スポーツマネジメント

【スピンオフ】スポーツボランティアのすゝめ

1月9日から22日までの2週間、 #スイス_ #ローザンヌ で、冬季ユースオリンピック(以下:YOG)が開催されていました

計らずも、この大会でボランティアをする御縁をいただき、ユースとはいえ、 #IOC _国際オリンピック委員会が主催するオリンピックの現場に初めて関わることができました。この大会でのボランティア経験を通じて、 #スポーツボランティア の素晴らしさを改めて実感し、また将来に繋がる

もっとみる

【AISTS #23】 18週目 東京2020における知的財産保護 ― アスリートの肖像権 (2020/2/17-23)

今週は、マネジメント(ステークホルダーコミュニケーション)の講義が3日間と、法律(知的財産保護とこれまでの振り返り)で2日間でした。

オリンピックにおけるアスリートの肖像権に関する「ルール40」の変更についての話が興味深かったので、その内容を中心に整理します。

オリンピックにおける知的財産保護

オリンピックに関するマーケティングで巨額の資金が動くようになり、お金を払っているTOPパートナー及

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!
4

【AISTS #22】 17週目 スポーツにおける階層化と就職活動のはじまり (2020/2/10-16)

今週から、スポーツと社会学(Sociology)の講義が始まりました。
やや掴みどころのない講義ではありましたが、考えさせられるテーマも多かったです。
3月にかけて断続的に続くので、自分なりに問題意識を持って取り組んでいこうと思います。

また、徐々に動き始めた就職を見据えた活動についても簡単に紹介します。

スポーツと社会学の講義

社会学の講義は、3月にかけて1週間のセッションが3回あります。

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!
5

【AISTS #21】 16週目 グループワークと異文化環境での学び (2020/2/3-9)

今週は春のような陽気だったり雪が降ったりと不思議な天気でした。天気がいい日の湖畔は最高に気持ち良いです。この街のいいところです。

今週はテクノロジーの中のICT(Information and Communication Technologies)の講義と、3週間かけて準備してきたグループワークのプレゼンがありました。

今回はその内容というよりは、その過程を通した多様な文化の環境での学びを中心

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!
5

【AISTS #20】 15週目 スポーツインフラ ― IOCと新国立競技場 (2020/1/27-2/2)

今週はスポーツインフラの講義が中心でした。新国立競技場の件もあり、イメージのしやすい話が多くて面白かったです。

週末はこちらに来て初めてスキーに行ってきました。天気はいまいちでしたが、クラスメイトとスイスの雪山を楽しんできました。

スポーツインフラの講義

各トピックについて、外部からの講師を迎えての講義でした。今回はなかなか充実の講師陣でした。トピックと講師の所属は以下の通り。

1. In

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!
3

迷いもなく、荊の路

先日の記事「グローバリゼーションは既に_Ver.2.0」の続きに戻ります。ご覧になっていない方は下記よりアクセスできますのでご参照ください

当時の僕の英語力では、日本の企業を辞めて、そのままダイレクトに #国際スポーツ組織 もしくは #海外で働く ということには全く自信がありませんでした。例の #リスニング #スピーキング 問題を抱えていたからです

弱点の克服

自分の弱点を克服するために、

もっとみる

【AISTS #19】 14週目 スポーツとテクノロジー (2020/1/20-26)

ローザンヌで開催されていたユースオリンピックが閉幕し、講義が再開しました。
ユースオリンピックについてはこちらに書いたので、興味のある方はどうぞ。次回の2024年は韓国・江原道です。

今週から3週間にわたって、テクノロジーの講義とグループワークです。大きなテーマは以下の4つです。今週は上の2つでした。

・Physics of Sport
・Materials and Equipment in

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!
3

強くなるための部活動マネジメント(人材獲得編)

※アメブロに書いていた記事を加筆・修正しnoteに移植しました。

1.はじめに

高校での硬式野球、大学でのアメリカンフットボールの経験と、経営工学、経営学の視点を組合せて「人材的、環境的に不利なチームが勝つにはどうするべきか」について考えをまとめて書いています。

大きく5つに分けて考えをまとめています。

①戦術編

キーワード: 環境が不利なチームは環境に恵まれたチームと同じ戦い方をしても

もっとみる

強くなるための部活動マネジメント(システム構築編)

※アメブロに書いていた記事を加筆・修正しnoteに移植しました。

1.はじめに

高校での硬式野球、大学でのアメリカンフットボールの経験と、経営工学、経営学の視点を組合せて「人材的、環境的に不利なチームが勝つにはどうするべきか」について考えをまとめて書いています。

大きく5つに分けて考えをまとめています。

①戦術編

キーワード: 環境が不利なチームは環境に恵まれたチームと同じ戦い方をしても

もっとみる

強くなるための部活動マネジメント(練習運営編)

※アメブロに書いていた記事を加筆・修正しnoteに移植しました。

1.はじめに

高校での硬式野球、大学でのアメリカンフットボールの経験と、経営工学、経営学の視点を組合せて「人材的、環境的に不利なチームが勝つにはどうするべきか」について考えをまとめて書いています。

大きく5つに分けて考えをまとめています。

①戦術編

キーワード: 環境が不利なチームは環境に恵まれたチームと同じ戦い方をしても

もっとみる