小学生の頃

ペンギンぱんだとは何者なのか
ここでは私について、自分の為にも書いてみようと思います。

***

1990年広島県で3人兄弟の長女として生まれ、
間もなく父親の転勤で岐阜県に移り住んだ。
父は製薬関連の仕事をし、元保育士の母はしばらく専業主婦だった。

幼少期の記憶は少ない。
絵を描く事や工作が好きだったようで、2歳の頃からハサミを握り、広告のジュエリーを切り取っては集めていたと言う。
幼稚園で

もっとみる

自傷行為はやってはいけないの?(本のネタバレ有り)

いや、二つ目の記事がこれかよっ!って思った方、そこのあなたですよ。風呂に入ってて思い付いた事なのでこれまた拙い文章かもしれませんが温かい目で見てくれると幸いです。

自傷行為とは意図的に自らの身体を傷付けたりする行為のことです。(Wikipediaから引用)私も知って結構間もない人間なのですが最初に受けた印象は「自分の身体を傷付けて何になるんだろう」でした。自分の手首を傷つけてもいいことなんて無い

もっとみる

代表者『リリア』挨拶

『心のSOS駆け込み寺』カウンセリングルーム、
薬剤師兼カウンセラーの『リリア』です。

最初の記事を読んで頂きました皆様、有難う御座います。
まだブログを書く、という事に不慣れな私ですが(昭和生まれの女です…)、
なるべく皆様に『心のSOS駆け込み寺』の事を知って頂けるように、日々更新していけたらと思います。
宜しく御願い致します。

本日の記事は、『リリア』の挨拶です。
もし私がカウンセリング

もっとみる
『スキ』ボタン、有難う御座います🌸
2

『心のSOS駆け込み寺』2021年1月12日本open致します。

はじめまして。
薬剤師兼カウンセラーの『リリア』と申します。
宜しく御願い致します。
(堅苦しい文章になってしまうかもしれないのですが、どうか最後までお読み頂けましたら嬉しいです…涙)

ブログとHPのトップ画面に、私の顔写真を載せたのには理由があります。
これからカウンセリングに来て頂く方と、きちんとした『信頼関係』を築きたいからです。
初めて会う人が、顔も人柄も知らない人だったら、不安ですもの

もっとみる
『スキ』ボタン、有難う御座います🌸
5

躁鬱

ここ2.3日やけに活発的だった。
久しぶりに両親とたくさん話し、買い物にでかけたり、部屋を掃除したり、発作の原因の一つでもある“これからのこと”なんかを母親と話し合ったり。noteも始めたしね。
とにかくそわそわして落ち着かずも小躍りなんかもしちゃったりした時間もあった。

母親とどん底まで落ちたからもう治っちゃったのかもね!なんて笑い合った。
そうか!そうなのかも!と私の症状を助けてくれた人達み

もっとみる

自傷行為の末

鬱状態が続いてからおよそ半年と少し経ったと思う。
パニック・不安・双極性障害などと医師からは診断されてきた。先月、精神病棟から退院した。人生初の入院であった。

自傷行為はなんやかんや数年以上続いている。

先日、あることがトリガーになって抗不安薬と睡眠薬を一気にODし、いつものようにアームカットをした。
もう色々と限界で、腕を焼いてみたり、ODを試し始めてみたりと酷い状態の日々が続いていた末だっ

もっとみる

134.自己開示の効果。

今年の6月。

元引きこもりであることをオープンにし、まだ未知の世界のnoteを始めることに、抵抗を感じていました。

「受け入れてもらえるだろうか?」

そう思いながら、恐る恐る…

↓今読み返してみると、とてもそうは見えませんね(笑) 内心ドキドキでした!

6月22日の「はじめまして」から、今日(11月22日)でちょうど5か月です。

こちらののスキ♡の数が90を超え、100のスキが見えてき

もっとみる
ありがとうございます♪ 明日もがんばれます♪
23

手首の傷:2020年11月19日(木)

今日は仕事で神奈川方面まで向かった。

電車で乗っている際、ふと対面の席に目を向けると女性が座っていた。
30〜40歳くらいだろうか。ラフなスウェットを着ており、袖をまくっていた。
部屋着の様にも見えたので、もしかしたらこの近くの住人なのかもしれない。

気になったのが、手首辺りに刻まれた無数の傷跡。
事故や怪我でできた傷ではなさそうだ。自分でつけた傷なのだろうか?

自分で自分を傷つける、悲しく

もっとみる

心理的瑕疵マントをまとった英雄の話

今回は自分と、自分の身体が好きになれなくて苦しい方へ向けての個人的なお話です。占いに関するスペシャル情報なんかはない。

先日中学一年生12歳の少女が通学電車で小学校教諭から体液を掛けられる事件がありました。

被害を訴えた中学生と乗客により防犯カメラが調べられ、後日彼女の制服に体液をかけた男性の身元が明らかになったそうです。

今年の春、コロナ禍の中で進学した中学生のまだ一年も着ていない制服がそ

もっとみる
(>_< )☆L★O☆V★E☆
58

133.自分に問う。

「ほんとうは、どうしたいの?」









「ほんとうは、どうなりたいの?」









「変わりたい。」

「こんな自分もう嫌だ。」









しかし、です。

「でも…」

「〇〇はやりたくない。」

「〇〇するのは経験がなくて、こわいからイヤだ。」

「〇〇は、〇〇だからイヤだ。」

「めんどくさい・・・(-_-;)」

やらない発言(言い訳)があ

もっとみる
ありがとうございます♪ 明日もがんばれます♪
13