ありがとうございます!
1

不死鳥精神極まれり - TSP「情熱RIDE」

多くのアーティストがライブをできない中、唯一の発信がCDだったり配信だったりする。しかし本来CDはあくまで通行手形的なもので、メインはライブであって、リアルな話をすれば、ライブをやってバンドを知ってもらって、さらに好きになって、グッズを買ったり過去作のCDを買ったりする。ライブこそが大きな収入源のはずなのだ。

TSPはまさにライブでこそ映えるバンド。X JAPANもそうだと思う。
強みであったも
もっとみる

ロックの日

TAIJI。沢田泰司。

言動、生き方すべてがロックだった。

X(X JAPANのJAPANが付く前)のベーシスト。

幼い頃から父親からクラッシックギターを学び、ギター、ベースはXの中でダントツだった。その腕前はもちろんHIDEやPATAも認めていた。

彼はYOSHIKIから熱心にスカウトされて渋々Xに加入したものの何故か急にXをクビとなり、波乱に満ちた壮絶な人生を辿る。

彼は45歳でサイ

もっとみる
嬉しいです♫
4

憧れのアーティストに会えた話 〜X編④完〜

20年前に観ることができなかったTAIJIのいるX
2年前にはXを観れたがTAIJIもhideもいなかったX

コンサートタイトルといい、メディアでの情報といいどうやら本当にTAIJIが参加するようだ。

まさかこんな奇跡のような機会が訪れるとは思っていなかったので、急遽ヤフオクでチケットを取った。
どんな席でもいい、とにかくXで演奏するTAIJIが観れるかもしれない

そしてYOSHIKIの口か

もっとみる

憧れのアーティストに会えた話 〜X編③〜

その日、吉祥寺のパチンコ屋で朝からバイトしていた俺は、夕方、引継ぎとなる夜番の先輩から教えられた。

「みちろー、hide死んじゃったぞ」

「えっ!?うそですよね」

「ほんとほんと、ニュースでやってる」

23年前の今日、5月2日
X JAPANのhideが永眠。

突然訪れた訃報とその衝撃に動揺も隠せず、泣きながらバイトを終え、帰宅してからのことはあまり覚えていない。

親はいつまでもいると

もっとみる

「X JAPAN / Rusty Nail」     ~日本のポピュラー音楽史を創った曲 Vol.70~

「X JAPAN / Rusty Nail」     
作詞・作曲;YOSHIKI                      
編曲;X JAPAN                          
~日本のポピュラー音楽史を創った曲 Vol.70~
 

(この文章は、2017/04/02 に書いたものです)
 X JAPANの今までの軌跡を追ったドキュメント映画 "WE ARE X" 観て

もっとみる

憧れのアーティストに会えた話 〜X編②〜

中3、その頃の俺は、TVを賑わしているロックバンドではなく、Xをはじめとするエクスタシーレーベル、関西のフリーウィルレーベルといった、のちにヴィジュアル系と呼ばれるバンドシーンにハマっていた。

ある日、友人から中古でベースを買った。
サミックというメーカーの初心者セットで売られている安いベースだ。

簡単なフレーズを繰り返し練習する日々、中学の卒業時には友人たちとバンドみたいなものを組み、町の音

もっとみる

X japanをネコにしました

*2019年2月1日に別媒体で公開した記事を、加筆修正した上でお届けしております。

世界的ロックバンド、X japanのメンバーをネコにしました。

YOSHIKI
リーダーで、バンドの象徴的存在でもあるYOSHIKIは、動と静のギャップから、喜怒哀楽の激しいシャム猫に。
猫の中で最も賢いと言われる点も、グループのプロデュース役を担うYoshikiのイメージにマッチ。

TOSHI
バンド結成以

もっとみる
嬉しい!
12

憧れのアーティストに会えた話 〜X編①〜

89年、中学2年、人生を決定づける運命的な出会いをした。
X JAPANことXのデビューシングル「紅」だ。

それまで音楽に関しては人並み以下、はっきり言ってTVで流れてくる歌謡曲を知ってるぐらいでまるで興味がなかった。
CDというメディアの存在すら知らず、それこそ友人がデパートで買っていた工藤静香の8cmシングルを見て、卓上カレンダーだと思っていたぐらいだ。

やがて父親が買ったAIWAのCDコ

もっとみる
好きありがとうございます
3