社会保障改革

10万円もらうより「衣食住」の保障を!

10万円もらうより「衣食住」の保障を!

とにかく「保障」になる案なら何でも良いんだよね。 10万円もらったところで意味ない国民だっている。 「衣食住」を保障すれば良いんだから。「消耗品、食費、ローン」これらを保障すればいい。家賃だってローンみたいなもんだ。 そこを保障したら生きられる。

内閣総理大臣・安倍晋三インタビュー「失敗が私を育てた」

内閣総理大臣・安倍晋三インタビュー「失敗が私を育てた」

日韓関係、憲法改正、社会保障、ポスト安倍……残り2年で何をなすか。現在の心境を語り尽くした。/文・安倍晋三(内閣総理大臣)、聞き手・田﨑史郎(政治ジャーナリスト) 今もチャレンジャーの気持ち ――安倍総理は11月20日、憲政史上最長の在任期間に達します。今、どのようなお気持ちですか。 安倍 第1次政権(6年9月〜7年9月)は私が体調を崩した結果、1年間の短命に終わりました。その影響もあって、福田(康夫)総理、麻生(太郎)総理には不安定なまま政権を渡してしまった。ともに1

20
#予防医療
#企業に補助金 
#社会保障改革が秋に再始動

政府は今秋、医療や年金など社会保障制度の全体像を見渡した改革を再始動する。糖尿病などの生活習慣病の早期治療などに力を入れる。

#予防医療 #企業に補助金 #社会保障改革が秋に再始動 政府は今秋、医療や年金など社会保障制度の全体像を見渡した改革を再始動する。糖尿病などの生活習慣病の早期治療などに力を入れる。

予防医療に積極的に取り組む企業に補助金を出し、社員の負担を軽減する案などを検討する。年金改革は公的年金の受給開始年齢の上限を75歳に上げ、パートにも適用を拡大する方向だ。7年ぶりの改革で膨張する社会保障費をいかに抑制できるか成果が問われる。政府が本格的な社会保障改革に乗り… #COMEMO #NIKKEI

20171101社説から見る現代日本

20171101社説から見る現代日本

おはようございます。今日から11月が始まりました。 今年も余すところ2か月です。色々なニュースがありましたが、今月もトランプ大統領の初来日など大きなニュースがあります。 北朝鮮問題への対応などが主な議題として挙がっておりますが、同時に日米における通商問題も大きな課題として横たわっています。 ドイツで5月に開かれたG20での個別に開催された日米首脳会談の中でも米国の対日貿易赤字についてトランプ大統領が触れるシーンもありました。 本日のオススメは日経の「金融緩和を生かす構