雨月怪談・十三夜月「合わせ鏡」
見出し画像

雨月怪談・十三夜月「合わせ鏡」

そのバーでは、雨の日に話が途切れたら怖い話をするというルールがある。
十三夜月の夜、マスターがお客から聞いたのはこんな話だ。

バーに入ってきたのは黒いロングコートを来た背の高い男。ニット帽をするりと脱ぐと、綺麗にそりあげられている。

この男、僧侶だ。年のころはマスターと同じ30前後といったところか。僧侶の方の肩幅が広いのは若い頃にスポーツをしていたせいだろう。

「そう、嫌そうな顔をするなよ、タクミ」

マスターを名前で呼び、カウンターに座る。注文をしなくても、マスターは黙ってウィスキーのロックを出す。

「何を持ってきた? ユキミチ」

「ああ、もうわかる?」

嬉しそうに僧侶は笑った。彼を僧侶の名前であるセツドウではなく、ユキミチと呼ぶのはマスターだけになってしまっていた。

「お前の胸元から光がこぼれている。それは神ものだな」

「あ、なんだ。もう答え出たのか」

「俺を試したのか?」

「別に。神ものか、魔ものか知りたくてもってきたんだが、お前が先に答えを言ったまでだ」

「合わせ鏡か?」

「そう……その片割れ。ということは、相手が持っている方が魔ものか……。ややこしいことになったな」

僧侶は胸元から取り出した包みを開く。中から手のひらよりも大きな鏡が現れた。それを見て、マスターは綺麗な眉を細める。

「くもっている」

「そう本来なら見えるはずがないのに、ときどき見えるらしい。しかも死んだ、いや、これから死ぬ人間の顔が映る」

「便利だな」

「便利だから悪用されてしまった。予言に使われ、インチキ占い師が売れっ子になったんだよね」

「悪意と欲は、溜まるぞ」

「そう。もうひとつの鏡に溜まっていってるんだよね。おかげで、そっちは真っ黒な面になっているらしい」

「手を引け」

「そのつもりだったんだけどねえ」

「バカな男だ」

「え~助けてくれないの?」

「俺が匙を投げたらどうするつもりだったんだ? 命を大事にしろ」

ふたりの間に沈黙が訪れる。外の雨の音が、さーっと響いた。

「――来てる」

マスターが目を伏せたまま告げた。ドアの方を振り向こうとした僧侶を目で制す。

「誰が来た?」

「作った本人だな。使われ方に相当怒っている」

「どうするって?」

「お前か依頼主の命を取るつもりだそうだ」

「困る。まだお前と遊びたい」

そう言われて、マスターは大きく肩で息をついた。

「今回だけだ」

「いつもありがと、恩にきる」

マスターは人差し指で、トンと鏡面をつく。途端、鏡には細かなひびが全面に入った。

「これをもって、一言も口を利かずに川まで走れ。何があっても振り向くな。あいつは何にでも化ける。川に行ったら、鏡を投げ捨てろ」

黙って頷き、僧侶はバーを出る。

同時にバーから重苦しい気配は消えた。

マスターは深夜になるまで店を開けたまま待つ。僧侶が現れたのは、夜中の3時を過ぎた頃――。

静かにカウンターに座る僧侶に、マスターは水を出す。

「何が駄目だった?」

マスターの問いかけに僧侶は薄く微笑んだ。

「お前の姿と声で出た。もう駄目だった」

「馬鹿な男だ」

「お前相手ならどうせ変わらない」

そういうと、僧侶の姿は消える。

マスターはかすかに肩を震わせた後、水の入ったコップを出口に向かって投げつけた。

お話を気に入ってもらえましたら、NovelJam作品「笑い狼は笑わない」を投げ銭代わりに買ってくれると喜びます。私の書いた怪談物語です!!
よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしー!
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!150万再生超もあるよ!