檄文

私が減税派から転向した10の理由。(某先生方や某塾生への言及を含む)

私は先程、転向する事を決めました。先程自身のツイッターのプロフを、

税金を下げろ連合
〇減税 規制改革 2対1ル-ル レジ袋自由化
✕増税 福祉国家 大政府 政官逆転政治
R2/10/3に環境次官会見動画を公開しました
youtu.be/8jCO1dqtM1E
ややリバ会員
💓 🚘 🎵📘 音響
保守自由主義者
第一期就職氷河期KKO
応援感謝🙏
近況は↘にて

から、以下のように変更

もっとみる
有難うございます!今後とも宜しくお願いします!
2

革命のはじめ方【レッスン6】『いずれメタファの真の意味を知るだろう』

メタファの意味を知れば世界は変わる。メタファとは思考の手法のひとつであることは認識していると思うが、そのメタファ自体の真の意味を知るものは少ない。
例えば『数字』を考えてみよう。言語のメタファが数学。数学を使うことで言語では理解できなかった事象を理解できるようになる。言語自体が世界のメタファである。言語化することによって、世界を理解し、分解し、構築できることもある。もっと深く考えれば、視界も世界の

もっとみる
深謝!これからも宜しく!
2

革命のはじめ方【レッスン5】『遊び(余白)も含めてシステムである』

歯車で複雑に構成されたシステムでは『遊び』と呼ばれる余白部分が必要である。全てがきっちりの状態ではシステムは適正に働いてくれない。この遊びも含めてシステムなのである。
社会の構成員も同じである。異分子も含めて社会を回す構成員の一部だとしたら。我々に逃げ道はあるのだろうか。
自由に振舞っている人を見て、彼らの特権を、我々はうらやましがったり、ねたんだりする。彼らはシステムの外にいる人間なんだ、と思う

もっとみる
ともに心を燃やそう!

【エピソードZERO】革命家と過ごす夜

「何を壊そうとしているのですか?」
「その答えは、行けばわかるかもしれないし、行ってもわからないかもしれない・・・」
「では、そもそも行かなければどうなります?」
「まぁ、そうだな。別の道に車線変更するだけだ。人生やり直しだな」
「だったらその方が割りがいいかも」
「そうだな、このまま進めば苦労は積み上がり、幸福は消えていく。わざわざ地獄の坂を下っていくのもおかしな話だな」と下を向いて黙った。

もっとみる
ともに心を燃やそう!
3

革命のはじめ方【レッスン4】『支配システムは経済システムより上位概念なのだ』

愚かしい政策が施行されるなんてことはいくらでもある。
よく経済政策で政府批判をする奴がいるだろ。でもよ、施行される政策が経済という側面にとっては明らかな愚策だったとしても、それを行うことで支配体制がより強固になるとしたらどうだろうか。全ての概念やシステムが同じ重要度だとしたら、民衆の暮らしを優先させる経済政策をやればいいが、支配者にとって重要な概念が経済ではないとしたら。
経済政策なんてものは、支

もっとみる
胸の奥で鐘が鳴っている!

【論】ニューノーマル・ニンゲン【これが新しい生き方様式なのか】

気にするのは今の自分の立場だけ。無知で無学で無思考で無徳で無責任。他人に恩は絶対に売りたくない。常に得をしたい。褒められたいし、特別扱いをしてほしい。他人事姿勢で正論を言う。自分に気に喰わないことが降りかかると苛立ちを隠そうともしない。表面上では他人と仲良くしていたいらしい。それが居心地がいいらしい。やった分はすぐにカネ回収。口を開けば、権利、権利。自分の気持ちがもっとも大切。

「さぁ、周りの者

もっとみる
ともに心を燃やそう!
1

革命のはじめ方【レッスン3】『支配は揺るがない』

みんな個々人では知っているのに、全体としては知らないことになっている。支配者に関することはそんなことばかりだ。『無知』+『集団共犯』によって支配構造はその姿を明るみには出さない。誰もが知っているが、その事実は誰も知らないことになっている。
それが社会だ。支配(システムと言ってもいい)はなんと都合のいい社会を構築し、都合のいい社会人を生産し続けているのか。

◇◇東京ハバナの理屈の想定外のコーナー◇

もっとみる
ともに心を燃やそう!
1

【エピソードZERO】今を見限って、2000年後に賭けてみよう。奮え、諸人。挙げよ、諸共に!

「こんな世の中なんて見限って、2000年後に賭けてみる奴よ、集まれ!」

「何なんだ、その荒唐無稽な提案は。どういうことだ?」

「よくよく考えてみろ。今のために頑張ってどうなる。政府はすでに終わっている。沈没する船に乗っちまっている。抜け出すこともできない。今、俺たちに出来ることは何だ」

「その答えが2000年後のために今、頑張るッてことなのか?」

「そうだな、おかしいか。今のために頑張るの

もっとみる
深謝!これからも宜しく!
3

【論】作品が真理に近づくということ

真理に近づいた時には、どのようにそのことがわかるのでしょうか?

必ずヒントがでます。それは予言や偶然の一致というカタチであなたに訪れたりします。
こんなことはないでしょうか。人間の創作物においては、予期せず真理に触れてしまうことがある。
昔に書いた日記の内容が偶然に未来を予言していた。ある小説の中の挿話がある殺人事件と一緒だった。漫画の出来事が未来を予言していた。ごく稀に思考の向こう側へふとした

もっとみる
胸の奥で鐘が鳴っている!
1

【論】偉人の思考を理解できるはずがない。我々ごときが・・・。

古くはソクラテス、プラトンからカント、マルクス、ケインズ、アインシュタインと歴史に名を連ねるような偉大な先人たちがいる。
現代人は彼らの偉大さをいかに軽んじて見ていることか。
『軽んずる』という意味が伝わるかどうか。天才という人種に対する理解が十分でないということだ。一言で言うと天才は絶対に理解できない。思考の次元が違う。彼らの著作や彼らの論説を読み、彼らの思考を理解したと納得し、さらには自分の思

もっとみる
胸の奥で鐘が鳴っている!
4