【香港散歩】沙田地区。干潮時にマングローブが自生する海岸をお散歩

ずっと前に何気なく、この海岸をみつけてお散歩してたらマングローブが自生しているのをみつけました。
マングローブって、熱帯や亜熱帯地域の河口など、満潮になると海水が満ちてくるところに生えている植物なんです。
だから、お散歩できるのは、干潮の時だけ!

この海岸なのですが、すぐそばにマンションがあるという、言うなれば街のそば。
でもね、この海岸に降りる舗装された道はなく、ハイキング気分で道無き道を歩く
もっとみる

海と線香花火

去年の夏
大好きな人が
「夏っぽい事したいな」
「海を見たいな」
と言っていて
だけど忙しくて出来ていなかったから

9月末の旅行中に
どうしても叶えてあげたくて

旅先から行ける海岸を探して
役所にお電話して
花火が出来るか確認して
もうどこにも売っていなかった花火を
ネットで探して手に入れて

方向音痴なわたしは
スマートに案内出来なくて
結局、あなたが海岸まで連れて行ってくれたんだけれど

もっとみる
これからもよろしくおねがいします♡
13

サーモンピンクの水面

夕陽が落ちかけている海の浜辺を

青いスニーカーを両手に軽く引っ提げて歩いた

砂浜は波が引くとつるつると滑らかになる

水面はサーモンピンクの色に輝いて

私の瞳も同じ色に輝いて

落ちていく日を眺めて

淀んでいた心をそこに押し込めるように

波が浚ってくれるように

ただただ真顔で

柔らかな潮風を頬に感じながら

海が夜に溶けるのを待っていた

ありがとうございます!
1

君の傍で国造りが見てみたい

死体の海岸 1-1

僕が気づいたのは。

潮風の聞こえる海岸であった。

それはよく想像していた様な綺麗な海ではなく‥‥‥

‥‥‥戦後の死体と血の匂いがした。潮風に混ざりながら。

何が起こったかわからない。

あぁ‥‥‥ここはどこだ?死んだのか。

血の匂いは鼻頭を霞(かす)む。

此処(ここ)にも死体が。彼処(あそこ)にも死体が倒れていた。海に浮かび海岸線に浮かび浮揚しているものも。

もっとみる
(≧∇≦)bありがとう♪
4

砂浜にカブトガニ

梅雨も明けた7月の最終日、久しぶりにいい天気になったので、海岸で日光浴でもと、自転車で20分ほどのところにある砂浜まで行ってみました。

「それにしても今年の梅雨は長かったな~。7月はほとんど雨だったんじゃないか? ん?というか梅雨って6月じゃなかった?」

なんか季節が1ヶ月ずれてる気がしますね。そういえば、3月は春なのに寒くてギリギリまでコート来てたし。もしかして暦と季節が1ヶ月ズレ始めたのか

もっとみる
スキ((((゚(゚(゚(((゚゚∀∀゚゚)))゚)゚)゚)))キタ━!
7
感謝です!
2

夕方の俳句

夕凪の 潮風たゆる 海辺より 汽笛を燻らせ 去りゆく白船

お役所仕事の後、海沿いのカフェに立ち寄り、コーヒーを一服。きらめく海岸から遠くへ去っていく白い船が視界に入り、一句詠んでみました🤗

スキありがとうございます!
1

OKINAWA reading trip #5   嘉手納町 サンセット海岸

嘉手納町水釜(ミズガマ)にあるサンセット通りの海岸です。この場所は名前の通り西海岸でもあるので夕陽が沈むのを眺めたり、シュノーケルやダイビングしたり、デートスポットなど自分なりの過ごし方ができます。

『ソライロキャンパス』

あなただけのreading spot

とにかく広々としているので好きな場所をお座りください。そして波の音、風の音、街の音、子ども達が笑っている声すべてをあるがままに感じと

もっとみる
スキ❤️すぎて嬉しさ倍増!!うれシーサー🦁

海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

本インタビューは、2018年〜2019年度、旧サイトにて公開したものです。

2018〜2019年にかけ、海のそなえ事務局では海や子どもの安全に関わる事業を行っている7名の方に、お話を伺いました。

「砂の気持ちがわかるようになってきた」という、全国の渚を研究する宇多高明先生の発言に、取材陣はどよめき、「カッコいい……」とときめきました。

例年とは状況が違う今年の夏。水辺の事故に関する報道は例年

もっとみる
スキ、ありがとうございます!励みになります。
4