SNS医療のカタチTV

ファッションと機根

ファッションと機根

「機根」という言葉を知ったのは、先月のSNS医療のカタチTVだ。 番組内の対談が素晴らしかったので、記事にしたものを貼っておく。 比叡山延暦寺の小鴨住職が語る「機根」という言葉がとても興味深かった。 引用してみる。 小鴨住職:機根。機会の機に、根っこと書きます。 何か学問を積んだとか経験があるとか、それだけではなく、今の精神状態や「この人が聞く体制に入っているかどうか」を含めて「機根」ですね。そういったことまで鑑みながら話さないといけません。 相手が大勢になればなるほ

スキ
5
娘がクリアファイルをめちゃくちゃ使うのでありがたい。デザインが素敵すぎる☺️
届くのが楽しみすぎる〜。
Amazon pay使えるのがつよい。

#SNS医療のカタチTV

娘がクリアファイルをめちゃくちゃ使うのでありがたい。デザインが素敵すぎる☺️ 届くのが楽しみすぎる〜。 Amazon pay使えるのがつよい。 #SNS医療のカタチTV

医書ビブリオバトル:学術書と一般書の架橋のあり方

医書ビブリオバトル:学術書と一般書の架橋のあり方

北大路書房 大出 ひすい 弊社は、「医書ビブリオバトル on POP」というフェアに参加している。このフェアでは医書出版社24社がムネアツの他社本(ジャンル不問)とイチオシの自社本(医書に限る)各1冊を選書、それぞれにPOPを作成し、POP上で推し合戦を繰り広げる。 フェアの背景には、「#SNS医療のカタチTV やさしい医療の世界」というネット番組との連動がある。この番組は患者・医療従事者間、患者・家族間、医師・看護師間など医療を取り巻くすべてのコミュニケーション・エラー

スキ
3
#やさしい医療 の世界に寄せて ⑤ ただ滝に打たれていた気がする

#やさしい医療 の世界に寄せて ⑤ ただ滝に打たれていた気がする

8月23日、やさしい医療の世界、という一つのイベントが行われました。 上記がそのプログラムです。全部で7時間の長丁場。一部録画はあるものの、基本はライブ。それも中継あり。でも普段からいろいろと考えることも多かったこの話題、一日しっかり拝聴しました。その時に考えたあれこれです。 前回4コマ目の話はこちら 5コマ目 医療と和尚の、あうんの呼吸。まず、ス・まとめさんはこちら それから、たらればさんもTwitterにて、まとめTweetをしてくださっていました(このツイートか

スキ
4
#やさしい医療 の世界に寄せて ④ ~世界は全部つながっていた

#やさしい医療 の世界に寄せて ④ ~世界は全部つながっていた

8月23日、やさしい医療の世界、という一つのイベントが行われました。 上記がそのプログラムです。全部で7時間の長丁場。一部録画はあるものの、基本はライブ。それも中継あり。でも普段からいろいろと考えることも多かったこの話題、一日しっかり拝聴しました。その時に考えたあれこれです。 ス・まとめはこちら 前回の話はこちら カンブリアナイトって何実の所、プログラムが出た時に、一番意味が分からず、なんだこれ、と思ったのがこの4コマ目のカンブリアナイトでした。正式には、「カンブリア

スキ
2
#やさしい医療 の世界に寄せて ③

#やさしい医療 の世界に寄せて ③

書きたいだけ書けば、そりゃいくらでも増えるわな……ということを少し反省している今の私。でも、本当に色々考えすぎて、雑になるのも嫌だし、どうよってくらい長々かくのもどうよ。 仕方ないから、いつものように、書きます。 8月23日、やさしい医療の世界、という一つのイベントが行われました。 上記がそのプログラムです。全部で7時間の長丁場。一部録画はあるものの、基本はライブ。それも中継あり。でも普段からいろいろと考えることも多かったこの話題、一日しっかり拝聴しました。その時に考え

スキ
3
#やさしい医療 の世界に寄せて ②

#やさしい医療 の世界に寄せて ②

8月23日(日)、一つの医療に関するイベントがありました。 計7時間のライブ。このイベントに関するライブを見るまで、YouTubeすら登録のみでろくに見たことのなかった私が、7時間、PCの前で釘付けになって見てました。 その、7時間の話と、それを見ながら考えたことを備忘的にまとめて行こうと思い、この記事を書くことにした……までは良かったけど、なんせすごく濃いお話が多く、さらに抽象的な概念なんかも沢山だし…… 本当はブログの方に書こうかなとおもったのだけど、すごい文字数に

スキ
4
#やさしい医療 の世界に寄せて ①

#やさしい医療 の世界に寄せて ①

昨日、「やさしい医療の世界」というイベントがありました。こちらは、お医者様4名による「やさしい医療」を目指す取り組みの中で、当初はリアルイベントの予定だったものが、新型コロナウィルスの影響でオンラインで開催となってしまったものです。 京都で開催される予定だったようなのですが、一時は中止という話も出る中で、結局オンラインで、それも7時間という長丁場で開催されました。 私はオンラインなら全部見れるな、と思い、昨日は事前にあれこれを済ませ、ほぼ一日、家でPCの前に座っていました。

スキ
8
数分後からわたしは医療と知性と技術と哲学の巨人たちの、宇宙よりひろく深い「やさしさ」を享受する。刮目だ!

数分後からわたしは医療と知性と技術と哲学の巨人たちの、宇宙よりひろく深い「やさしさ」を享受する。刮目だ!

氾濫するお金の情報と健康情報 共通点と正しい見分け方

氾濫するお金の情報と健康情報 共通点と正しい見分け方

今から書くことは、お医者様から聞いた話を自分なりに解釈して書くものです。それも「医療」についての話ではなく、「世の中に溢れる情報」について、です。 例えば、身体のことで深い悩みがあり、インターネットを閲覧していたとします。悩みが深ければ深い程、「絶対に治る」とか「~するだけで医者いらず」とか「読んだ人だけが知っている特別な治療」といったタイトルには敏感になり、即刻クリックしてしまうと思います。 お医者様曰く、こういった医療情報に関しては、「絶対」と言い切っているところから

スキ
5