島の民宿

サロンメンバー巡り104店舗目❗️
長崎県壱岐市にある『民宿 しげ井』さんにサロンメンバーと泊まりに行ってきました😆

こちらは古き良き民宿といった趣で、旅行気分が更に上がります👍

日本の最も西に来て女将の坂口 はるかさんに『毎週キングコング』のシールをお渡しすることが出来ました✨
長崎でもチャンネル登録者さんが増えた❣️

ソーシャルディスタンスだからと、ご好意で3人が泊まる部屋が10人寝

もっとみる
人に優しくね
2

土曜日はラテンエアロ

いつも指定席が残されているラテンエアロ、昨日は塞がっていた。仲の良い上級者のオバサマが居た。
 全然OKである。イーズカは大きく過剰に動くので、この手の上級者はまったく問題ない。
 斜め右後ろの第2列に立った。その後ろに淡い顔系美人妻が立った。彼女はスタイル抜群で身長も高い。イーズカが173センチだが、イイ勝負である。

 「170センチくらいあるんじゃないの?」
 「いいえ、165センチです。こ

もっとみる
スキありがとう。
1

世界中で流行る!?セルフチェックイン非接触型滞在のススメ

ギリシャに着いてから、気怠い湿度からも逃れ、本来の生活を取り戻しました。これからばりばり情報発信をしていこうと思いますので、お付き合いをお願いします。

私は基本バックパッカーに近いスタイルでほぼ女ひとり旅、年間9ヶ月以上は動き回っています。長期旅行のはじめかたとしてだいたいのプランを組んだら、あとは出たところ勝負。現地の人に聞いたりGoogle マップを使って、組み立てています。

1、コロナ前

もっとみる
スキありがとうございます!
8

chapter108『河童の女』

現在絶賛公開中『河童の女』の辻野正樹監督をゲストにお招きして、映画の見どころや辻野監督ご自身のことなどお話いただきました。

もっとみる

銭湯の話④

烏の行水みたいな感じなのに銭湯に行きたがるのが友人にいる。別に僕は構わないのだが、せっかくならゆっくりすればいいのに。
大阪の友人宅に行くと大抵は連れ立って銭湯に行くのだが、この前は銭湯で3時間ほど湯に入っていたりした。小一時間のつもりだったが気付けばそんなものだ。道理で喉が渇いていると笑ってしまった。

湯上りは瓶の牛乳が良い。それは形式美だ。創造された伝統で構わない。そういう小さな決まりが銭湯

もっとみる
また会いましょう
4

エッセー「バスフィッシング熱風録 三宅島 大路池遠征 Part.2」

ディーゼルエンジンの唸りを子守唄に、船倉近くの二等客室(ザコ寝)での狂乱の夜が明けた。

 気が付くと客間のカーペットには一升瓶やらウィスキーの空瓶やら缶ビールの空き缶などが散乱し、足の踏み場もない状態となっていた。

 新鮮な外気が吸いたくなり、長い階段を上りデッキに出た。鉄扉のハンドルを回して扉を開けた瞬間、東京では絶対に味わう事ができない、外洋上で生まれたばかりの新鮮な空気が肺腔一杯に流れ込

もっとみる
スキありがとうございます!
2

車で日本一周ついでに本州4端制覇(11日目)

皆さんこんにちは。最近仕事に追われているようちゃんです。忙しいことはありがたいです。皆さんの健康のため頑張りますが、ようちゃん、ちょっと旅に出たくなっています(笑)

さて、気が付いたらいよいよ東北へ突入していました。気が付いたらあっという間でしたね。旅も終盤になってきました。もう少しだけお付き合いください。では、のんべんだらりとどうぞ!

朝急に、

「牛タン食べてぇ」

と思い立ったので、高速

もっとみる
嬉しくて土下座しています。
14

うみがめ荘にて

我々が特に優れたアイデアもなく、また何につけても機転を利かせる事が出来るような、そんな器用な頭を持ち合わせていない事は、互いに口に出さずとも理解していた。
街角の隅に至るまで足を棒にして歩けば、街灯に照らされた正面の疲れ果てた表情を見て、どちらともなく吹き出してしまう。そんな頃の私達の事務所に立て掛けられたホワイトボード、一つの線が緩やかに右上の角を狙っていた。
街が寝静まった頃、今となっては何の

もっとみる
ありがとう!今日も世界が笑顔でありますように。
56

ヤギの授乳&ふれあい体験

この前離乳について書いておいてなんですが、、

リンクにミルクあげる体験を宿でやったところ、とっても子供たちに喜んでもらえました。

ヤギのミルクやるー!!!

ヤギの授乳。なかなかない体験とは思いますし、なんなら、うちももうしばらくは子ヤギを迎える予定がないので、ほんとうに今しかできない限定の体験なのですが、子供たちの心に残る思い出となればうれしいです。

リンクもいろんな人にかわいがってもらえ

もっとみる
スキありがとうございます(*^^*)
3

ほんとにあったね

「着いたね」
「うん、着いたね」
 やすこときょうこは、小さな港に立っていました。ここは日本海に浮かぶ小さな島です。二人は、今朝早く家を出て、新幹線とフェリーを乗り継いできました。小学校四年生の二人だけでの旅行は不安がいっぱいでしたが、東京駅で二人のお母さんが見送ってくれて、着いた駅では、駅員さんにフェリー乗り場を聞きました。
 今は八月、夏休みです。小学校の宿題を書くために、やすこのお母さんの実

もっとみる
「スキ」をありがとうございます!
5