連載 閉ざされた国 サウジアラビアをわかりやすく

15

はじめに

※初めての方へ
無料マガジンをご覧ください。目次を整理して読みやすくしています。
https://note.mu/saudi_arabia/m/m109376622c60

 2017年の夏に、サウジアラビア政府の政策コンサルタントとして勤務しました。「日本人がなぜサウジ政府で」と疑問に思われるかもしれません。

 サウジ政府は、政策立案を行うため、米国の大学や戦略コンサルと提携しています。私は

もっとみる

1-1. サウジのお店が昼間に閉店する理由

【3行まとめ】
・サウジの国教はイスラム教。礼拝の時間にお店が閉まるなど、日常生活に様々な影響。また、アルコールと豚肉が厳格に禁止されている。イスラムの教えを理解するには、7世紀当時を想像するとわかりやすい。

(写真は、イスラム教のお祈りの時間に閉店しているレストランの看板。西部の港町ジェッダにて。) 

 サウジアラビアと聞いて、皆さんは何を想像されるでしょうか。「アラブの石油王」、「砂漠」な

もっとみる

1-2. サウジのマクドナルドが男女別の理由

【3行まとめ】
・不倫や婚前交渉を未然に防ぐために、日常生活から男女の分離が徹底されている。また、運転、海外旅行、就職など、女性への様々な制限がある。さらに、映画や公共の場での音楽が禁止されており、娯楽が乏しい。

(写真は、男女別に仕切られたマックのカウンター。首都リヤドにて。)

・厳格な男女の分離 マクドナルドも男女別 
 イスラム教において、姦通(不倫、浮気、婚前交渉など)は、社会の秩序を

もっとみる

1-3. ラマダン(断食期)にテロが多い理由

【3行まとめ】
・ラマダンは断食を通じて弱者に共感をする月であり、寄付がよく集まる。イスラム過激派は、ラマダン月にテロを行い、多くの寄付を集める。サウジには宗教警察がいて、教義に違反すると厳しい刑罰が課される

(写真は、首都リヤドの公開処刑場。写真中央の排水口に、死者の血が流されたとされている。現在、処刑は非公開。)

・年に一度の断食 ラマダン月にテロが多い理由
 イスラム教徒は、年に一度、お

もっとみる

1-4. サウジがイスラム教を徹底する理由

【3行まとめ】
・サウジは、武力でアラビア半島を制圧した国家であり、統治の正当性が必要。統治の正当性をイスラム教に求め、権力の源になっている。また、サウジはイスラム教の聖地を擁しており、その神聖さを守る必要がある。

(写真は、ジェッダ市内の大きなサウジの国旗。)

・なぜサウジはイスラム教に厳格なのか
 さて、ここまでサウジのイスラム教の厳格さについて具体例をあげながら紹介してきましたが、なぜこ

もっとみる

1-5. 仏教は仏陀 では「イスラム」とは?

【3行まとめ】
・「イスラム」とは、唯一神アッラーへの絶対的な信仰をすること
・イスラム教を信仰する人を、民族や地理を問わず「ムスリム」という
・イスラム教は実践する宗教。内心の信仰だけでなく礼拝など行動が必要

(写真はイスラム教のお祈りの様子。PhotoACより。)

・イスラム教とは
 本章では、厳格なイスラム教義がもたらす日常生活への影響について言及した後、サウジがなぜイスラム教に厳格なの

もっとみる

2-1. サウジの王族と政治のドロドロした仕組み

【3行まとめ】
・王位継承は、単純な年功序列ではなく、個人の実力で選出される
・能力が不十分な国王の場合、暗殺されることもある実力社会
・次期国王の皇太子は31歳と若く、実績作りのため急進的な政策を行う

2.内政
(1)政治:サウード家による絶対王制国家
・王室の歴史と王位継承プロセス
 第1章でサウジアラビアは絶対王制であることに言及いたしました。憲法において、「司法、行政、立法の三権は、国

もっとみる

2-2. サウジの政策決定のウラ事情

【3行まとめ】
・サウジ政府が、最優先することは、サウード家の絶対王制支配の存続
・石油収入を分配して不満を抑え、情報を検閲してクーデターを防ぐ
・絶対王制を存続させるために、民意を吸収し政策に反映させる

(写真は、リヤド市内のショッピングモール。次期国王と目される、若き皇太子のムハンマド・ビン・サルマン氏が大きく飾られています。)

・サウジアラビアの行動原理:サウード家による絶対王制の死守

もっとみる

2-3. 石油が湧くサウジの苦悩 高い失業率

【3行まとめ】
・サウジは世界最大級の石油埋蔵量を誇り、国家権力の源となっている
・石油収入によって、国民の勤労意欲が低下し、失業率が高くなっている
・労働者は、教育水準が低く、かつ職を選り好みしている

(写真は、砂漠の中に突如現れる石油関連とみられるプラント。)

2.内政
(2)経済:石油依存経済のいまとこれから

・国家権力の源 世界最大の石油埋蔵量
 サウジアラビアを論じる上で、最も重要

もっとみる

2-4. 外国人労働者がサウジを嫌う理由

【3行まとめ】
・サウジ経済は外国人労働者によって支えられている
・外国人労働者の労働環境は過酷を極めており、人権侵害が課題
・サウジは政策立案から軍事まで欧米コンサルに依存しており脆弱な構造

(写真は、首都リヤドのインド・パキスタン系の外国人労働者が居住する地区。きらびやかな建物とは正反対。トラックに山積みの靴を路上で売っている。サウジに着いてしばらくは、この地区に住んでいました。)

・出稼

もっとみる