はじめまして

1年目小児科看護師のべきこです。意識が低くて自分から何か勉強しようという気持ちになる事があまり無いのですが、何かこう…子ども達のために何かできる人になりたいなぁと常々思っています。
ここの記事を見たり何か聞いたりする事で少しでもその理想を叶えていけたらいいな

それでは、よろしくお願いします

#小児科 #nicu #gcu #新生児 #子ども #医療 #看護師 #小児医療 #発達障害 #ADHD

もっとみる

GCU生活の記録  [生後17日]

先日、何の前触れもなく息子がNICUを卒業した。NICUから卒業と言っても、退院はまだで、GCUに移動となった。

今回初めて知ったが、GCUとはGrowing Care Unitと言ってNICUを卒業し症状が安定した赤ちゃんが継続して様子を見てもらったり、退院できるレベルまで赤ちゃんと家族が準備をしていく段階でお世話になるところである。
赤ちゃんと家族で過ごす時間も長く、NICUにいる頃はGCU

もっとみる

双子を授かった話 ⑧ 産後うつ(?)と生理的体重減少

いまだから笑い話にできるが、GCUで「ごめんな」と声をかけた後にまじまじとサクラを見て思ったのは「うーむ…毛深い…」だった。

 生まれたてのベビーというのは毛深い。未熟児だとさらに毛深い。何というか、ふさふさである。思わず看護師に「けっこう毛深いもんなんですね…」と言うと、「胎脂がたくさん引っかかるように毛深くなってるんですよ」と教えてもらった。

 周産期病棟では他のベビーを見る機会がたくさん

もっとみる

双子を授かった話 ⑦ GCUで泣いた

男の子、教行(のりゆき)
 女の子、咲良(さくら)

 これは4つの名前候補のうち、使われなかった方の2つである。

 ボクの名字かなり珍しく、その上、双子となると簡単に個人が特定されそうで怖い。という訳で、ここでは上のふたつを便宜的に使う。名字は中村としよう。昔からレストランとかで順番を待つときに使っている偽名だ(珍しい名字だから一発で読んでもらえることが少ない…)。

 1時間ほどと聞かされて

もっとみる

双子を授かった話 ⑥ 出産「じゃ、ちょっと産んでくる」

管理入院はやることがない。早産防止のために、基本的には安静にしているだけだからだ(胎児の発育促進のために、「効果はないかもしれないんですが」と言われつつマルトース(麦芽糖)の点滴は受けていた)。

 これはとても贅沢なことでもある。

 ボクらは初産だから、妻が管理入院となってもボクが一人暮らしに戻るだけだ。さして困ることはない。既に上の子がいるご家庭なんかは大変だ。残された夫は子どもの世話をしな

もっとみる

3度目の帝王切開と新生児一過性多呼吸のあおくんの話

先日、3度目これで最後の帝王切開で、男の子、あおくんが生まれました。

"もうすぐだよー泣いてるの聞こえた?
男の子だったねーママ当たりだったー♪"

手術中そんなやりとりをしながら初対面。
泣き声が小さいな、大丈夫?と思っていたら大きな声が聞こえて一安心したのを覚えています。

病室に戻り、まだ麻酔が切れず足も動かないうちに、先生が入ってきて驚きました。
今までそんなことはなかったので。

どう

もっとみる
読んでくれてありがとうございます(o^^o)
4

未熟児 低出生体重児を育てるあなたへ

こんにちわ。ご出産おめでとうございます。

あなたの赤ちゃんは保育器の中にいますか?

私の赤ちゃん2人とも保育器の中に2ヶ月いました。

どうか、どうか赤ちゃんを早く産んだご自分を責めないで下さい。

赤ちゃんはただあなたに会いたかったから、早くでてきただけなんです。

低出生体重児の場合、36週未満で出産するとシナジス注射を摂取する必要があります。※時期は担当医の判断と子供さんの健康状態によ

もっとみる
嬉しいなぁ感謝だよ
2

未熟児でも大丈夫

私は未熟児2児の母です。
お兄ちゃんは3歳 10キロ 87センチ
弟は6カ月て6.5キロ
兄は成長はゆっくりですが、小学生までには追いつきます。
未熟児を生んだお母さんに伝えたい事は、大丈夫。
子供の成長する力は半端ないです。子供を信頼して大丈夫。

何よりこの文章を書きたくなったので、昔の私宛の手紙です。
未熟児で産んでごめんねって思ってたけど、出産時死にそうになり一瞥体験してみえたのは、ママに

もっとみる
嬉しい嬉しい大好き大大大好き
1

NICUからGCUへ

産まれて、NICUへと入院して、
丸2ヶ月ほど経った、ある日の夕方。

むすこが、NICUからGCUへと移った。
カラカラと音を立てて、
コットに揺られて隣の病棟へのお引っ越し。

それ自体は2分もかからない距離だけど、
泣いたり、ぐずったりする事は無くて
彼はすやすやと寝息をたてていた。

次の日の夜、面会に行った。

GCUは、昼間は賑やかで明るくて、
退院を待つ、たくさんの赤ちゃんや
病状が

もっとみる

「これは一生治りません」次女が生まれ持ってきたもの2

ただ頭が真っ白になった私は、何も考えられずにいた。
眼科の医師が目の中身を書かれた図を取り出し、説明を始める。

画像引用元:https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/eyecare/structure/

その説明によると、目の中にある虹彩と角膜が癒着し角膜の中央部分に白いにごりができている、というものだった。
病名は「ペータース(ピータース)奇形

もっとみる