Lost in the 80's

6

アラン・ヴェガよ永遠に

 さっき、仕事から帰ってきてテレビをつけた。終わりかけのガキ使を見ていて、あー遠藤がホホホイやってんなー、はは、おもれえ、とか思ってたらいつの間にか終わっていてCMになっていた。テレビの反対のソファでは3匹いる猫どものうちの2匹が若干距離を取って眠っている。猫どもの安眠を邪魔しにでもいこうかしらん、と思ったところでなんだか聞き覚えのある曲が流れてきた。視線をテレビに向けたらGapのCMで、絶対"D

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
2

エディ・ヴァン・ヘイレンがすごい本当の理由

 2020年の秋口、時代を創り上げてきた素晴らしいミュージシャンが空高くジャンプしたきりそのまま戻って来なかった。追悼の意を込めて彼が如何様に素晴らしいギタリストであったか、という自分なりの思いをここに記したい。

私とVan Helenの出会い

 中学生の頃だった。キムタクが主演のドラマやCMなどの効果でQueenが小さく流行っていて、かねてからDeep Purpleなどのアルバムを聴いてギタ

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
16

Kid Creole&The Coconuts 〜パラレルワールドのPrince&The Revolution〜

 平成5年生まれが80年代の音楽を語るシリーズ、今回は1980年から現在にわたって活動しているニューヨーク出身の男女人種混成トロピカルディスコバンド、Kid Creole&The Coconutsについてです。

1980年前後のニューヨーク

 先日書いた記事でWas(Not Was)のことを紹介したが、このバンドも同じアナのムジナ、ZE Records出身のバンドである。ZE Recordsに

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
1

追悼、Sweet Pea Atkinson~Was(Not Was)という時代が追いつかなかったバンド~

 巷では、Ron Rogersの"Ya Ya"がsoftbankのiPnoheのCMで流れているというのにまったく話題にもならずなんなんだ日本はまったく、と嘆いていたところなのだがそれよりも悲しいニュースが目に飛び込んできた。Ron Rogersと同じ釜であるZEレコード出身のバンド、Was(Not Was)のシンガーであったSweet Pea Atkinson(スウィート・ピー・アトキンソン)が

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
4

ニューウェーブとハードロックへの優等生による感想文 - "Race" / Pseudo Echo, 1988 - 後編

 〜平成5年(1993年)生まれが80年代の音楽を語る連載第一弾は、1988年にリリースされたオーストラリアのバンドPseudo Echoの"Race"というアルバムについてです。〜

前回からの続き。

 80年代のバンド界隈というのはハッキリ言うと、ヒップホップという発明にはかなわない。それより真新しい音楽というのは、まったく無い。それでも、ニューウェーブとハードロック・ヘヴィメタルというジャ

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
2

ニューウェーブとハードロックへの優等生による感想文 - "Race" / Pseudo Echo, 1988 - 前編

 〜平成5年(1993年)生まれが80年代の音楽を語る連載第一弾は、1988年にリリースされたオーストラリアのバンドPseudo Echoの"Race"というアルバムについてです。〜

 このアルバムは再生した瞬間から、80年代に包まれる。

 ゲインをフルアップさせたスタックアンプに繋いだスーパーストラトが(注1)、ザクザクと捻りのないリフを刻んで幕を開ける。そして、歌が入ってくると(ある意味)

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。
1