情緒不安定な世界情勢

先程、トランプ大統領がホワイトハウスで記者会見を開いた、その内容は極めて冷静で平和的で安全なものだった、しかし、油断はできない今後、イラン側のテロリストが、アメリカの民間人を一人でも殺せば、また、イランが核兵器開発を続ければ、間違いなく戦争が両国間で開戦されるだろう、日本も、自衛隊を中東に派遣しているから、巻きこまれる可能性もある、その場合は憲法9条が改正され徴兵制がとられるだろう、また、中東での

もっとみる

それは、チュニジアのカフェでの会話から生まれた #令和のお祭り騒ぎに思うこと

「令和」が始まった。

わたしは、天皇制としての日本の植民地支配の歴史と、元号による時間の支配という観点から、(これらの文脈を考慮に入れずに)「令和」を取り上げるということ自体、ある種の暴力性をはらむものなのではないかと思っている。
そもそも、すべて神道が前提であって、多様な信条を持つ人たちが排除されているとも感じる。
だから、「平成」から「令和」という時間軸で生活することをわたしは避けてきたし、

もっとみる
スキありがとうございます💗
15

【ブログ更新しました🐪】
10年前と今年の写真をSNSに投稿し、変化を楽しむ #10yearchallenge というハッシュタグ🔥

そんな中、中東北アフリカには、もう一つのチャレンジが...

☟記事はこちらからご覧ください☟
https://ameblo.jp/libyanlifem2/entry-12434139237.html

ありがとうございます! シュクラン! ☺️
3

ゴラン高原マジダルシャムスの風景

美しかったゴラン高原、マジダルシャムス村。美しい光景にあるフェンス。
共同体を分離するもの。
その先にも同じ光景が広がっているのに、声が聞こえるのに、目視できるのに、違う国とされる。違うという表現も違う。ここは占領地であり無国籍だから。

❤️好きの一番乗り嬉しいです!
4

5-トルコの影

◆バザールに溢れるトルコの商品
クルディスタン地域は、ヘウレルにしろスレイマニにしろ、大都市では高級ホテルか林立し大型ショッピングモールが建ち並び、表面的には繁栄してるように見える。その真の姿は、混み合ったバザールの中綺麗なショッピングモールで、何かしら製品である商品を手に取り製造国を見ればたちどころに現れてくる。既に述べたように、どの商品を見てもイラク製のものはなく、ほぼ全てが外国製である。クル

もっとみる

4-現地の生活

◆買い物
両「首都」の中心部の歴史地区とでも言えるような場所には、大きなバザールがある。新しく建てられた大きなショッピングモールはそこかしこにある。商店街、バザールは大体6時くらいには店じまいが始まるが、モールはもっと遅くまでやっている。オリーブは現地メディアで生産が伝えられることが多いものの、スーパーやバザールで見るのは大抵外国産だ。中国製はおいて、トルコ製、イラン製が大体あらゆる輸入品の大半を

もっとみる

大学生バックパッカーが見た、パレスチナ自治区ヘブロンで起きている終わりの見えない対立と小さな希望。

どうも、将来の事から普段コンビニでどのおにぎりを買うかにも迷っている、とにかく迷いまくっているそらです。

 何の記事を書くか迷っていて、気がづいたら1ヶ月の月日が経ってしまいました。

色々と迷うに迷った挙句、今後死ぬまでに決して忘れることはないであろう、これは人に伝えなければいけないと使命感に駆られた旅の一コマを、1つ目の記事として、シェアしたいと思います。

(かつて賑わいを見せていたという

もっとみる

本日開幕! 2018W杯! の前に…

いよいよ、ロシアにてサッカー男子
ワールドカップが始まります⚽️

1時間後、本日24時キックオフの開幕戦は
ロシア vs サウジアラビア という、
中東・北アフリカ情勢を追っている身には
利権争いにしか見えない組み合わせですが、
そんなW杯の幕開けの前日である昨日は、
二大会後、2026年のW杯の開催国を決める
投票が行われました👀

最終候補地は
🇲🇦 モロッコ
vs
🇺🇸 アメリカ

もっとみる
ありがとうございます! 宜しければシェアもお願い致します✨
5