pocography

自分にやさしく生きること。毎日試しながら暮らしています。ライターやダンスをしています。 元スタートアップPR。
    • お気に入りの人生をさがして
      お気に入りの人生をさがして
      • 8本

      社会の価値観とか、年齢とかにとらわれずに、自分らしく生きたい。だけど、不器用だからいつも遠回り。たくさん考えて、迷って、間違って、今日も手探りで生きています。 でも、自分で作ってきた人生だから、わたしの人生は結構お気に入り。そんなわたしの頭のなかをシェアしてみます。

人見知りと、お花やさん

うそだと思うかもしれないけれど、人見知りにとって、お花やさんでお花を買うというのはハードルが高い。どんなイメージで、誰のために、どれくらいほしいのかとか、希望通…

おおきいとか、ちいさいとか

いつも見ていた庭のバラ。背の高いわたしの世界からみると膝下くらいのところでちいさく、けなげに咲いている。 風が爽やかで、すごく天気のいい日。ふと思い立って、ブラ…

わたしは、いつもわたしの中にいた

3月頭から自主的に自粛をはじめてから、3ヶ月。その期間、たくさん考える時間ができたから、いやというほど、自分に向きあった。いや、それは必要でたいせつな時間だったの…

大空を飛んでいるつもりだった

社会の価値観なんて関係ない。いい会社とか、役職とか、興味がわかない…。わたしは、みんなの価値観には関係ない。好きなことをして生きる。 社会人を始めて4,5年経った…

みんなが乗っかっているレールの正体

これまでずっとずっと抱えていた、社会に対する違和感。 どうしていい大学に行くの? どうしていい会社に勤めるの? なぜそのなかでさらに上を目指すの? みんなが、当…

ずっとずっと、息苦しかった。でも言えなかった

「生きづらいな」 ずっとそんな想いを抱えながら、33年間、だましだまし生きてきた。 会社につとめたり、フリーになっていきいき働くことを知って、でもやっぱり会社にま…