足底腱膜炎

踵骨棘の治療の相談

東京都武蔵野市の整形外科で作成された「診療情報提供書」とレントゲンの写真とMRIの画像をDVDにいれた資料を持って来店 『右足踵骨棘(しょうこつきょく)』 足のバランスを整えてもらいインソールを作ってもらったらよくなるだろうと言われてお越しになった 担当の先生からは「湿布での治療でしかここではできないので足の筋肉の状態を整えてくれるところで相談してごらん」と言われて診療情報の書かれたものとデーターが提供された 来店されたのは、2015年8月12日 足のバランスを見て

スキ
1

足底腱膜炎になりました。

足底腱膜炎になりました。 右足の、裏が激痛です。 激痛は大げさでした。 右足の、裏が痛いです。 2月くらいから なんとなく 「右足が痛いなぁ…」 「むくむなぁ…」 「運動不足かなぁ…」 と思っていました。 夏になり 暑さから、散歩の頻度も減り ますます痛い やっぱり運動不足だぁ いたーい (i_i) しかし、先月くらいから 寝起きに激痛(これは本当) 朝は、 足の裏をかばいながらじゃないと 痛くて歩けないほど でも 散歩などに行くと 次第に痛みは和らぐ

スキ
52

足底腱膜炎

〜足底腱膜炎とは〜 足のアーチ構造を支える足底の腱膜が炎症を起こしている状態です。 それでもね、回復確かに感じてた。 今朝の私は元気だった。棚に小指ぶつけるまでは… "苦しさが増してくるが、ある時点から逆に、恍惚感が生じることがある。"エンドルフィンがどう働くかのメカニズムは解明されていない。しかし、脳内にモルヒネ同様の快感ホルモンが満たされていることが判明した。 湿布が二枚で、 しっぷっぷ。 i started to fall for you ever sin

足底筋膜炎になった話

 足底筋膜炎になったのは、人生で2回目。1回目はベアフットランニングが流行った頃、ルナサンダルでランニングを始めた時にすぐに足の裏に違和感を感じた。インターネットで検索して、足底筋膜炎という病名を初めて知った。この時の症状は重く、走ることができなかった…気がする、というか記録を残していないのでどのようにして症状が治まっていったのかをよく覚えていない。というわけで今回は記録に残して忘備録にしたいと思います。 ①どのようにして発症したのか 今回の発症は、今年の8月上旬、沢登りを

踵にできた「骨棘」どうする?

様々な治療方法があるが、原因が理解できるとアプローチが変る 多くの専門家は足のアライメントの崩れと説明する 足のアライメントとは足の機能が十分発揮できるような最適な位置関係のことで、最適で正しく配置された骨の位置と言われている しかし難しいのは足のアラインメントをうまく整える事の出来る人は少ないことだ 簡単に言うとバランスの良い足の状態に整える事でアライメントの崩れが治ると言える 専門家の話を素直に考えると踵骨棘は、そのアライメントが良くなれば(矯正できれば)良くなるは

スキ
9

踵・踵周辺の痛み

足の裏の痛みは様々な部位で痛みの名称が異なるようだが、ここでは『踵』について整理してみる 痛みの状態は人それぞれで足の健康状態によって痛みが異なりその痛みを説明するのはとても難しく専門家が聞いても理解するのは困難と言われている ここでは「踵」に注目して一般に良く聞く「治療」と痛みを改善する「改善方法」について整理してみる 踵の痛み踵の悩みは足の状態と筋肉の柔軟性の状態で異なる 整形外科や足の専門外科などの担当医によって同じ患者の症状に対する治療方法が異なるようだ 痛みの

スキ
4

10kmランに挑戦【25日目】

両足、足底腱膜炎になってしまった。。 かなり、痛い。。。

スキ
3

扁平足 part1

✅Deep Learning!    ☝️Clinical Experiences! ✅足部アーチ構造を保持する組織は骨などの静的支持組織、筋などの動的支持組織に分けられます。  足部アーチの主な機能は 衝撃吸収機能 剛性を高めることで動作時の力の伝達効率を高める機能 です。扁平足には特に内側縦アーチの過剰低下が関わってきます。  扁平足はシンスプリントや足底腱膜炎などを引き起こす要因になることもあります。  バネ靭帯は底側踵舟靭帯の通称です。近年、バネ靭帯とい

スキ
3

ウォーキング13日目にして踵が痛い

こんにちは。 インド料理屋さんに行って、国旗を見た娘が、「あの太陽足長いなー」。 。。。。。はい?!?!?! すごい視点。 さて。。。 ウォーキングを12日間継続していたのですが、今日昼頃から何だか踵が痛い。 ヘルニアで痺れている足とは反対側なので、ヘルニアは関係ないと思うのです。 思い当たるのは、昨日子供らと1キロ弱歩いたことくらい。 それくらいで痛くなる?? これまでのウォーキングでの負荷が今出てきたのか? この症状は2回目で、ヒール靴を履いてよく歩いた日

スキ
2

踵の痛みの原因(足底腱膜炎)

長い時間歩いたり、走ったりした後に足の裏が痛くなった事は、ありませんか? 足の裏には、土踏まずの安定を支える、「足底腱膜①」と「底足踵舟靱帯②」があり、土踏まずの沈下を防止する働きをする「長母趾屈筋③」と「長趾屈筋④」がありこれらが土踏まずを支えている。 この中でも、足底腱膜と呼ばれる土踏まずの一部を構成するものが、走ったり、歩いたり、ジャンプしたりする時に伸びたり縮んだりして、衝撃を吸収するバネの働きをする厚い膜である。 この腱膜にストレスが掛かりすぎて炎症を起こし足

スキ
2