海外生活回顧録

メキシコ生活で感じていたメキシコの闇

昨日、少し驚きのニュースを目にしました。メキシコ麻薬組織の首領「エル・パドリーノ」の正体が、実はメキシコの前大臣だったんだそうです。表向きに組織の取締りを指揮しておきながら、裏ではカルテルのトップに君臨し、組織の活動を妨げないように調整したりしてたのだとか。

こんなことまだやってたのメキシコ・・・?

というのが正直な感想。

ジェニファーロペスとアントニオバンデラスが共演した「ボーダータウン・

もっとみる

上海の駅のトイレをキレイにした魔法|結論→罰金です

チーム運営で困っていませんか?

難しいですよね。

「どんな目的を持った組織なのか?」によってやるべきことは変わります。

だけど「会社の中のチーム」とか、もしくは「子育て中の家族」というチームには活かせる、そんな方法を書きます。

結論は、

「これをやってはいけない」というルールだけでは足りない

「やったらどうなるか?」という罰(ばつ)も一緒に設定しておくことが大切

です。

「罰(ばつ

もっとみる
ありがとうございます。この記事書いてよかったー
1

国際結婚はキラキラしているという嘘

スイスに住み始めて3年目。

移住前の海外生活のイメージと、スイスで3年生活した現在の海外生活を比較するとやはりそこには歴然とした差がある。

この差は一体どこからきているのか?自分にも分からない。そして、別に分からなくてもいいかなとも思う。

経験のないことをイメージするのは誰にでもあって、そのイメージが現実とそぐわないことなんて実は日常茶飯事なのだから。

それが私にとっては国際結婚という過程

もっとみる

衝撃!松葉づえ使っていた物乞いのおばさんが2本足で走った!!

びっくりしたけど、中国ってほんとにたくましい人が多いなぁって関心して、そして悲しくなった話です。

アジアのシリコンバレーなんて言われて有名になっている中国の深圳(しんせん)に「海上世界」って場所があります。

船が泊まっていて(動かない)、その中とか周辺にレストランやバーがたくさんある、かなりオシャレなデートスポットです。

■2008年にここで目撃した衝撃的なシーン

この「海上世界」って、お

もっとみる
Twitterもやってます。よろしければのぞいて下さい。
2

ゆるりと振り返る海外就職 Day9〜どこにいても基本は〇〇〜

こんにちは!
先週「褒めノート」なるものを始めたきっかけになったこちらの本、ついに・・・上下巻とも読み切ってしまいました!

AIと3人の登場人物の対話形式で物語が進んでいることもあって、サクサクと手が進んでいきました。
物事の捉え方や人間の行動や心の動きが起きる仕組みなど、参考になる部分がたくさんありました!

思っている以上にたくさん思い込みがあること、「たい・たら・れば・のに」の欲求を捨てれ

もっとみる
励みにします!!
3

ご存知ですか?中国において、日本人は年々モテなくなっています。

中国において「日本人が相対的に貧乏になっている」という事実を、体験を例にしてお伝えします。

◆◆◆

2010年ころまで、ボクはたくさんの中国人女性から「結婚して欲しい」とお願いされました。

でも、最近は全く言ってもらえません。

確かに、あの頃から比べると歳をとって、見た目は確実に老けました。

でもそれが原因ではないのです。

いまの見た目は良くないけど、じゃあ2010年は見た目が良かった

もっとみる
シェアもして頂けると嬉しいです!
2

日本は中国の眼中に入っていないという現実|隣の島国より、隣の大陸

なんか、このタイトルやばいかも?とドキドキしています。単純に中国に滞在している時間が長いだけのビジネスパーソンの感想です...

タイトルにある「眼中」は「目標とする国」という意味です。

各論で言えば「眼中」に入っているものもあります。

例えば、観光地とか料理とか。

でも「大多数が」という総論で言えば、アメリカ大陸しか視野に入ってないように見えます。

ボクは2007年に初めて中国を訪問して

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
2

高校留学約1年のリアル実体験

かれこれ10年以上の前の話になりますが、15歳~16歳までオーストラリアのメルボルンで高校留学をしていました。

現地の高校に通い、現地の生徒と一緒に授業にも出て、日本に帰国し日本の高校を現役で卒業しました。

10年経過すれば、今となってはとても良い経験ができた。と振り返れます。

ですが帰国直後はもちろん3年経つくらいまで結構トラウマレベルの経験もしました。そう思い出したのは、最近読んだ以下の

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります♡
2

ゆるりと振り返る海外就職 Day8〜海外生活と余暇〜

こんにちは!
つい最近、とある本にハマったのをきっかけに、「褒めノート」なるものを就寝前に書き始めた、ぺくです。

私たちは、つい「できなかったこと」に目を向けがちですが、1日のうちに「できたこと」だってたくさんあります。
それに、一見「これは上手くいかなかったな〜」とか「失敗したな〜」ってことも、何かのチャンスだったりするかもしれません。
心なしか、スッキリ起きられるので、もうしばらく続けてみよ

もっとみる
ありがとうございます!とっても嬉しいです❤️
2

自分が帰国子女だっていうのに勇気がいる君へ

カミングアウトって言葉を聞いたことがあるかな。

カミングアウトっていうのは、秘密にしていたことを打ち明けるって感じかな。
LGBTの人たちが自分のことを打ち明けるときに使うことが多いみたいだけど、LGBTの人たちだけのことばではないよ。

帰国子女も、カミングアウトする時が、くる。
ほぼ必ずカミングアウトする。
隠せない。隠すのが難しい。

帰国子女だってことを、さらっといえる人もいるし、いわな

もっとみる