イワシとわたし

鹿児島の海沿いにある漁師町、阿久根。 そんな場所でイワシビルというお店を開いている下園薩男商店。 このお店に関わる人と、そこでうまれてくる商品をかわいく、おかしく紹介する「イワシとわたし」。 https://www.instagram.com/104towatashi/
    • イワシとわたしの物語

      イワシとわたしの物語

      • 9本

      下園薩男商店が運営するイワシビルの商品。 そんな商品たちとこんなことあったかもしれないお話を集めました。 1000字未満のオリジナル短編小説です。

    • イワシと旅ビト

      イワシと旅ビト

      • 3本

      旅と時がコンセプトのイワシビル。 イワシビルにはいろんな方が訪れます。 ふらりと寄った人、 大切な人と思い出を作りに来た人、 何かに立ち向かおうとする人、 これから旅立つ人――。 いろんな人が集まるこの場所で出会った一つ一つのご縁を記録します。

    • ラジオドラマ「イワシとわたし」

      ラジオドラマ「イワシとわたし」

      • 6本

      イワシとわたしのラジオドラマを集めたマガジンになります。 毎月1本更新されます🎧

  • 商品の画像

    はらぺこイワシ

    【はらぺこイワシ】 朝どれウルメイワシはお腹がからっぽ。だからはらぺこ。 焼いてあるのでそのまま食べられる鹿児島県阿久根産の焼ウルメ丸干しです。 朝どれの阿久根産の上質なものに限定して、お子様向けのパッケージの商品を作りました。量目を増やしチャック袋にして、商品検査の質を上げています。 幼少期に苦味や渋味などの色んな味を体験すると、大人になってから味覚の幅が広がると言われています。小さい頃から甘いものばかり食べていると「甘い=美味しい」となってしまい、甘いものばかり食べてしまう事があるようです。 阿久根はフランス版のミシュランで星をとった日本人を2人輩出しています。他にも有名ホテルやレストランの料理人も数多く、人口2万人ほどの町なのにそういった方々が出ているのは幼少期に色んな物を食べていたからではないかと思うのです。 子供は最初は甘いものより塩気のあるものの方が好むような気もします。甘いものに目覚める前に苦味・渋味を体感してみてください。 *一袋25gのチャック袋入りです。 焼いてありますのでそのままお召し上がりいただけます。 開封後は冷蔵保存し、なるべくお早めにお召し上がりください。 賞味期限:製造日より1年 内容量:25g *はらぺこイワシホームページ https://marusatsu.jp/harapeko/
    432円
    下園薩男商店 オンラインショップ
  • 商品の画像

    焼ウルメ丸干し

    朝方4時から6時に獲れる「ウルメイワシ」はおなかの中にエサがないのが特徴です。そのため苦みが少なく美味しく食べられます。小さく、脂が無いものを厳選し干しあげることで、噛むほどに旨味を感じられるウルメイワシの上乾です。 *一袋20gのパック入りです。 焼いてありますのでそのままお召し上がりいただけます。 開封後は冷蔵保存し、なるべくお早めにお召し上がりください。 賞味期限:製造日より1年 楽しみ方 https://cookpad.com/recipe/list/46118475?category_id=173787
    324円
    下園薩男商店 オンラインショップ
  • 商品の画像

    焼海老辣油

    鹿児島産タカエビを焼エビにし、その出汁と鹿児島の醤油で味付けしました。麺類に入れたり、餃子や麻婆豆腐等中華料理全般にもよく合います。ご飯にのせるだけでも美味しい食べるラー油です。 焼海老辣油の活用レシピ https://cookpad.com/recipe/list/46118475?category_id=173267 賞味期限:製造日より1年
    540円
    下園薩男商店 オンラインショップ
  • もっとみる
固定された記事

イワシとわたしと自己紹介

はじめまして。イワシとわたしへようこそ。 この記事はイワシとわたしの自己紹介になります。 イワシとわたしとはなんなのか? なぜ、水産加工業の会社が読みものをつく…

+12

鹿児島阿久根を旅するパスタソース―旅する焼エビのアレンジレシピおすすめ4選

「これだけでお店の味を楽しめる!」「エビ好きにはたまらない!」など レビューでも高評価をいただいているイワシビルで大人気の旅する焼エビ。 今月11月のイワシとわたし…

+30

「ありのままの自分」を求めて。葛藤を抱く現役女子大生にインタビュー【イワシとわたし撮影後記】

11月の物語は、人気の旅するシリーズ第2弾。 旅する焼エビとのこんなことあったかもしれないお話。 今回、モデルをお願いしたのは、鹿児島大学3年の松田和美さん。 撮影場…

+5

彼女が始める小さくて大きな旅【イワシとわたし 物語vol.9】

地元に戻った彼女は、今日も阿久根の街を歩く。 外に出て気づき始めたふるさとのこと。 見つけるたびにもっと多くの人に知ってほしい衝動に駆られるが、 彼女の胸の中で不…

+6

フォトグラファー もろんのん【イワシと旅ビト vol.3】

【イワシと旅ビト】 旅と時がコンセプトのイワシビル。 イワシビルにはいろんな方が訪れます。 ふらりと寄った人、 大切な人と思い出を作りに来た人、 何かに立ち向かおう…

【イワシとわたしの聴く物語】彼女が伝えたかった5文字

00:00 | 00:30

イワシとわたしの聴く物語。 8月半ばの暑さを感じる公園で、彼女はあの人のことを思い出す。 涼を求めて入ったイワシビルで、 今日というこの日に当てられたのかどうなの…