河原あず

【イベント報告】『コミュニティマネージャーの学校(10期)ファイナルピッチ審査会』にオーディエンス参加しました。

異文化経験者のマッチングポータル|くさのねワークスでは、各アジェンダに向き合う方法の一つとしてコミュニティマネジメントの考え方を採用できるかどうか検討をすすめています。 感想1:ワクワクする!聞いているだけでそんな気持ちになれる場でした。 2:対話型のまなびにより、コミュニティマネージャー同士のつながり、絆が確実に生み出されていると感じました。 3:リーダーシップからコミュニティーシップ、このキーワードの意味を確信した時間でした。 今後に向けて1:まずはわたし自身がコ

スキ
2

積読ときどき読書|#「コミュニティ」づくりの教科書(藤田祐司・河原あず著)

「コミュニティ」づくりの教科書 と出会ったきっかけ 担当する事業(くさのねワークス)でフラットな組織&人間関係づくりをめざしているため、コミュニティマネジメントに興味を持ったから。 2021年10月19日現在、つんどく・・・

スキ
7

仲間を"輝かせて"なんぼ

マネージャーと聞くとどんな役割をイメージするだろう? 部下を管理し、正しくルール通りに厳格にヒトを動かす人のこと? そんなふうに考えると、店長とかマネージャーとかしたくないな、怖いな、自分には無理だな、と思う人も多いと思う。 私自身も20代半ばから、ショップマネージャー、エリアマネージャー、人事マネージャー、そしてコミュニティマネージャーなど、仕事をしているほとんどの時間を「マネージャー」としてすごしているのだけど、なりたかったわけではない。 学生時代、部活動の主将は黒歴

スキ
118

リンクトイン日本代表・村上臣が語る、良いモデレーターになるために今日から意識するべきポイントとは

モデレーター&ファシリテーターの技術を学べる講座「THE MODERATORS & FACILITATORS」の公開イベント企画がオンラインで開催されました。 今回は、リンクトイン(LinkedIn)で日本代表を務める村上臣さんをゲストにお招きし、オンラインイベントでモデレーターが意識するべきポイントを伺いました。 村上臣さん 青山学院大学理工学部物理学科卒業。大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。2000年8月、株式会社ピー・アイ・エムとヤフー株式会社の合併

スキ
22

note|河原あずさんのnoteを読んだ

毎週土曜は、その週に読んだnoteの感想や考えたことをまとめています。今週気になったのは、河原あずさんの「WITHコロナ時代に起きた「食」に関する3つの意識変容」です。 「変容」とは内的なことまで変化すること新型コロナウイルスの感染拡大にともない、ライフスタイルの変化が強制的によって人々の意識の変化が起きたわけですが、そのなかで「食」に対する意識はどうかわったのか、について現状を考察されています。 あずさんが指摘している意識変容は、以下の3つです。 変容①エンタメコンテ

スキ
11

「モデレーターを目指すなら興味力を上げるべき」一般社団法人at Will Work代表理事・藤本あゆみから学ぶ、イベント進行の“コツ”

モデレーター&ファシリテーターの技術を学べる講座「THE MODERATORS & FACILITATORS」の公開イベント企画がオンラインで開催されました。 今回は、一般社団法人at Will Work 代表理事の藤本あゆみさんをゲストにお招きし、オンラインとオフラインでの違いや、イベント進行で気をつけている点などをお伺いしました。 藤本あゆみさん 2002年キャリアデザインセンター入社、2007年4月グーグルに転職し、人材業界担当統括部長を歴任。「Women Will

スキ
14

人が集まるオンラインイベントのつくり方 学んだまとめ

本日のschooの授業は! 「コミュニティ」づくりの教科書人が集まるオンラインイベントのつくり方 2020年10月21日 水曜日 20:00 ~ 21:00 河原 あず先生 藤田 祐司先生 オンラインイベントのタイプ別メリット・デメリット ウェビナー形式 進行のコントロールが比較的着やすい 視聴者を飽きさせない工夫が必要 質問やコメントをチャットで拾う開催時間が60分程度が限度 セミナーや授業など一方通行で情報発信するに向く ワークショップ 参加者

スキ
1

ネタバレ画像▲ 河原あずさんの #コミュニティ思考ワークショップ

あずさんのコミュニティ思考ワークショップに参加しました💛 2時間で5つのワークをやるというスパルタ! コミュニティ思考は、コミュニティを醸成する価値観で、3つの要素があります。この価値観を体験できるワークショップでした。 1:Vison driven ビジョンを基準にして行動を選ぶ 2:Be flat 対等な関係を築く 3:Give first 仲間のために働く 詳細はネタバレしてはいけないかなと思いつつ、最後の数分のお話は「スクショしてシェアしてね」というあずさんのこ

スキ
4

『MODERATORS & FACILITATORS INTERVIEW』イベントレポート | Peatix Japan 取締役・CMOの藤田祐司が思うファシリテーションの極意とは

モデレーター&ファシリテーターの技術を学べる講座「THE MODERATORS & FACILITATORS」の公開イベント企画がオンラインで開催されました。 今回は、Peatix Japan共同創業者 取締役・CMOの藤田祐司さんをゲストにお招きし、ファシリテーションの極意を伺いました。 藤田 祐司さん 慶應義塾大学卒業後、株式会社インテリジェンス(現 パーソルキャリア株式会社)で営業を担当後、2003年アマゾンジャパン株式会社(現 アマゾンジャパン合同会社)に入社。最

スキ
8

ツール以上に重要!? 河原あずさん・藤田祐司さんに聞く、ファシリテーションの極意 ~雑談王~ (後編)

オンラインの場面における「雑談」や「ファシリテーション」の具体的ノウハウを、スペシャリストにお伺いする連続企画「雑談王」。第二回目のゲスト、Potageの河原あずさんと、Peatixの藤田祐司さんによる後編です。新著『ファンをはぐくみ事業を成長させる「コミュニティ」づくりの教科書』が好評の2人だけに、オンラインイベントでの工夫についての驚くほど具体的なTipsで話は盛り上がります。さらにコロナ後の社会や地域の話題にも。「ファシリテーション」についての本質が垣間見れる後編、どう

スキ
15