ライターさとゆみの日記

149

死にたい夜に読む本は

文章を書くときは、いつも、書き終わった時に、世界が少しでも丸く柔らかくなりますようにと祈っている。

だけど今日は、心がざらざらしているときにしか書けない文章を残しておこうと思う。

・・・

不遜極まりないことを承知で書くのだけれど、生きてるのがめちゃくちゃ面倒になる時がある。
これは、30代のときには一度も感じなかった感情で、メンタルというよりはフィジカルがやられることが増えた、つまり、老化の

もっとみる
また読んでくれたら嬉しいです
122

プロの書き手になる人、ならない人、なれない人。

朝日新聞のwebメディア「かがみよかがみ」に寄せられたエッセイの審査をさせていただいている。10代・20代の女性限定で募集されたエッセイだ。

これまでヘアコンテストやフォトコンテストの審査員は何度もさせていただいてきたけれど、文章の審査をさせていただくのははじめてだ。この数日で、髪にまつわるエッセイを、数十本読ませてもらった。

で、彼女たちの文章を読んで、どうだったかというと、
よかった。すっ

もっとみる
大当たり!
1249

ライターの職業病

ライターという職業は、多かれ少なかれ、言葉の手触りに意識がいきやすい職業だと思うんだけど、ライターさんによって、言葉の受け止め方は違うみたいで、それについて聞くのは面白い。

私の場合、そもそも言葉はおもにビジュアルで見える。

 
言葉の色や形や温度、ベクトルみたいなものが、絵的に見えるのもそうだし、キーボードの配列や、ページのレイアウトみたいなビジュアルの記憶もよく残る。
みんながスマホでいろ

もっとみる
私もスキ❤️
88

自分にはなにができるかなあと、考えてみた

いろいろと大変なことになってますね。

校外学習禁止
部活動の禁止
親の参観禁止
保護者会中止
毎日の体調チェック表配布
学校から感染者が出た場合のガイドライン配布
学校に通う生徒の保護者に感染者が出た場合のガイドライン配布……

と、毎日のように項目が増えていく小学校からのプリントを見ていて、これはひょっとしたらありえるなと思っていたところに、一斉休校要請。

(良い悪いは別として)

もっとみる

「物語」という暴力。「書く」という加害。

思考とは「気体」みたいなものだと思う。浮かんでは消えて、ふわふわしていて、つかまえどころがない。

それを目に見えるようにしたいと思ったら、口に出して話してみる。考えたことを、言葉にすることは、思考を「液体」化するようなものだと思う。

口にのせた言葉は常に、流れ去って行く。その言葉が別の誰かに届くときには、また違った言葉になるし違った形になる。グラスが変われば形が変わる、やはり、液体みたいなもの

もっとみる
きみに幸あれ
116

読むことの方が書くことよりもずっとクリエイティブだと思う。だから。

北海道にいます。寒い。寒いな、寒いなと思っているときに、なんというか、いちばんやわらかいところに、すとんと落ちてきた文章。

友人が『女は、髪と、生きていく』にあるワークを、何日もかけてやってくれて、さらに18日かけてその感想を書いてくれました。 

本を書く時、私たち書き手ができることは、届いてくれますように、できればその方にとってなんらかよい形で、と祈ることだけであって、そこから本を完結してく

もっとみる
きみに幸あれ
40

今日、20歳ではじめて美容院にいく女の子の話

先日、『女は、髪と、生きていく』のイベント会場で、ある女性に質問を受けました。
お嬢様の成人式の髪型を相談したいというのです。
名刺をお渡しすると、その日の夜、お母様から長い長いメールが届きました。
 
・・・・・

そのお母様は、娘さんを女手ひとつでここまで育てられたそうです。メールには、彼女と過ごしたこれまでの時間が綴られていました。

生まれる前からシングルマザーであったこと、
お嬢

もっとみる
嬉しい!
65

毎日書くことで失われていたもの。1000日チャレンジをやめます。

前回に引き続き、身体性と文章の話。

先日、100マイルを走る友人のブログを一気に読んで焦がれた話を書いた。

友人のブログはこちら。

共通の友人の間では、最近この文章の話で持ちきりで、「明けましておめでとう」の次は、合言葉のように「読んだ?」「読んだ読んだ、すごかったよね」って言い合っている感じです。

長老も感銘を受けてらっしゃる。

巻を措く能わず。まさに。

私もトルデジアンのエントリー

もっとみる
また読んでくれたら嬉しいです
99

触れることができる文章

年末、100マイルを走る友人のブログを一気に読んだ。すごい文章だった。
そのときからずっと考えていたことをいったんメモ。

エントリーされていた文章は全部で書籍一冊分くらいあったのだけれど、片っぱしから読んでいるうちに年が明けた。どれもそれぞれにドキドキしたのだけれど、なかでも強烈にVividですごみがあったのはこちら。

読んでいる最中に口の中に砂の味と血の匂いがした。のどが渇いて、何度も水を飲

もっとみる
よい一日を
58

今年書いた書評コラム、54冊一気振り返り。年末の読書のお供になりましたら

毎週水曜日に連載させていただいている、朝日新聞「telling,」の「読書という贅沢」。書評のようで書評はあまりしない、コラムなのですが、この一年に読んで書いた本を一気にご紹介します。

コラムを書いた時には気づかなかったこととか、コラムを書いていた時の話とかも書き添えてみました。
年末年始の読書のお供にしていただけましたら。

1月の書籍テーマは「目標」

【001『夢の叶え方を知っていますか?

もっとみる
また読んでくれたら嬉しいです
51