DMMmakeAKIBA

新しい工作エリアに行ってきました
+4

新しい工作エリアに行ってきました

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「MAKERS」向けの投稿を続けています。 今日はDMM.make AKIBAの12Fに新たにオープンした、工作エリアについて書き綴りたいと思っています。 作業しやすそうな空間 今週オープンした「フリーアドレス工作エリア」は、写真の通り試作品や作品など、モノづくりをするためスペースになっています。 工作用のテーブルと椅子に変わったものの、普通にPC作業するのも出来そう

スキ
61
リサイクル素材を移設しました
+3

リサイクル素材を移設しました

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「MAKERS」向けの投稿を続けています。 今日は先週リサイクル素材を移設した時のことを、書き綴りたいと思います。 リサイクルを移設しました 先週もお伝えした、DMM.make AKIBA STUDIOのクローズに伴ない、リサイクル素材の移設作業を行ないました。 この場所では様々な思い出深い出来事がありました。ここでの出会いがご縁となり、私自身の進化にもつながりました

スキ
56
DMM.make  AKIBAのStudio開放デーに参加しました!これまでの振り返り〜
+1

DMM.make AKIBAのStudio開放デーに参加しました!これまでの振り返り〜

こんにちは。RapidXです。 8月末でDMM.make AKIBAのStudioが閉館し、Baseに統合されるということで、 最後にStudio開放デーに参加させていただきました。 (写真は以前のものですが、、) Studioがなければ私たちの活動が数年遅れていただろうと思っており、 スタートラインのプログラムに昨年末に採択いただいてからの数ヶ月を振り返ると感謝の気持ちです。 そこで今日は昨年からの流れを振り返ってみます。 最初はドローンを作ろうとしていた「火災ゼロ

スキ
14
STUDIOとのお別れ
+5

STUDIOとのお別れ

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「MAKERS」向けの投稿を続けています。 今日は8/31に惜しまれつつ約七年間の歴史に幕を閉じた、DMM.make AKIBAのSTUDIOについて書き綴りたいと思います。 DMM.make AKIBA STUDIO 私のnoteをここ最近お読みはじめた方に説明しておくと、DMM.make AKIBAはハードウェアスタートアップ(モノづくり系に起業家)を支援するために

スキ
70
AIBOとの驚きの再会
+6

AIBOとの驚きの再会

どうも、ウクモリ ヒロオです。 今日は金曜日ですが、DMM.make AKIBAでの出来事について綴ろうと思います。特別なストーリーで、少しほっこりするような内容です。もし宜しければ、最後までお読みいただけると嬉しいです。 STUDIOについて 先日、DMM.make AKIBAの10F STUDIOが営業を終了しました。私はオープンして少し経った後、2015年頃から行くようになりました。 初めて行った時のこと、今でもはっきりと覚えています。 特にSTUDIOは、入っ

スキ
68
【発明家Ricky】人類にとってのコミュニケーションの必要性 - スマートマスクを通じて。
+9

【発明家Ricky】人類にとってのコミュニケーションの必要性 - スマートマスクを通じて。

発明家 Ricky こと滝本力斗です。今回は現在開発しているプロダクト、スマートマスクのコンセプトでもある「コミュニケーション」について掘り下げたいと思います!近況報告としてはTSGの二次審査に挑戦中です!応援のほどよろしくお願いいたします。 スマートマスクがどのようなものかは上の記事で詳しく説明されておりますので、ぜひご覧になってください。 1. コミュニケーションとは「共有化」である コミュニケーションとはなんでしょう?身近でコミュニケーションと呼ばれる場面を想起し

スキ
4
思い出を絵にしました!
+2

思い出を絵にしました!

スキ
1
note始めました!

note始めました!

初めまして。画家・グラフィックデザイナーとして活動している海老澤豊です。アーティスト活動は「Yutaka Ebisawa」でやっています。グラフィックデザインの専門学校を卒業した後、個人で活動しています! 自然をテーマに絵を描くことが好きです。生き物や風景を点描画で表現しています。画材はケント紙のイラストボードとボールペンです。ペンは「uni-ball SigNo」の0.28を使ってます! また、株式会社五右衛門の創業メンバーで、デザイン関係の事業をしています。ホームペー

スキ
3
ASU-KACHI PROJECT の公式サイト完成です
+2

ASU-KACHI PROJECT の公式サイト完成です

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「MAKERS」向けの投稿を続けています。 完成しました! 以前お知らせしていた、ASU-KACHI PROJECTの公式サイトが完成しました。 数ページの簡素なものですが、どんな活動をしているプロジェクトなのかが最低限分かるよう配慮しています。スマートフォンでも見られるようにしてありますので、もし宜しければチェックしていただければと思います。 まだ、充分な内容でないこ

スキ
54
ピッチを磨き込むと事業の解像度も高くなる

ピッチを磨き込むと事業の解像度も高くなる

こんにちは!RapidXの正留世成です。 6月、7月はピッチをこれまで以上にやらせていただいた月でした。昨年は数ヶ月に1回くらいのペースでピッチの機会があったのですが、最近は1日に4回もピッチをした日がありました。これでもまだまだ少ないのかも、、ですね。 ピッチが良いからと言って事業が良いかは全く別問題というのは絶対そうだと思うのですが、ピッチを磨き込もうとすると事業の解像度を上げるしかないので、結果として個人的には得をしているように思います。 絵に描いた餅では意味がな

スキ
5