見出し画像

雨月怪談・新月「蛇の神様」

そのバーでは、雨の日に話が途切れたら怖い話をするというルールがある。

新月の夜、マスターがお客から聞いたのはこんな話だ。

おばあちゃんの家は天井近くに神棚がある。
そこにおばあちゃんは朝夕と生卵をそなえていた。
すると神棚の開いた扉からヘビが顔を出して、卵を丸のみして帰っていく。
もちろん生きている本物のヘビだ。
「おばあちゃん、あれは何?」
「あれはおうちの守り神よ。
こうして朝夕拝んんでいれば、困ったときに助けてくれる」
そう言われても怖かった。

ある夏の日、私は気づいてしまったのだ。
「おばあちゃん、朝のヘビと夕方のヘビは違うやつだよ」
「そんなことはないよ。
あれは一匹のヘビだ。
ヘビの顔なんてわかるものかい」

その日、おばあちゃんの家で、私はひとりのお留守番をしていた。
そうしたら、ずるりずるりと上から音がする。
見上げると、四つのまなこと目が合った。
あゞ、ヘビの頭が二つある。
ヘビは確かに一匹だった。
ただ二股の分かれた先に別々のカマ首がある。
赤い舌をゆらすヘビたちは、私を見下ろして言った。
「お前には、われらが見えているのだろう」
うなずく私を見て、ヘビたちは「シオドキだシオドキだ」と言い合っている。
どうやら出ていく相談らしい。
「どうしたら出ていかないんですか?」
「お前に卵をやろう」
受け取ったのはうす青い卵。
「それをかえせ、それをかえせ。
かえせば、いぬでおくぞ。
ただしかえる前に割れば、
お前を取ってくらおうぞ」

ヘビの言葉におびえながら、私は卵を大事に大事に手の中であたためる。
でも、すぐに落としてヒビが入ってしまった。

怖くなった私は卵をフライパンで目玉焼きにして、おばあちゃんに食べさせた。
おばあちゃんは「おいしい、おいしい」と言って全部たいらげた。

その晩。
「よくも焼いたな、よくも焼いたな。
おしまいだ、おしまいだ」
ヘビはそのまま家から出ていった。

ものけの殻となったヘビの穴には、小さな骨がいっぱい散らばっていた。

お話を気に入ってもらえましたら、NovelJam作品「笑い狼は笑わない」を投げ銭代わりに買ってくれると喜びます。私の書いた怪談物語です!!
よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!
13
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。