救われた命

私の病気は
15年前の自傷行為によって
判明しました。

《保護入院》
となるまで
母と夫と待合室で
「昨日の出来事は、何かの間違えだよね」
なんて
笑いながら話してたのを
覚えています。

でも
精神科医の目は鋭かった。

全てを見破られた気がして
自分が一瞬にして
崩れ落ちました。

診察室から病棟への
渡り廊下を自力で歩けず
車椅子に乗せられた記憶が
ボンヤリあります。

これが
全てのはじ

もっとみる

49.言ってほしかった言葉

こんにちは。りみ子@元引きこもり*です。

私は少女マンガの影響から、中学2年の頃初めてのリストカットをしました。

***

実家で隠れてリストカットをしていた頃、母になんと言ってほしかったのか。

もっと幼いころに自家中毒で嘔吐していた時も、リストカットをしていた頃も、身体からのSOSだったように思います。

言葉で「助けて」と言えなかった私の自衛手段だったのでしょう。

「どうしたの?なにか

もっとみる
ありがとうございます♪ 明日もがんばれます♪
9

心の支えは先生そんなもんはいない

支えにしてはいけない

支えなど存在しないのだ

頼れるのは自分のみ

誰かに何かに

依存しても何もならないのだ

そんなもの

いずれ壊れる

私は私に頼れるほど

強くない

だから切る

切るしかできない

頼れるものはない

自傷行為の始まり

私の不幸は全て自業自得だ。

そう思い始めてからまもなく自傷行為が始まった。

痩せなきゃ。

拒食症に走った。朝は食べず、昼は極限に減らし、放課後は部活、晩ご飯はダイエットって言って少ない量を食べた。

それでも思うように体重が減らない、可愛くならない、不幸のまんま。

あーあ。やっぱ私ってダメな人だ。ダイエットすらちゃんとできない。

涙を流しながらそう思い、自分の腕を爪立ててギュッと握った。

もっとみる

死が覗く

”死にたい” 何度思ったことだろうか。今までこの”死にたい”を抑えるために腕を切り、血管に針を刺した。自傷をすればこの”死にたい”は薄れていくと信じていたから。でも最近気づいてしまった。”死にたい”という気持ちは既に私の心に深く深く巣食っていて私の心を全て”死にたい”一色にするのを虎視眈々と狙っている、ということを。

そして私の心が”死にたい”一色になった瞬間が私の最期。

最近”死にたい”気持

もっとみる
スキ♡してくれたあなたにスライディング土下座を届けたい。
7

僕の彼女は障害者#13

新しい心療内科に通院先を変えて、若い女医さんが主治医になった。
この先生は本当によく話を聞いてくれて、こちらの希望を受容してくれる先生だった。
この頃、彼女は自宅で私に対して極端に攻撃的になることがあった。
一番多かったのは目つきが悪い彼女よりも私が先に寝てしまった時のこと。
「私のことなんてどうでもいいんだ!」と言い別室に言ってしまう。
気づいて呼びにいかなければ何時だろうと関係なく怒りだして1

もっとみる
スキありがとうございます!
1

No.①

いつからか、自分のホントのことを言わなくなった。具合が悪くてもごまかしていうようになった。どうせ何言っても否定されるだけと決めつけて。いつだろ、こんなになったのは、いつだろう、自分の体に傷が増えるのが怖くなくなったのは。そういつも思う。思うけど、やめられない。いや、多分やめたくないんだ。痛いも感じるけどそれが何故か嬉しい。生きてるって痛いって感じることなのか。そう感じるようになった。なんだろ。もう

もっとみる

救急車に運ばれて尿道カテーテルを挿入された時の話

こんにちは、楽しい人生です
俺は1度救急車に運ばれたことがある
とても迷惑な話だが
オーバードーズをして体が動かなくなってしまった

~~~
ドラッグストアで
「ブロン液L」
という薬を買った

この薬にはデキストロメトルファンという物質が入っており多量摂取するとキマルらしいのだ

当時、
ブロン錠odはしていたが、このブロン液Lのオーバードーズはやったことがなかった

Twitterのフォロワー

もっとみる
ありがとう😆やる気100%
28

15歳から始まった地獄。

あ、私って頭おかしいんだな。

って思い始めたのは15歳の頃

側から見たら私は元気でカースト上位、友達たくさんいて、2年付き合ってる高身長イケメンの白人彼氏いて、スポーツ万能で家庭環境も良い。

でも本当は自分が嫌いでいつか友達に捨てられるんじゃないかという不安から日々SNSで仲良しアピールしてました。自分に自信ないが理由で当時付き合って2年経つ彼氏とはいつも浮気を疑って喧嘩して、口下手な彼氏は

もっとみる

リスカや自傷行為をやってはいけない事の様に語る風潮にNOを

リスカを自傷行為をやってはいけない事の様に語る風潮にNOを

著:石山始

僕はリストカットをしたことは無い

でもネックカットをしたことならある、2~3回ほど

結局表面を傷つけただけで終わったけど

でもなんでも自傷行為を悪い様に言う風潮にNOを突きつけたい

僕にとっては自傷行為はメッセージなんだな

僕の知り合いの場合は

「リスカを愛している」とまで言い切っていた

「卓球の試合の景気づ

もっとみる
忝いです、あなたも「スキ」が増えますように
3