笑い狼は笑わない

テレ東ドラマ最終回名前と著作出ました

昨日、noteの記事に出てたから、きっと流れるはずと固唾をのんで見守っていましたが、無事に名前と書作名もドラマのエンドロールで流れました。

これにて4回に渡るドラマのエンドロール全てに載ることができました。

願わくば、採用クリエイターになりたかったけれど、それは叶いませんでした。とりあえずは完走できた自分を褒めたいと思います。

次の100文字ドラマも何かしら関わることが出来れば超ラッキーです

もっとみる
うれしー!
26

今夜最終回「知らない人んち」に著作出るかな?

いよいよ今夜が最終回です。

すでにnoteの方で最終回の脚本会議の様子が公開されています。

またまた名前が出てました!

しかし、最後まで採用はされなかった。残念――!!

でも、今日、またエンドロールに名前が流れたらいいなあ。

今回は名前をNovelJam仕様に変更したから、著作入りなんですよ。これで流れたら、嬉しい!! そんなに都合よく事が運ぶかはわからない!

とりあえず、4回にわたり

もっとみる
ありあり~!
20

文フリ東京に著作「笑い狼は笑わない」紙版出てます!

本日は文フリ東京です!

今回NovelJamは文フリ東京で紙版を売っています!

もちろん私の著作も売ってます!

ワンコイン500円!!

買いに来てねー!!

ちなみに電子書籍で買うと220円だから、お安いわよ~!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

もっとみる
ありあり~!
17

テレ東「知らない人んち(仮)」#4話

とうとう最終回。

またまた時間がないので、アイディアメモ。

昔起きた事件は、子供のひとりをアク、キャン、ジェミ、きいろで殺してしまったこと。あくまで事故。けれど、出生届を出されていない子だったために、死体さえ隠してしまえば隠蔽できるとなり、施設長があの暗室に死体を隠している。

きいろのふりをしてやってきたのは、殺された子の姉。自分に妹がおり、それが行方不明であることを知ったために探していて、

もっとみる
またきてねー!
13

雨月怪談・十三夜月「合わせ鏡」

そのバーでは、雨の日に話が途切れたら怖い話をするというルールがある。
十三夜月の夜、マスターがお客から聞いたのはこんな話だ。

バーに入ってきたのは黒いロングコートを来た背の高い男。ニット帽をするりと脱ぐと、綺麗にそりあげられている。

この男、僧侶だ。年のころはマスターと同じ30前後といったところか。僧侶の方の肩幅が広いのは若い頃にスポーツをしていたせいだろう。

「そう、嫌そうな顔をするなよ、

もっとみる
ありあり~!
10

「知らない人んち」にまた名前出ました

今回は前もっての発表がなかったから、ドキドキしてましたが、無事に名前確認できました。

note公式にも名前入りの写真が出てます!

とうとう次で最終回!仕事も佳境だけど、最後まで投稿がんばるぞー!!

これ、さっき気づいたんだけど、名前を今期だけ変えて著作の「笑い狼は笑えない」とくっつけてたら、全国宣伝になってたね。気づくの遅かった。

さて、ここでまとめて一番スキのひとつをお知らせします。

もっとみる
ありあり~!
18

雨月怪談・十日夜の月「人形の家」

そのバーでは、雨の日に話が途切れたら怖い話をするというルールがある。
十日夜の月の夜、マスターがお客から聞いたのはこんな話だ。

そうです。母親の家を売ろうとしたんです。

それで、何回も希望者を案内してるんですが、どうしても契約までいたらなくて……。

ここでは、そういう悩みも聞いてくれると噂で知りまして、訪ねた次第です。

人形ですか?

ええ、あります。母親が趣味だったので、ひとつの棚は全部

もっとみる
ありあり~!
18

ビブリオバトルでチャンプになりました

昨日は久しぶりのビブリオバトルに参加してきました。

参加するにあたり、私にはふたつ候補の本がありました。

「つけびの村」といえば、note史上に輝く記録的な課金を得た記事ですよ。私も面白過ぎて、記事をあげました!

そうです!あの「つけびの村」の書籍現物ですよ!

そして、もうひとつが、ゴールデンステート事件。これも記事あげてます。

これはDNA捜査で最近犯人がわかったやつです。その驚きの操

もっとみる
またきてねー!
23

ノベルジャムで起きた奇跡

冒頭写真は先日頂いた先週もっとも多くキス記事ひとつ画面です。以下の記事が選ばれました!

さて、家族の反対にもあっているノベルジャムですが、奇跡的なことが起きていました。

実は前回のノベルジャムプロモーションで百物語を書いたのですが、私はそれの代償を支払うことになります。

三か月くらいで百書くわけですから、相当大変です。

この執筆が終わった頃、私は見事な五十肩を患っていました。

おかげで受

もっとみる
ありあり~!
21

雨月怪談・上弦の月「辻占」

そのバーでは、雨の日に話が途切れたら怖い話をするというルールがある。
上弦の月の夜、マスターがお客から聞いたのはこんな話だ。

マスター、噂通りにイケメンですね。目の保養になるわー。

ああ、怖い話でしたよね。

東大阪にある瓢箪山稲荷社の辻占いって知ってます?

少し手がこんでいるんですよ。

占い場があって、そこを通った人の様子をメモして、宮司さんに伝えて、それで占ってもらうんです。

大変で

もっとみる
またきてねー!
15