黒坂宗久

正解なんてない。無いから挑戦する姿に価値がある

池松さんって知ってます?

僕は知っています。
文字でのやり取り、Zoomでの会話、そして直接会って色々な話をした経験もあるので、僕は池松さんを知っていると言えます。

noteを書いたり、Twitterしたりしていて出合ったのが池松さんで、COMEMO HUBというのをやっていた時に知り合いました(オンラインで)。

実は、以下のnoteを書くように勧めてくれたのも、池松さんですし、下書きへのコ

もっとみる
私もスキです!!
12

「食の選択肢が増えただけ」というのが、今のところの私の感覚。でも、使えるようにはしておきたい。

毎日は無しです。
というか、私はUber Eatsを利用したことがない、一度も。

ごめんCOMEMO。

でもこの企画面白いから書きます。

我が家が何故利用していないかというと、我が家には小学校低学年と保育園児がいるということもあり、ご飯は主に自宅で料理して作っています。そして、妻と義理のお母さんが美味しい料理を作ってくれて、子供たちも(文句を言うこともあるが)喜んでいます。

そんな状況もあ

もっとみる
私もスキです!!
9

科学技術の裾野の広さを支える博士課程の学生が減っているのはまずいと思う

最近「科学技術立国日本」に関する記事をよく目にするので、自分用のメモとしてnoteを書くことにしました。間違っている点などがあれば、教えて下さると嬉しい限りです。

さて、一番新しい記事は2020年10月4日のこの記事です。

5日からことしのノーベル賞の受賞者の発表が始まります。3年連続での日本人の受賞となるか注目されますが、科学技術立国を支えると言われる日本の大学院の博士課程の学生の数は、修士

もっとみる
励みになります!
12

改めまして…行動x発信専門家の黒坂です。フットワーク軽く行動し、楽しく発信してます

思えば、300記事近くも書いているのに、自己紹介noteを一つも書いていないことに気付いたのと、色々な区切りがあったので、改めましての自己紹介noteを書くことにしました。

①黒坂ってどんな人?
②書くことの良さって?
③それで、この先どうしたいの?

この3点について書きたいと思っています(ちょい長いですが)。

■ 普段は何をしているひと?

本業は、英国調査会社エバリュエート(主に、製薬企

もっとみる
また、読んで貰えると嬉しいです。
51

今、黒坂が好きでやっている4つのプロジェクト紹介(2020年10月1日時点)

「智識は人を高める」をモットーに、アゼルバイジャンに日本語書籍の図書館を作ったり、色々な職業の方にお話しをして貰うオンライン講座、日経COMEMOの応援、そして自分自身が好きなコトを色々とnoteに書いています。

今回は現在稼働中のプロジェクト4つを紹介します。(2020年10月1日時点)

黒坂宗久(クロサカ ムネヒサ)
74年神奈川生。子供の頃に科学雑誌「Newton」に触れ、科学者と宇宙飛

もっとみる
また、来て下さいね。
25

つい今しがた、「黒坂図書館の偉い人」が自分と同年輩だと知ってたまげている。ひぃぃぃぃぃぃぃ!!(卒倒)😱

ジュ・テーム・モア・プリュ❤😉✨
5

価値は二の次のままでいいのだろうか/日本の薬価制度

今年2019年2月に承認された日本発の遺伝子治療薬コラテジェンの薬価が中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)で決定されました。

コラテジェンが承認された2月にはノバルティスのCAR-T製剤キムリアと同時承認で、モダリティ(技術)の多様性化時代が始まった~っと興奮してましたが、下記の記事を書いていましたが、正直言って、今回の薬価を見た瞬間に2月の興奮は冷めてしまいました。。。

これは欧米

もっとみる
よければシェアもお願いします!
13

もう引っ込みがつかない感じなんでしょうか

ここまで来てしまうと、司法の判断が必要なんでしょうか。

本庶氏側が訴えを起こすのは、米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)と小野薬品が米メルクとの特許侵害訴訟で和解した際に決められた特許の使用対価の支払い配分について。本庶氏側はBMS・小野薬品を通じて、本庶氏側が受け取る対価として全体の10%を主張。現在の対価は少なすぎると主張していた。

この和解に伴うライセンス契約により、
小野とBMS

もっとみる
励みになります!
16

無意識のレンズ

これまでの歴史を紐解くと、
人種の差による優位性といった偏った考え方とか
帝国主義的な考えのもとで多くの国を属国としてきました。

それも自分たちが素晴らしく、
それ以外は素晴らしくない、
といった考えが根底にあり、 それが発露していました。

悪意があった場合もあったでしょうが、
無かった場合もあったと思います。

そうした思想や行動は、現代においてもあります。

個人間のやりとりもそうです。

もっとみる
励みになります!
15

やっぱり始まってますよね、相互雇用

気になる記事があったのでシェアします。

記事の冒頭部分はこんな感じで始まります。

世界的な開発競争が激しさを増すなか、企業が大学の知見を活用しようと 連携を一段と深め始めた。ダイキン工業やアステラス製薬は今秋にも、
教授や准教授らを大学に籍を残したまま雇用し、自社の研究に参加してもらう。互いが一つの目標に向けて協力し成果を出すことを目指す。

なかなか良い流れだなぁと思います。
ただ、その背景

もっとみる
励みになります!
14