどんでん返しは、非日常の最たるもので、気分が爽快になる。しかしだからと言っ

    • TEN colorsの中の人 スタッフR

      今年は昨年に比べ、桜の開花が遅い。 ここのところ、入学式の頃には散っている桜が、まさに喜びに染まった頬と競演するかのようなタイミングで満開を迎える。 4月に入ってからならば寒くないお花見ができるのではないかと、それもまた期待の内にある。 ところで屋外で食べるご飯と言えば弁当だが、割り箸の袋の中に爪楊枝が入るようになったのはいつ頃からなのだろう。 この間まで、爪楊枝の必要性をあまり感じてはいなかったが、昨今歯茎の衰えに乗じて、特に肉の筋繊維が挟まってとれなくなることが多く、格段

      • TEN colorsの中の人 スタッフK

        首都圏の交通網、特に電車の路線図は、極めて複雑だ。 2020年東京オリンピックのためだったか、メトロのそれぞれの路線にアルファベットと番号が振られ、ちょっとはわかりやすくなったのかもしれないが、それでも迷路のようであることに変わりはない。 そんな複雑な絡み合いの中で、JRとメトロ、また都営線を含む在来の各線が、互いにそのまま乗り入れて先に進む柔軟さが好きだ。目的地に向かうために、違う路線同士そっと手を繋いで助けてくれているみたいだと思う。 ただ、そのせいで、どこかで起こったア

        • TEN colorsの中の人 スタッフJ

          突然の自分語りだが、私は猫舌ではない。 グツグツと赤い破裂を繰り返すチゲ鍋にも恐れ知らずである。 しかし、食べるのに慎重に構えてしまう熱々メニューもある。 小籠包だ。 湯気の立ち昇り方は、内に秘めるそれの10分の1にも満たない。 蓮華に載せて皮を先に破るという不文律を知らなければ、大事故になってしまうだろう。 見た目より、圧倒的に中身が熱い。 そう、スタッフJには、そんなところがある。 彼女はいつも高いヒールの靴を履きこなす。 背筋を伸ばし、シャキッと仕事に向かう。その気概

        TEN colorsの中の人 スタッフB

          TEN colorsの中の人 スタッフC

          昨日はコンクリートのようなグレーの空から小雨がぱらついて、今季一番の寒さかと思われたが、今日は一転快晴だ。車窓から見る空は果てしなく青い。 重たい空気の中では息を潜めているかのようだった風景が、隅々までよく見えて、建物が絶妙なグラデーションを織り成しているのがわかる。 太陽の光によって街本来の姿がそこにくっきりと輪郭を現すのを見て、彼女が本来の姿を見せてくれるまで、時間を要したことを思い出した。 スタッフCは、初めから自己開示していたわけではない。 この話になると、結局のと

          TEN colorsの中の人 スタッフC

          TEN colorsの中の人 スタッフH

          新年を迎え、久しぶりに新しいスニーカーを買った。 今どきのスニーカーは素材がいろいろあって、一見ゴム底のようだが、まるっきり軽く、年々脚力の衰えを感じる中年にはすごくありがたい。 いつもより足取りも軽く歩き出したら、素材は違えど、ソールがアスファルトをキュッと掴むような感覚が蘇る。おろしたてのスニーカーでしか味わえない不思議なそれをこそばゆくも感じながら、新しい事に食いつくと言えば彼女だよなぁと思い出した。 スタッフHにはそんなところがある。 彼女は我々のリーダーだ。 元来

          TEN colorsの中の人 スタッフH

          TEN colorsの中の人 スタッフY

          今朝、家を出て駅に急ぐ途中、保育園に連れられてきた乳母車の乳児と目が合った。 その一瞬で、全く邪気のない笑みが私をとらえ、反射的に微笑み返す。 温かい気持ちになりながら、ふと、さっきの笑顔が誰かに似ていると気づく。 スタッフY、かもしれない。 彼女はいつも、zoomの中で涼しい顔をしている。 メガネの奥に真剣な眼差しをキラキラさせて、画面をじっと見ている。 それでも時折ふっと笑う時、その屈託のなさと言ったら…まさに今朝見かけた乳児のそれなんだ、いや、大人の女性の笑顔が乳児と

          TEN colorsの中の人 スタッフY

          コーヒーを呑むようにライブを楽しみたい

          こんにちは! スタッフAです。 11月が寒くなかったですね…今年は。 温暖化ってこんなスピードなんでしたっけ? 恐ろしいですよね。 さて、前回、S2Wという2週間の特別休暇に入りますと宣言しましたが、はい、無事戻ってまいりました。 何泊もどこかに行くこともしなかったのですが、ちょこちょこと楽しませていただきまして、その中身をほんのりご紹介します。 まず、人生初めての新宿ルミネでの吉本、月曜の夕方でしたが、修学旅行生や、他にもお客様たくさん入ってました。大好きな中川家を生

          コーヒーを呑むようにライブを楽しみたい

          S2W

          おはようございます! 秋も深まってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか? 相変わらずのスタッフAでございます。 突然ですが私明日から2週間、休みに入ります。 お暇を出されたというわけではなくて、今年度からTEN colorsが取り組み始めた福利厚生のプログラム「スペシャル2ウィーク」というものがありまして、それの対象になるのです。 コンタクトレンズみたいな名前ですが、すごいです。2週間、全く仕事をしない期間になります。しかも、有給休暇!福利厚生の一環という側面と、その

          このゆびとーまれ!と聞いて思い出すのはなんの遊び?

          こんにちは!スタッフAでございます。 今月はギリギリになってしまった!! なんだか気忙しい月でございました。 さて、そんな中、弊所、今年度もリクルーティングを始めました。急ぎの採用ではないのですが、良い方がいらっしゃったら…と!! 昨年に引き続き、スタッフだけで作るリクルーティングプログラムも作成し、旧ツイッターのスペースで放送しております。 このプログラム、タイトルを『このゆびとまれ』って言うんですが、ほんとに、数ある指の中から私達の指を選んでくれてありがとうっていう気

          このゆびとーまれ!と聞いて思い出すのはなんの遊び?

          人を繋ぐツールアレコレ

          おはようございます!スタッフAです。 8月も終わろうとしていますが、まだまだ暑いですね。 さて、今回のnoteではTEN colorsのリモートワークについて話して行こうと思います。 リモートワーク、コロナでものすごく定着しましたが、今逆に対面して仕事しようっていう気運が高まっているとか。 当法人では、月に1日、必ず全員集まるmtgがあります。もっとも、それにも来られない遠方のスタッフもいるのですが、基本は全員が顔を合わせることになっています。 逆に言うと、その時以外は事

          昔書いたポエムを引っ張り出されるってどういうこと?

          どうも!Aでございます。 今月のnoteはギリギリになってしまいました。なんだか気忙しかったです、7月。 先月からずっと咳がしつこく続いてまして、だいぶ良くはなったんですけども、完治とまではいってないんですよね。咳止め薬の在庫がいろんなところでなくなってるようで、そういう時期なんでしょうかね。 さて、今回はいろんなところで話題にしているTEN colorsで代表が職員と2週間に1回の頻度で行う個人面談について書いてみたいと思います。 個人面談、2週間に1回って、何話すのそ

          昔書いたポエムを引っ張り出されるってどういうこと?

          あきらめたらそこで試合終了ですよ

          どうもー!スタッフAでございます。 いきなりの名台詞です。安西先生です。 そうなんです。6月4日の日曜日に、滑り込みで観てきました。 『THE FIRST SLAMDUNK』 その昔、私ではなく4歳下の弟がですね、SLAMDUNKにはまり、 バスケ部に入り、NBAを見まくってまして、そしたら私ももれなく一緒になって漫画読んだり、シカゴブルズに熱狂したりすることになりまして、「1秒ってこんなに長いんだ」って、驚きました。 ほんとに、実際の試合でも、数秒で勝ち負けがひっくり返るん

          あきらめたらそこで試合終了ですよ

          スペシャル2ウィーク

          スタッフAです。 雨降ったり暑くなったり、季節感出すのも忙しい今日この頃ですが、我々TEN colorsは、今月、一大企画のキックオフがありました。 「スペシャル2ウィーク」と名付けられたその企画は、文字通り、従業員が2週間休むというものです。 その2週間の間、当該のスタッフとは一切連絡とりません。 よくない例えかもしれませんが、「ICUに入ってると思うように」というお達しが代表から出ております。 「ICUにいるとこ悪いんだけど、◯◯様にお電話してもらえる?」 とは言えない

          己に克つ 己に喝

          こんにちは! スタッフAです。 昨日から始まった大型連休、今年は結構大型ですね。もはや5月1日と2日、仕事とか学校とか、上の空になりそうで怖いです。 せっかくの連休ですが、これといって予定を入れていないA。 日常の中で計画ということをあまりしないということをこの歳になって再確認してます。 行き当たりばったりの毎日なんです、ほとんど… いつもと違う予定が入っていたら幾分か違います、それによって他のこと決まってくるから。 だけど余白が多いとダメですね。概ね惰眠を貪るだけってなっ

          それぞれの立場で

          おはようございます。 スタッフAでございます。 明日から4月!光陰矢の如しと言いますが、矢の速さがあまりピンとこないので、もう、「光陰佐々木朗希の如し」がいいんじゃないかとさえ思います。そんな、時間の流れの一瞬なことよ… さて、先日、私を含むスタッフだけで行う給与計算セミナーをオンラインで行いました。 スタッフBが主導して、資料などを作成してくれ、解説もしてくれましたので、私なぞは相槌担当をしていただけですが、なんとか開催することができました。 資料への修正提案などは代表に