相澤理

『東大のディープな日本史』著者
固定された記事

二度読むということ

初めまして、相澤理(あいざわ・おさむ)と申します。  予備校・通信制高校などで講師をしております。  『東大のディープな日本史』(KADOKAWA)の著者と言えば、ご存知…

『東大のディープな日本史』と〈教育の機会均等〉

お蔭さまで拙著『東大のディープな日本史』は多くの読者に恵まれました。これもさまざま人の支えによると感謝申し上げます。 東京大学の入試問題をただ解説するという本を…

日本史論述チャレンジ課題・文化

今回は、文化史のチャレンジ課題です。 これまで再三述べておりますが、この課題は、私が出講している高校の課外講座で、毎回の授業の終わりに取り組ませているものです。…

日本史論述ポイント集・文化⑤

今回は、近現代の文化です。 明治日本は、西洋から制度・技術・文物を取り入れ、近代化を達成しました。欧米以外の国で日本だけが19世紀末の段階で近代化を成し遂げたのは…

日本史論述ポイント集・文化④

今回は。近世の文化について見ていきます。 〈担い手〉という観点から近世の文化を概観すると、京都→大坂→江戸とその中心が移動していきます。 16世紀後半に開花した安…

日本史論述ポイント集・文化③

今回は中世の文化についてです。 その時代の文化の特徴を捉えるうえで、担い手を押さえることが肝心であるということを、繰り返し述べてきましたが、中世には武士や民衆が…