弱音を、はいていいですか。続編(トラウマが体を邪魔する)

「あなたは、どうしたいの。」

これは、精神科のケースワーカーさんや、役場の職員に言われた言葉だ。そう聞かれたとき、私は自分の意思を答えられなかった。

前回のお話を読みたいかたは、こちら。

なぜなら私が育った環境は、
「あなたは、どうしたいの。」と言ってもらえるような自由が尊重される家庭じゃなかったから。

むしろ、自分の意思で行動すると、母親から非難され続けてきた人生だった。

だから「あな

もっとみる
とってもうれしいです☺️🌷
17

世界の中心でかつて見たこともない犬

タイトルはおふざけです

自分解離性障害なのでタグで他の人の記事も読んだりしてます

わかりみが深い〜…。

出会ったこととかさ、無いじゃん?現実で

うつ病も患ってるけどね、うつ病は出会ったりするのよ

でも解離性障害ってさ、基本バレないようにするやん?ショックなことあっても知らない間にその場を上手いことしのいでること、あるやん?(紳助)

記憶飛んでもなんとかなってたりするやん?まぁ激ヤバのす

もっとみる
励みになるわあ、これ以上の励みはないわあ!

ありがとうとこんにちは

こんにちは

毒にも薬にもなる親を持つんだけどそれって何親?

ずっとnote書いてなかった

だって文章構成能力の低下があまりにも顕著で…

私の高校時代は魔法のiらんどだとかblogだとか前略プロフィールだとかだとか

とにかく文字使って自己表現していたんです

あの頃の文章構成能力どこにいったかなーって…。

なんか凹むんで更新やめてました★彡

なにそれ😂😂😂

最近働きはじめたんで

もっとみる
ねえ好き!!!
1

【自分を生きる とは】

わたしは「解離性障害」というものを持っている。

だからか分からないが、常に自分がVR空間に居る様に感じる。

「生(せい)」を自分でも感じていない。

多分それの所為で「覇気」もないだろう。

血が通ってるの?って周りには思わられると思う。

わたしは昔から繊細だった。

それをもっと親が色々と足並み揃えたり自己対処出来る様に教育してくれたら良かったんだが、わたしはそれをされた覚えがない。

もっとみる

ワタシ.2 (持病)

写真は、ワタシのアイコンにもなっているカヤクグリ(漂鳥)という野鳥。
漂鳥にあたる。夏と冬、高山と低山を行ったり来たりして、繁殖地や棲(す)む場所を1年間で変えている鳥。
声が綺麗なんだわ。
ピリリリって鈴虫みたいなとても綺麗な声を出す。
名前の通り、茅(カヤ)の中に潜って過ごしているため“カヤクグリ”と呼ばれる。
仕草がとてもかわいいのよ。

とりあえず、下記の大きな持病6つを簡単に紹介してみる

もっとみる
(ツバメ)土食って虫食って口渋いー
2

虐待された子(私)は
周回遅れで人生が始まる

親から愛されている子が
世界へ飛び出して行く背中を見ながら
グラウンドを何周もしなければならない

母親から押し付けられた
宿題が重い

諦めてしゃがむ子
笑って目を背ける子
走り続ける私

最後の答えが
全員に優しくあるように走る

ありがチョモランマ!モホロビチッチ不連続面!!
61

海の日記

こんにちは、こんばんは。海です。

本当は僕にもTwitterアカウントあるんですけどめんどくさくてぷりんさんのアカウントを使ってました、すみません。

どうやら4月に作って何件もツイートしてたっぽいですがぷりんさんが気持ち悪がって消してしまったっぽいです、残念。

僕の変化これ最近薄々気づいてたことなんですけど僕という人格に変化がありまして

前→ぷりんさんとの記憶に繋がりがあって会話に支障がな

もっとみる

「基本」に還ることにした。人生も精神科も、わたしも。(前編)

最近、精神療法がうまくいかなかった私。

精神科の先生が言った。
「はじめに戻って土台づくりから始めよう」と。

そう言われたとき、私は納得がいかなった。
(なに言ってるの先生。ここまで精神療法やってきたのに、なんでまた戻るの。)と、一人で憤慨していた。

主治医に理解してもらえるか不安精神科の診察が終わったあと、ケースワーカーさんと話をした。

いろんな不満が私のなかで爆発していて、思いの丈をケ

もっとみる
とってもうれしいです☺️🌷
18

【議事録】「トラウマによる解離からの回復」第4-5回

2021年1月中ごろから「トラウマケア系研究会」という名前で研究会を作り、メンバーを募集しました。

この研究会はひとつのテキストを読んで終わりという形式ではなく「トラウマケア」というテーマで継続的にさまざまな本や論文を読んでいきます。

参加メンバーはトラウマケアやスキーマ療法や愛着問題に関心のある人を募りました。今回の課題図書である『トラウマによる解離からの回復』では、他分野交流をしたかったた

もっとみる
シェアしてください!

【議事録】「トラウマによる解離からの回復」第3回

2021年1月中ごろから「トラウマケア系研究会」という名前で研究会を作り、メンバーを募集しました。

この研究会はひとつのテキストを読んで終わりという形式ではなく「トラウマケア」というテーマで継続的にさまざまな本や論文を読んでいきます。

参加メンバーはトラウマケアやスキーマ療法や愛着問題に関心のある人を募りました。今回の課題図書である『トラウマによる解離からの回復』では、他分野交流をしたかったた

もっとみる
他の記事も読んで!