Shin Ichihara/Dr. Yandel

往復書簡マガジン複数やってます。文通相手たちに深謝。
    • 週刊 『ヨンデル選書』
      週刊 『ヨンデル選書』
      • 93本

      三省堂書店池袋本店にて平成30年11月30日から令和元年5月31日まで開催された『ヨンデル選書』フェア。こちらで並べたおススメ本たちを、毎週1冊ずつご紹介していくマガジンです。なお、令和元年12月1日より令和2年7月31日まで、三省堂書店池袋本店にて『ヨンデル選書 Season 2』開催中。

    • 俺たちは誤解の平原に立っていた
      俺たちは誤解の平原に立っていた
      • 5本

      言語があるから人々は分断され、分断された人々は言語によって心を通わせる。 (イメージイラスト:恵三朗先生)

    • 不定期更新ロンリー雑誌『アレクサ、看取って』
      不定期更新ロンリー雑誌『アレクサ、看取って』
      • 45本

      「医療情報産業学」を語ります。

    • さばくのひがさ
      さばくのひがさ
      • 68本

      本を書く市原と本を作る西野の往復書簡(2度目)ですが、ふたりとも本を読んでばかりいます。

    • 雲をつかむはなし
      雲をつかむはなし
      • 14本

      「複数の意図がフクザツに絡み合っているのに、毎回無を耕すよう」。 ネットワークの扱い方を学び、情報の取扱いと広がりについて考える。 まてぃさんとの往復書簡です。 約束は雲、達成は雨(アラビアのことわざ)。

    • すべてのマガジンを表示

89.タイトルと本文が関係なかった気もする

彼女がエスパーだったころ (上記リンクをクリックすると版元ドットコム。さまざまな方法で買えます。) 三省堂書店池袋本店のヨンデル選書フェアでお買い上げの方に渡す…

NUM-AMI-VACCINE(8) 念仏の先へ

▼前回記事 ヤンデル「ここまでのまとめです。医療の専門家たちが出しているメッセージは、やはり限定的ですよね。医療者にとっての『自分事(我が事)』とは患者ですので…

NUM-AMI-VACCINE(7) 切り取る、かぎ取る、すり寄る、そこにいる

▼前回記事 ↓今日はだいたいこのあたりを書きます。 ヤンデル「水野さんは……取材相手の気持ちに入り込むタイプですよね。メディア側だからと言って、取材対象(例:医…

NUM-AMI-VACCINE(6) すでにストーリーがあった

▼前回記事 ↓今日はだいたいこのへんの話です。 水野さん「私は……私はその……今ずっと聞いてて、『そんなところまでお医者さんが考えなければいけないんだろうか』っ…

NUM-AMI-VACCINE(5) 未必の故意による腹話術

▼前回記事 ちらりと時計をみた。 予定の1時間のうち、半分が経過していた。 ぬいぐるみをあやつりながら、思った。 (これ……今日……医療側はボッコボコになるなあ…

NUM-AMI-VACCINE(4) 嫌よ嫌よは無関心

▼前回記事 けいゆう「今のお話を聞いて、ほむほむ先生どうですか?」 ほむほむ「最近、医療情報関連の記事を書いていて思うのは……すごく単純に書いたほうが読んでもら…