全てはチームのために

全てはチームのために

こんにちは!
経済学部経済学科2年の神野壱朗です。

新型コロナウィルスで部活動が禁止になってから5ヶ月以上が経過しました。
また、本来8月8日から部活動が再開される予定でしたが、延期になってしまい、部活動ができないことへのストレスや苛立ちを感じてる人も多いかと思います。
再開した時に万全の状態で迎えることができるように一人一人できることを精一杯頑張りましょう。

今回ブロ

もっとみる

イルソーレGK OBの活躍

今年はコロナの影響でインターハイが中止になったが兵庫県では代替大会が行われ
神戸星城、神戸国際、明石城西、三木北の4チームでOB又はスクール生が出場してくれた。
また大会には出場しなかった関西学院も今年はレギュラーでゴールを守っている。
8月上旬に行われた和倉ユースサッカー大会で優秀GKを獲得した履正社(大阪)もスクール生である。
6名のOB、スクール生の活躍をとても嬉しく思う。
彼らの小学生、中

もっとみる

แทงบอลออนไลน์

If you like betting online football, บอลออนไลน์ make real money, bet on mobile phones You can play with our website that has the highest security system.Fun for all leagues.Fun betting for every pair.

もっとみる

แทงบอลออนไลน์

Khux Websit Web Rea Thaeng Bxl Xxnlin
Web Len Bxl Xxnlin Web Thaeng Bxl Thi Di Thisud
Web Len Bxl Xxnlin Web Thaeng Bxl Thi Di Thisud
เรา คือ เว็บไซต์ เว็บ แทง บอล ออนไลน์ เว็บ เล่น บอล ออนไลน์ เว็บ

もっとみる

【Issue.3 コールリーダーがメインスタンドから試合を観てみた。他】

【Words from the Leader】

FC町田ゼルビアサポーターの皆さま、こんにちは。トモキです。

ジェフ戦は久しぶりに晴れそうですね。暑いのもイヤだけどそれ以上に嫌なのは雨に降られて幕が濡れること。あれは本当に辛い、苦行。
今度雨が降った時は一緒に干してくれる方を募集したいですね。

そんな前回のホームは雨どころか、雷で試合が中断した栃木戦。しかし僕はゴール裏ではなく、訳あってメイ

もっとみる

1人はみんなのために

中澤法聖から紹介を預かりました、成城のワンビサカこと黒沼優貴です。(ちなみに初めて言われました。)
私が綴るブログの内容の前に日頃から私たち成城大学サッカー部にたくさんの支援や応援、充実した環境、施設など感謝してもしきれないものがあります。こうやって部活動としてサッカーを行うことができるのもたくさんの支えてくださる人がいるからです。ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたし

もっとみる

練習は再開するのでしょうか。

どうも成城の斎藤学こと中澤法聖です。(ごくごく一部の人からはそう言われています)よろしくお願いします。

ちなみにタイトルは本文と全く関係はありませんのでご了承ください。またかなり余談ですが、今季のプレミアはユナイテッドの復調もあり見応えのあるシーズンでしたね。個人的にはグリーンウッドがめっちゃ好きです。あとはポグ兄が帰ってきたのがほんとうに嬉しいです。来季に期待しましょう。きっと面白くなるでしょ

もっとみる

FA杯 決勝  チェルシーVS アーセナル

見事優勝!!本当によかった!!
チェルシーは怪我での退場が多発してして少し運がなかった試合になってしましましたが、、。いつもは、自分たちが怪我や退場で運が無いので、対戦相手はこんな気持ちなんだな、と思いました!

【Match summary】

【スカッド】

マルティネス
ホールディング
ダビド・ルイス → 88’ソクラテス
ティアニー → 90’+12’コラシナツ
ベジェリン
ジャカ
セバー

もっとみる

何事も継続

こんにちは。荒野行動にハマりまくってる奥津です。日々課金との葛藤です。
ももちゃんに頑張れと言われたので頑張ります。
ようやく自粛期間も明けて部活動再開が近づいてきましたね。嬉しいですとっても!
突然ですけど、僕生き物が大好きなんです。
全然サッカーとは関係ないことから描き始めるんですけどここで読むのやめないでくださいね。
田舎育ちということもあり、小学生の頃から学校に早く行ってクワガタ採って放課

もっとみる

【怒ること】【褒めること】への責任

最近議論されている【怒ること】の必要性や、【褒めること】の必要性。

私は意識的にどちらもしないようにしている。

【怒ること】は相手に『恐怖』を与え、支配をすることができる。

サッカーの指導者をしている私はこの光景をよく目にする。

困ったことに強豪校と呼ばれている多くのチームは指導者の『絶対的恐怖』を駆使し、支配をしていることが多い。

【怒ること】で得られるものは怒る側の精神的安定である。

もっとみる