花總まり

【Report】 トート役は井上芳雄・古川雄大に山崎育三郎が加わりトリプルキャストで、2020年「エリザベート」製作発表会見(2019)

2019年帝国劇場公演の興奮が冷めやらないミュージカル「エリザベート」の2020年全国ツアー公演の製作発表会見が11月12日、東京都内のホテルで開かれ、今年トート役を演じた井上芳雄と古川雄大に加えて、ツアーの最初の公演となる帝国劇場での東京公演では新たに山崎育三郎がトートとして出演(井上は2番目の大阪公演から出演)することが発表され、会見会場に招待された一般オーディエンス200人から大きな歓声が上

もっとみる
「スキ」をいただきありがとうございます
2

エリザベート20周年とその重み

50倍!!の競争率の抽選があたって、2020年のエリザベート記者会見にいってきました。

ミラクル。これ、ご招待状♥️

冒頭に、東宝エリザベート20年の歩みを映像で。
やまゆうさんの若くりりしい頃の(いまもりりしいですよー)映像やら一路さんやらから、マテさん武田真治さんの映像(ある意味貴重…)で歴代の歌声を繋いで…そのあとに、2020年キャストが発表されました。

!!!!!!!
いっくん?

もっとみる
!!!!
10

エリザベート2019

音旅2019 014 0630→015 0719

エリザベート@帝国劇場

『エリザベート』は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリーザベトの生涯を描いた、ウィーン発のミュージカル。脚本・作詞はミヒャエル・クンツェ、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ。日本版演出・訳詞は小池修一郎。

6/30 マチネ
エリザベート初観劇。いつか見たいと思っていた井上芳雄と、我らが京本大我が同じミュージカルに出る

もっとみる

エリザベート 2019年7月30日

#エリザベート #花總まり #古川雄大 #山崎育三郎 #涼風真世
#帝国劇場 #2019年7月30日 #昼の部

前回観たのが丁度3年前。
あれからもう3年も経ったのか、とその間個人的に色々あったので感慨深いです。前回観たエリザが私の中ではベスト(宝塚版も含めてね)。花總はもちろん城田優が抜群だったから。
さて、今回は?

イマイチでした。
(3年振りなので)気負って劇場に行った訳でもなく、いつも

もっとみる

光と影が絡み合いながら、互いを昇華させていく美しさに満ちた作品…★劇評★【ミュージカル=エリザベート(花總まり・井上芳雄・平方元基・三浦涼介・涼風真世・成河出演回)(2019)】

かつてミュージカル「エリザベート」の劇評の中で、「陰影がとても豊か」と書いた。死や裏切り、逃避、愛の渇き、焦燥、はかなさなどマイナスイメージの強い要素で構成された作品であることを理由に挙げ、その要素が織りなす悲しみの陰影が「美しくにび色に輝く」という意味合いを込めた。確かにそれはこのミュージカルのひとつの部分を言い当てているだろう。しかしそれから3年経ってあらためて再演されているミュージカル「エリ

もっとみる
「スキ」をいただきありがとうございます
5

マリーアントワネット 2018年11月7日

#マリーアントワネット
#帝国劇場
#2018年11月7日
12年前(2006年)にこの舞台ができていたなんて知らなかった。
宝塚版とはまた違って面白かった。特にフェルゼンの役回りが大きく違ったと思う。そのためか、話の展開が素直に入って来た。
#昆夏美#花總まり と堂々互角に渡り合っていた‼️ 感心した。

忘れちゃいけない花總まり
彼女は下りるとき階段をやっぱり見なかった❣️
(一瞬目線を

もっとみる

Especially For You 2016年2月27日

先週は花總まりファーストコンサートにも行って来ました。
肩肘張らない良いコンサートでした。
25周年であれば舞台に立って今更緊張するはずもなく・・・。

まさかまさかの「エクスカリバー」を当の本人たちで聴くことができようとは!
18年前、チケット行列に並んだことを思い出しながら聴いていました。

エリザがないな、と思っていたらアンコールで「私だけに」を!
もはや彼女の持ち歌みたいになってますね。

もっとみる

1789 バスティーユの恋人たち 2016年4月19日

曲が良い。
オーソドックスなミュージカルの曲調とは違います。
ロックミュージカルというそうな。

去年月組で観て面白いなと思って、まりちゃんも出ているからまた観ました。
ねねちゃん上手かった。

佐江ちゃん頑張れ!!

もっとみる

エリザベート 2016年7月10日

#エリザベート #帝国劇場
#花總まり #城田優

ヅカを含めて今まで何回も観たエリザの中で一番良かったです❗
各役どころと役者とがピッタリ合って、違和感が全くありませんでした❗

「おまえに命許したために、生きる意味を見つけてしまった」

トート閣下、過去最大の後悔のことば。

この場面が好き。

城田優の演技が 「上手いっ!」 と思った場面。

エリザベートが樹から落ちて、黄泉の世界へ誘おうと

もっとみる

レディ・ベス 2017年10月30日

再演、面白かった!!

3年前の5月に観劇して以来2回目。

アン・ブーリンの歌声を聴いただけで劇場に足を運んだ甲斐があったと思う。
役柄上、重く低く歌うその声は私の心に響きます。

劇場内の空間を満たすたっちん(和音美桜)の歌声は何物にも代え難い。

この演目、話が非常に分かり易い。
中世の物語は登場人物の関係が複雑、
横文字の名前も当然ながら馴染みが無い、
というのが一般的かと思うが、
これは

もっとみる