正史三国志

北方三国志の思い出

100少々さんがこんな企画を立ててくださっていました。

10/26は北方謙三氏の誕生日ということで、三国志クラスタである僕が三国志にハマるきっかけとなる北方三国志の思い出を綴っておこうかと思います。

当時はまった結果、正史三国志を読みふけり、PCでひたすら三国志8や三国志9をプレイしていました。

なお北方三国志を読む前に横山光輝三国志は読破した状態でした。

ちなみに個人的に好きな武将は以下

もっとみる
ホントにありがとうございますッッ!!
3

三国志人物伝〜夏侯惇〜〈魏〉

[字]

・元譲(げんじょう)

[呼び名]

・盲夏候(もうかこう)

・片目を潰して以来、軍中では夏侯淵と区別するため、周囲から"盲夏侯"と呼ばれるようになるが、それを嫌った。
・隻眼であることを恥じ、鏡で己の顔を見るたびに怒り、その鏡を投げ捨てた。

[人物像]

・前漢の高祖(劉邦)に仕えた夏侯嬰の末裔。・曹操の従兄弟で挙兵時から従った。
・曹操にとって真に心を許せる数少ない生涯の友であり

もっとみる

先祖の劉邦を”演出”していた劉備

まず、劉備玄徳という人物について皆さんは三国志の漫画や演義といったフィクションが加わった要素の方から

人格者

といったイメージが強いのでは?と思います。しかし!ケチをつけるつもりはありませんが、記録上の劉備ってそんな感じではないんですよね。というよりも、意図的に先祖の劉邦の行動をトレースすることで天下取り狙っていたのでは?というくらい、似てることしてる。

 まず、一番わかりやすいのは

妻子

もっとみる
他にも記事がありますので、興味がわいたらよろしく!
1

董卓が長安に遷都したのは韓遂のせいだった?

霊帝死後の洛陽の政治の空白を突いて朝廷を思うがままに牛耳り、
三国志に至る扉を開いた稀代の暴君、董卓、そんな董卓の悪行として後漢の帝都であった洛陽を焼き払い、長安に遷都したという事が挙げられます。

気まぐれに都まで捨ててしまう悪逆な独裁者、そんな董卓のイメージに
ピッタリな振る舞いですが、実は長安遷都は董卓の思い付きではなく
周到に計算されていて、そして背後には韓遂の影もあったようなのです。

もっとみる

幸か不幸か〈後編〉

前編を読んでいない人はぜひそちらを先に。

私は今、大学で考古学を学んでいる。
大学では好きなことを学ぼう。そう思っていた。

それは=三国志を学ぼうということだった。
では、なぜ考古学を勉強しているか。それは、曹操の墓に入るという野望を抱いたゆえの選択だった。

*「入る」=墓の中(地下)に入ること。普段は入れない敷地内には既に入っている状況で思ったことを書いてます。

大好きな曹操

もっとみる
そなたを治粟都尉に任じよう
1

幸か不幸か〈前編〉

私は前回のノートに記した通り、三国志オタクなのだが、先日、日本春秋旅行社による「三国志ツアー」に参加する形で5泊6日、中国を訪れた。
そこで、今回のツアーであった出来事を少しづつ書いていきたい。

今回のツアーのメインは『曹操高陵』であった。曹操とは三国志の登場人物であり、隋や唐など今後の中国にも繋がる業績を残し、歴史的に見ても重要人物である。だが、彼は本場中国では悪役のイメージが強く人気がない。

もっとみる
そなたを驃騎将軍に任じよう
3

私が『孟徳』を名乗るで②

②とあるが実質ここからが本題。
①では当時小学生だった木邑少年がガンダムオタクになったところまで。

そんな、木邑少年が新聞の番組表を見ているとテレビ愛知の欄に「SDガンダム三国伝」の文字が目に飛び込んできた。その時はまだ三国志など何も知らなかったが、とりあえず見た。内容は劉備ガンダム、曹操ガンダム、孫権ガンダムなどが張角パラスアテネや董卓ザクなどと戦うなど「ガンダム」と「三国志演義」を融合したも

もっとみる
そなたを前将軍に任じよう
5

私が『孟徳』を名乗るまで①

私はTwitterを中心にユーザー名などを『曹孟徳』や『孟徳』と名乗ることがある。『孟徳』とは三国志に登場する曹操の字(あざな)である。字が何かについては今後の記事で触れるとして、今回は「成人したときにつける名前」と簡単に説明させてもらう。
そして、今回のタイトルのアンサーもここで簡単に答えると私が三国志オタクでその中でも曹操が好きということだ。ここまでは、想像がつく人が多いと思う。
流石に、こん

もっとみる
そなたを鎮東将軍に任じよう
8

三国志の世界のゆびきりげんまんとは?

♪ゆびきりげんまん嘘ついたらハリセンボンはーるな!
それがどれだけ有効かは人にもよるのですが、人間生きていれば
なんらかの誓いあるいは約束から逃げる事は出来ないものです。
日本の場合には、小指と小指を絡めて行うゆびきりげんまんが有名ですが、
では、三国志の時代の誓いは、どのように行われたのでしょうか?

一番、物々しいのは獣を殺して、その血を啜る

三国志の世界の契約で一番物々しいオフィシャルなも

もっとみる

kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」

あー、どうもkawauso編集長です。

はじめての三国志を長らく読んでいる人には周知かも知れないけど

kawausoは、仕事を始めた頃は三国志に詳しくなかった。

あらすじとして、全体の流れは知っていたけど、

細かい事はまるで分からない状態から、本を片手に執筆を始めた。

実際は幕末(ばくまつ)の方がずっと好きです。

でも、今考えるとそれが良かったんだな。

原典崇拝は減点主義

よく知ら

もっとみる