見出し画像

人が集まるオンラインイベントのつくり方 学んだまとめ

関野泰宏


本日のschooの授業は!

「コミュニティ」づくりの教科書
人が集まるオンラインイベントのつくり方

2020年10月21日 水曜日 20:00 ~ 21:00




河原 あず先生

藤田 祐司先生

オンラインイベントのタイプ別

メリット・デメリット


画像1


ウェビナー形式

進行のコントロールが比較的着やすい

視聴者を飽きさせない工夫が必要

質問やコメントをチャットで拾う
開催時間が60分程度が限度

セミナーや授業など一方通行で情報発信するに向く


ワークショップ

参加者同士のコミュニケーションがメイン

ワークショップ

読書会
オンライン飲み会など

参加者の関与度が高い場づくりができる。つながりもつくりやすい

コミュニケーションがはずむ環境設定が重要

話しやすい人数のグループを設定する

参加者の会話のようすを気にかける


魅せる


ライブ配信

そのときにしか体験できない一体感や高揚感を共有でkぃる

配信設定の難易度が高いことが多い


届ける


動画配信

一度きりの日時を決めずに実施できるのでオペレーションにゆとりができる

動画の取り扱いに協力してもらえる必要あり、コミュニケーションを取るには、別企画との組み合わせが必要


オンラインイベント企画のアイデア


画像2


文学/文化

オンラインヨガ

デザイン/アート系

食/グルメ

NPO

ライブ/パフォーマンス

パーティ/クラブ

いろんなイベントがある


オンラインイベントの大まかな流れ



画像3

1.形式と配信ツールを決める

2.内容を決める

3.告知ページを作成して集客

4.参加者に視聴方法を連絡

5.配信の環境テスト

6.イベント本番


オンライン配信ツール


ZOOM

Remo


大人数向けの配信に強い


Youtube

Facebookライブ

Twitterライブ

StreamYard


オンラインイベントはリアルイベントの代替えではない


参加者のニーズを捉えること

より巻き込み方を考える

コメントをいかにもらうか!


人が集まるオンラインイベントって?


画像4

集客力がある

参加者満足度がある


イベントの作り方


概要を考える→内容を詰める→集客プランを考える


どのようにすれば魅力的になるか?


集客(イベント参加人数) = トラフィック ✕ 申込率 ✕ 参加率

それぞれが数値が上がれば参加人数が増える

露出先を考える、SNS、WEBメディア、マスメディア、チラシ、自社メディア、ブログ

登壇者を@メンションしツイートすると登壇者がリツイートしやすい



もっと、藤田祐司先生の「人が集まるオンラインイベントのつくり方 」を学びたい人は!この本がおすすめです


ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!