kataller

苦手の沼津を倒し最高の状態で来季へ アスルクラロ沼津 対 カターレ富山(2019/12/8)

J3最終節。
既に昇格の望みはないが、4位に上昇する可能性はある。
その可能性を信じて勝利を目指すだけである。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、今瀬、MF佐々木陽次、白石、稲葉、花井、前嶋、馬渡、FW大谷、平松。サブはGK太田、DF代、MF佐々木一輝、ルーカス、椎名、FW高橋、苔口。
前節からは佐々木陽次、稲葉がスタメンに復帰し、さらに馬渡が今季初出場で初スタメンとなった。

試合は前半は押され

もっとみる
スキありがとうございます!

ホーム最終戦をホームの雰囲気で勝った カターレ富山 対 FC東京U23(2019/11/30)

今日行われるJ3の試合はこの試合だけ。
ホーム扱いで長野で行われる試合だ。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、今瀬、柳下、MF碓井、白石、花井、椎名、前嶋、FW才藤、平松。サブはGK太田、MF佐々木陽次、佐々木一輝、ルーカス、稲葉、伊藤、FW高橋。
前節からは才藤が久しぶりのスタメンに入った。大谷がベンチからも外れたが、佐々木陽次がメンバーに戻って来た。

試合は前半は一進一退。

攻撃を受ける場

もっとみる
嬉しいです!

同期のカターレ #11(最終回) 「逆転昇格はならず 描きたかった結末は来季へ」

この「同期のカターレ」を書き始めようと思ったのは、2009年から1年ずつ描いて行くという「同期のサクラ」というドラマの設定を見た時。
そう思いながら、もたもたしていたが、実際に書き始めたのは11/10の長野戦の前だった。

その時点でのJ3の順位は、残り5節で
1位 北九州 勝点58
2位 藤枝  勝点54
3位 群馬  勝点53
4位 熊本  勝点50
5位 富山  勝点49

一方、J2下位の

もっとみる
スキありがとうございます!

同期のカターレ #10 「成績不振で監督交代 そこから光も」

2018年。
この年はJ2から群馬が降格。そしてJFLからの昇格チームがなく、今年も全17チームでの戦いだった。
監督は今年も浮氣監督で、去年と同じ監督が指揮をとるのはJ3に落ちて初めてである。
選手は大きく入れ替わった。
DFの要だった平出が鹿児島に移籍し、サイドバックの山形、國吉は引退。ベテランの衛藤、飯田に加えて、チーム生え抜きの木本もとうとう引退。
これでカターレ富山発足当初にいた選手が全

もっとみる
サンキューです!

苦手を克服して来季へ 日曜はアウェイ アスルクラロ沼津戦

12月8日、今季最終戦の相手はアウェイの沼津戦。
見には行けないが、最終戦は今年をうまく締めくくって欲しい。

カターレサポーターは知っているが、沼津は苦手な相手で過去5戦、まだ勝ったことがなく、引き分けも前回の1試合のみ、得点を挙げているのは前嶋のみである。
とにかく相性は悪い。

だが、今年は沼津の調子があまり良くなく今回はチャンスだと思っていた。
しかし、沼津はここに来てカターレと同じく2連

もっとみる
サンキューです!
1

同期のカターレ #9 「まさかの大失速で昇格ならず」

2017年。
この年はJ2から北九州が降格。そしてJFLからは沼津が昇格して来て全17チームでの戦いだった。
今年からJ3の2位は自動昇格となり、枠が増えた形になった。
チームの方は、三浦監督が1年で契約満了となり、新監督として湘南の育成年代を指導していた浮氣哲郎氏が就任。
選手では栃木から右サイドバックの山形、徳島から佐々木一輝、同じく徳島から富山県出身の佐々木陽次、琉球からパブロなどが加入した

もっとみる
スキありがとうございます!

同期のカターレ #8 「それぞれの願いは叶わず」

2016年。
この年から、毎節招集メンバーが入れ替わるそれまでのJ-22に代わり、FC東京、G大阪、C大阪の23歳以下のチームが参戦し、J2からは大分、栃木が降格、JFLからは鹿児島が昇格。
全16チームでの戦いになった。

監督には三浦泰年氏が就任した。
北九州でチームを躍進させた実績があるので大いに期待した。
またこの年からチームOBの黒部が強化部長に就任し、選手としては徳島から衛藤と窪田、愛

もっとみる
サンキューです!

とにかく今日は勝ったのだ Y.S.C.C.横浜 対 カターレ富山(2019/11/23)

今節はJ3の中で最初の試合。
同時刻には2位藤枝の試合も行われる。
条件としては引き分け以下なら昇格の可能性は消える。
勝っても藤枝が勝てば可能性は消える。
そうなれば他の試合に関係なく、とにかく勝つしかない。
そういう試合ができるかどうかだった。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、今瀬、柳下、MF碓井、白石、花井、椎名、前嶋、FW大谷、平松。サブはGK太田、MF佐々木一輝、ルーカス、稲葉、伊藤、

もっとみる
サンキューです!

悔しくて悔しくてたまらない ヴァンラーレ八戸 対 カターレ富山(2019/11/17)

数時間前にテレビで試合を見終えた。
今になって悔しさがあふれ出てきている。
こんな形では結局これまでの年の繰り返しではないか。

勝たなければならない試合に連敗する。
長いシーズンだからそれは負ける試合もあるだろう。
でも、今日の負けが何を意味するかは。。。
誰もがわかっていたはずだが、なぜかリズムが狂っていた。
新しいメンバーが入ってきていたことが理由かもしれないが、それは前節結果が出なかったか

もっとみる
嬉しいです!

相手を分析して目の前の試合の勝利を目指すだけ 日曜はアウェイ八戸戦

前節、長野にホームで痛い敗戦を喫した。
長野にラッキーもあったが、その運を引き寄せる力を持っていたということだ。
後半戦初黒星で、数字的な面では正直苦しくなったという声もある。

でも、プロサッカーチームというのは、どんな試合であっても全力を尽くし、見に行ったお客さんを楽しませることが使命の一つ。
それがアウェイの試合であっても、見に行く人がいる限り。

相手の八戸とは6月、ホームで対戦して逆転負

もっとみる
サンキューです!